ポジティブオーラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 須磨の関跡と句碑

<<   作成日時 : 2017/03/16 21:20   >>

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 0

須磨駅前の交差点を東に100メートル程歩きと、山陽電車の高架下に
村上帝社があり、 この村上帝社のガードをくぐり抜けると、外人の
子弟が学ぶマリスト国際学校の校舎があります。

マリスト国際学校の前の坂道を少し上がったところに、須磨の関屋跡の石碑
と、関守稲荷神社が祀られています。

画像

画像

関守稲荷神社の御祭神は稲倉魂神

この関守稲荷神社は、『源氏物語』<須磨>で光源氏が須磨の浦で
巳の日祓(みのひはらい)をしたところをこの地になぞらえ
「巳の日祓稲荷」とも呼ばれています。


 上巳の祓え(じょうしのはらえ)について

■『源氏物語』第12帖<須磨>において、光源氏が上巳の祓えを
させたことが記されています。

 弥生の朔日(ついたち)に出で来たる巳の日(みのひ)、
 「今日なむ、かく思すことある人は、御禊(みそぎ)したまふべき」
 と、なまさかしき人の聞こゆれば、海づらもゆかしうて出でたまふ。
 いとおろそかに、軟障(ぜじょう)ばかりを引きめぐらして、この国に
 通ひける陰陽師召して、祓へせさせたまふ。


 (訳=三月の上旬にめぐって来た巳の日に、
 「今日は、このようにご心労のある方は、御禊をなさるのがよう
 ございます」と、知ったかぶりの人が申し上げるので、海辺も
 見たくてお出かけになる。
 ひどく簡略に、軟障(ぜじょう)だけを引きめぐらして、この国に行き
 来していた陰陽師を召して、祓えをおさせになる。)


 三月初めに廻ってきた巳(み)の日は、上巳の祓え(じょうしのはらえ)
 といい、水辺に出て不祥を祓う習慣がありました。=巳の日祓(みのひはらい)

 光源氏も須磨の海辺で簡略に幕をめぐらし、陰陽師を招いて祓えをさせ、
 舟に大きな人形(ひとがた)を乗せて流したのでした。


また、清少納言の枕草子で「関は逢坂、須磨の関、鈴鹿の関・・・・」と言われる
ように、大宮人の歌心を誘うところであったようで、この須磨の関を想像して
詠んだ歌がたくさん歌われています。

画像


須磨の関を詠んだ数ある歌の中でも特に有名なのが、源兼昌の

   淡路島 かよう千鳥の啼く声に 幾夜寝覚めぬ 須磨の関守

画像


須磨の関は、この関屋跡とされている処よりかもう少し東側の千守川
(現在は暗渠になり、上に道路が通っています)の河東付近にあったようです。
明治時代に掘り出された石碑
画像

石碑の側面には、川東左右関屋跡、と彫られています


藤原俊成と定家親子の歌碑

画像

   聞き渡る 関の中にも須磨の関 名をとどめける 波の音かな

                                   俊成

画像

   桜花 たが世の若木ふり果てて 須磨の関屋の 跡うづむらん

                                   定家

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 48
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
須磨の関跡と句碑 ポジティブオーラ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる