ポジティブオーラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 兵庫区の高田屋嘉兵衛

<<   作成日時 : 2017/02/16 21:06   >>

ナイス ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 2

ここ数日の寒さも緩んだ日を見てテクテクと歩いています。

数年前から両膝を痛め、少し歩いても痛いのですが、運動不足にならない
ように無理をしながらも、なるべく歩くようにしています。

それで、先日は兵庫区の海沿いの古い街並みを歩いて来ました。

この海沿いには、清盛の大輪田泊ゆかりの旧跡も多いのですが、この日
歩いた、西出町や東出町では、江戸時代の海運で財をなした高田屋嘉兵衛の
遺跡が目につきました。

高田屋嘉兵衛は淡路島の生まれですが、この兵庫の地で海運の仕事につき
北海道でロシアとの交易でも活躍された人です。


高田屋嘉兵衛

  高田屋 嘉兵衛(たかだや かへえ、明和6年1月1日(1769年2月7日) -
 文政10年4月5日(1827年4月30日))は、江戸時代後期の廻船業者、海商
 である。
 淡路島で生まれ、兵庫津に出て船乗りとなり、後に廻船商人として蝦夷地・
 箱館(函館)に進出する。
 国後島・択捉島間の航路を開拓、漁場運営と廻船業で巨額の財を築き、
 箱館の発展に貢献する。
 ゴローニン事件でカムチャツカに連行されるが、日露交渉の間に立ち、事件
 解決へ導いた。

嘉兵衛については、司馬遼太郎の作品で『菜の花の沖』が良く知られて
います。

その嘉兵衛ゆかりの兵庫で嘉兵衛の面影を見てきました!

高田屋嘉兵衛の本店跡
画像

画像


竹尾稲荷神社(高田屋嘉兵衛顕彰碑)
画像

画像

画像


西出町鎮守稲荷神社

国道2号線に面して狭い境内ですが、ここには嘉兵衛が海上安全を
願って奉納した石灯籠があります。

また平経俊の五輪塔が祀られ、子供の夜泣きの神様として今も信仰
されているということです。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 55
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
高田屋嘉兵衛という人は初めて知りました。蝦夷の地で対ロシアの難事件解決に尽力したという歴史は(分野はまったく異なりますが)後の世の榎本武楊を思い起こさせます。 今の時代も自身及び国のために実にエネルギッシュな生き方を見せてくれる人は多くいますが 昔の人とは その密度にかなり隔たりがあるように思えます。ひとりの人を深く識るという事はやはり悦びですね。
茶杓
2017/02/17 16:04
茶杓さま ありがとうございます。
 高田屋嘉兵衛は司馬遼太郎もその才覚と
 生き様を愛したと言われ、『今でも世界の
 どの様な舞台でも通用する人物だ』と
 評しています。
 函館の街づくりや郷土の淡路のインフラ
 などにも私財を投げうって尽力しています。
 高田屋の後を継いだ弟の金兵衛の時に
 ロシアとの密貿易の疑いを掛けられて
 身代を潰した様です。
 私も歴史で習ったゴローニン事件ということ
 位しか知りませんでしたし、神戸に足跡を
 残していたことに驚きました!
ポジティブオーラ
2017/02/17 17:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
兵庫区の高田屋嘉兵衛 ポジティブオーラ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる