ポジティブオーラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 毘沙門山妙法寺

<<   作成日時 : 2017/07/31 07:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 2

那須与一のお墓から北側に、妙法寺という古刹があり、この付近一帯の
地名になっています。

妙法寺川の狭い谷筋が少し開けたような地形を利用して建てられていた
ようですが、かっての七堂伽藍37坊という大寺の面影は失われて
いるように感じるところです。



平清盛が福原遷都に際し、新鞍馬として王城鎮護の霊場として手厚く
庇護したが、尊氏が九州へ敗走の折に、高師直らの兵火で全焼。

現在のお寺から、往時の面影を探すのは困難ですが、付近の新興
住宅地から離れた、古い地区の中でひっそりと守られているように
思います。


妙法寺

高野山真言宗 如意山または毘沙門山と云われ

天平10年(738)行基が開基。

聖武天皇・高倉天皇の勅願所で、七堂伽藍37坊があった。

承和6年(839)定範上人再興。

平清盛が福原遷都では乾にあたることから、新鞍馬として王城鎮護
の霊場とし、寺領1000石を寄進している。

観応年中に足利尊氏の軍が西国に敗退した時、高師直らの兵火に
より全焼。その後復興。

大正3年に再興。明治35年9月に摂取院を、明治40年12月には円蔵院を
合併す


古記録によれば


  如意山妙法寺  妙法寺村にあり。 新鞍馬寺といふ。真言宗。坊舎
七宇。

  本尊毘抄門天 行基の作。長六尺ばかり。

  奥院 連台寺と号す。薬師堂 同所にあり。阿弥陀堂あり。

  当寺初めは聖武帝の勅願所にして、伽藍巍々とし坊舎三十七字あり。

  今二王門・中門・諸堂の礎所々に見えたり。

  年歳累りて荒廃に及びし所、承和六年定範上人重興しけり。

この上人は、もと雲州島根の人にて、十五歳の頃、洛陽東寺の実恵大師
に仕へ、剃髪染衣し、高野山に登り、三密瑜伽の奥旨を明らめ、止観に
通じ、洛北鞍馬寺に籠つて示現を蒙り、この地に頽廃せる伽藍を造営し、
子院三十七坊を建てて、西の方に観音堂あり。北の嶺に梵天の森あり。

遠近の貴賎渇仰せずといふ事なし。  大旱の時、雨を乞ふに験あり。

また高倉院の時、福原遷都長久の御祈祷あって、新鞍馬寺と詔を蒙る。

その後、高師直同帥泰軍馬の岐とせしゆゑ、また大いに破壊して、
やうやく今のごとく再営あり。

什宝に称徳帝宸翰の経を蔵む。

また当村の入口に妙光寺といふ寺あり。むかしは妙法寺の子院にて
ありしが、今禅宗済家と成り黄檗泒霓雲和尚を中祖とす。
・・・・この妙光寺というお寺は、現在の通称萩の寺(明光寺)のことの
ように思いますが・・?。

画像

画像

画像


宝篋印塔
画像

画像


不動明王と護摩壇

画像

画像


五社神社
画像

画像


画像

画像


妙法寺のお参りを済ませ、この後、妙法寺村にあると言う”弘法の井戸”を
探しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
那須与一のお話はそうなんですね。
私は7年ほど四国高松の屋島のふもとで暮らしていましたが源平合戦の話は漠然としか知りませんでした。
屋島とも近い須磨との関係もあるのですね。
屋島の観光パンフも持っていますので読んでみます。
毎日、暑いですからお身体に無理のないように気を付けてレポートをお願いします。
気持ち玉で貼り付け名のない玉もあります。
何故かコメントを書いた後で気持ち玉を付けると非表示になる様です、初めて気が付きました。失礼しました。

ゆっり人
2017/08/01 16:02
ゆらり人さん、有難うございます。
暑いさ中に単車で走り回っています。
お蔭様で首筋や両腕が赤く焼けました。
那須与一のお墓はあちこちにあるようですが。
京都で最期を迎えられたという話もあります。
須磨のお墓では、一昔前までは大変大勢の
人が参拝に訪れていたようです。
今は、霊験云々という前に、医者にかかる
方が早いという、薬好きの現代人からは
段々見向きもされなくなって来ているよう
です。
お参りは、何かに縋りたいという気持ちも
あるでしょうが、自分の行いを反省すると
いう精神面からのアプローチに気付く
機会があるのではないか・・と思ったり
しています。
ゆらり人さんも無理をせずに体に気を
付けてお過ごし下さい。
有難うございました。
ポジティブオーラ
2017/08/01 16:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
毘沙門山妙法寺 ポジティブオーラ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる