ポジティブオーラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 須磨寺の句碑(三)

<<   作成日時 : 2017/03/29 17:04   >>

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 0

須磨寺に在ります句碑を訪ねての第三弾です。

本当に、須磨にゆかりの歌碑や句碑は多いですね。

須磨は昔から歌枕に読まれることが多く、次のような言葉が出てきます。

  須磨の海人・海女・海士   須磨の浦・浦人・浦路   

  須磨の関屋・関守   須磨の月   須磨の塩屋  などなど

この様な歌枕や源氏物語の話から旅心、イメージを膨らませた大宮人や
歌人が多かったのでしょう!



では、今回は、自由律俳句で、種田山頭火と共に人気があります尾崎放哉
の句碑が大師堂近く、敦盛の首洗い池のたもとに建てられています。


尾崎 放哉

  こんな良い月を ひとりで見て 寝る

画像

画像



尾崎放哉、本名は秀雄。1885(明治18)年1月20日鳥取県生まれ。
荻原井泉水に師事した自由律派の俳人。
季語や五七五の形にとらわれない自由律俳句、また放浪の俳人とし
共感する人も多いようです。

大正13年6月、39歳の時に、京都・知恩院常称院を追い出された放哉は、
須磨寺大師堂の堂守となった。

句は、この時から翌大正14年3月迄の9ヶ月間須磨寺で大師堂の堂守をして
いた頃に詠んだ句です。

放哉は翌年3月、40歳の時に、須磨寺を出て、この後、
小浜・常高寺〜小豆島・南郷庵へ移り、大正15年の今日、41歳の若さで、
没した。

句碑は昭和34年4月7日命日に建てられ、字は師の荻原井泉水が筆をとった
ものです。


・・・・・・この句を見ても私には須磨の月を愛でるというよりも、放哉の寂涼とした
孤独感の方が強く胸に迫るように感じますが、どうでしょうか!?



こちらは槇屋西月の句碑

槇屋 西月

   ふる雨も 清水になるや 花のおく

画像


槇屋西月は1781(天明元)年尾張生まれで、のち東須磨の毘沙門堂に庵を
結んで西月老人と親しまれていたということです。



更に池の畔にはもう一つ、白崎弘皓の句碑があります。

白崎 弘国晧

   公達の 血のりを秘めて 七百年

          水静かなり 須磨寺の池

画像


さらに歩みを進めて、三重塔から万霊堂の方にも幾つかの句碑があります。

画像


この三重塔の手前に木の葉句会の句碑があります

画像


敦盛公首塚近くには小河六平の句碑

小河 六平

    海の色 幾変わりして 梅雨の須磨

画像



万霊堂近くに、竹本旭子の句碑

竹本 旭子

    種蒔くや 畑暗くして 旭影

画像



次回は本坊前の句碑、歌碑を紹介します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
須磨寺の句碑(三) ポジティブオーラ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる