ポジティブオーラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿波一宮 大麻比古神社

<<   作成日時 : 2017/01/27 18:12   >>

ナイス ブログ気持玉 67 / トラックバック 0 / コメント 4

今回の四国参拝の最後に連れていってもらいましたのが、阿波の国の
一の宮と言われています、大麻比古神社でした。

800メ−トルもあるという石灯籠の長い参道を車で走り、神社前を流れる
川近くの駐車場まで乗り入れました。
画像


祓川橋
画像

画像


由緒

神武天皇の御代、天太玉命の御孫 天富命 勅命を奉じて 洽く肥沃の地
を求め 阿波国に到りまして、麻楮の種を播殖し、麻布木綿を製して 
殖産興業の基を開き 国利民福を進め給ひ、その守護神として、太祖
天太玉命を此の地に斎き祀る。

猿田彦大神は、昔大麻山の峯に鎮まり坐しが後世に至り本社に合せ祀る
と伝えられる。

延喜の制名神大社に列し、阿波国一宮と称え阿波、淡路両国の総産土神
として崇め奉る。
画像


大麻比古大神とは、大昔阿波国を開拓した阿波の忌部氏の大祖先の
神様です。

神武天皇の御代に忌部氏の子孫が阿波国に入り国土を開拓して麻とか
楮(かじ)の種を播いて麻布とか木綿をつくり郷土の産業の基を開いて
人々の福利を進められました。

その氏族は今の吉野川市 元の麻植郡を拠点として開拓をされましたが
国土開発の事業が漸く成った後に御先祖の神様 天日鷲命をおまつり
しました。
この神社は今徳島市に忌部神社としてまつられており、この神様の御神徳
をたたえて麻植の神と申して敬ってきました。

忌部神社の御祭神天日鷲命様の大先祖の神様が天太玉命で此の神様
を大麻比古神社と申し上げ郷土の守り神としてこの地におまつりしたのが
大麻比古神社と伝えられています。


猿田彦大神とは天孫降臨の時その道案内の役をつとめられた神様で、
昔大麻比古神社の裏に聳えている大麻山の峯にお鎮まりになっていまし
たが、いつの時代かはっきり判りませんが大麻比古神社に合わせ
まつられたと伝えられています。


こちらの狛犬(獅子)も個性的な風貌をされています
画像

画像

画像

画像



画像

画像


この神社の奥は自然公園として広い森が守られています

そしてドイツ人捕虜との逸話が残っています

ドイツ橋とメガネ橋。この二つの橋は、ドイツ人が鳴門市民への
お礼として作った橋ということです。

第一次世界大戦の最中の大正三年、日本は当時同盟国だった
イギリスの要請で、ドイツに宣戦布告し、当時ドイツ領だった中国の
チンタオを攻撃したのです。

その時敗れたドイツ兵は、捕虜として日本各地の収容所に連れてこられ
たのが、そのうちの一つ、鳴門市にあった収容所には953人のドイツ兵が
連れてこられました。

「捕虜」というと、不当な扱いを受けたり、過酷な労働をさせられるイメージ
がありますよね。

しかし、所長であった松江豊寿は人権を尊重する人だったので、捕虜に
労働の義務はなく、それどころか自分のお店を運営したり、合唱団を結成
したり、スポーツクラブ、劇場など自主的に建てるこができ、快適な収容所
生活を楽しむことができたのです。

鳴門の人たちは、当初突然連れてこられた異国の人たちをどう扱って
よいのか戸惑いましたが、「ドイツさん」と呼んで、次第に親しくするように
なりました。

ドイツの人たちは、鳴門の人の優しさに応え、牧畜やお菓子作り、製パン、
建築、スポーツなど、母国の様々な技術を伝えたそうです。

中でも有名なのが楽団です。

定期的にコンサートが開かれていたのですが、ベートーヴェンの
「交響曲第九番」は国内で初めて演奏されたことから、鳴門市は
「第九のふるさと」ともいわれています。

世界大戦が終結するまでの3年間、ドイツ兵たちはここで過ごしたの
ですが、戦争が終わると帰国することになります。

その時、鳴門市民との友情の証として、ドイツの優れた土木技術を
活かして10の橋が造られ、そのうちの2つが境内の丸山公園内にあります。
それが、メガネ橋とドイツ橋です。

ドイツ人たちは、一日も早く祖国に帰れるよう、神社にも参拝していたよう
です。

まず、メガネ橋の方に向かうと、ここには「心願の鏡池」とよばれる整備
された池庭があります。

そこにかかっているミニチュアのような小さな石橋がメガネ橋です。

心願の鏡池
画像

メガネ橋
画像


ドイツ橋
画像

画像


ご神木
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 67
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「人道」を知る人と知らないひと。前者は松江豊寿 後者は大国の新しい台倒了でしょうかね。
茶杓
2017/01/29 11:46
茶杓さま
 徳島の俘虜収容所長だった松江豊寿氏は
 会津出身ということで大変苦労された
 ようですね。
 その苦労を体験したからこそドイツ人
 捕虜の苦しさを理解されていたようです。
 その気持ちがドイツの人達への人道的な
 処遇に表されていたようです。
 権力を持つ人の人格態度で大きな影響が
 ありますが、米国の棟梁!はどうなっている
 のでしょう。
 
ポジティブオーラ
2017/01/29 13:10
何時もご覧頂きありがとうございます。私も早く神社巡りを始めたいのですが冬場は私の苦手な季節。
春よ来い来いです。お気持ち頂戴いたしました。
ポジティブオーラ様も風邪などには十分ご注意ください。
ゆらり人
2017/02/01 18:05
ゆらり人さま
 ご丁寧にありがとうございます。
 早く暖かくなって欲しいですね。
 ゆらり人さまも体調に気をつけられ
 益々ご活躍されますことを願っております。
ポジティブオーラ
2017/02/01 21:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
阿波一宮 大麻比古神社 ポジティブオーラ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる