ポジティブオーラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 猿田彦神社・佐瑠女神社

<<   作成日時 : 2018/04/25 06:24   >>

ナイス ブログ気持玉 63 / トラックバック 0 / コメント 0

外宮参拝を済ませ、内宮行のバスに乗り、猿田彦神社で
下車

画像

画像

画像


猿田彦神社由緒


 天孫降臨を啓行(みちひらき)された猿田彦大神は、高千穂に
瓊瓊杵尊を御案内した後、天宇受賣命と御一緒に本拠地である
「伊勢の狭長田(さながた)五十鈴の川上」の地に戻り、この地を
始め全国の開拓にあたられました。

御神徳の高いこの大神は、佐田大神、千勝大神、白鬚大神、
道祖神、塞ノ神、庚申さま、等として津々浦々にお祀りされて
います。

 そして、神宮第一の古典『皇大神宮儀式帳』等にあるように、
宇治土公宮司家の祖先で猿田彦大神の裔である大田命が、
倭姫命の御巡幸に際して、猿田彦大神が聖地として開拓された
五十鈴の川上にある宇遅(宇治)の地をお勧めし、そこに
皇大神宮(内宮)が造営されました。

そのため宇治土公家はその後、神宮において代々「玉串大内人
(たまぐしおおうちんど)」という特別な職に任ぜられ、式年遷宮で
心御柱と御船代を造り奉るなど、重要な役割を果たしてきました。

 当社は猿田彦大神の子孫である宇治土公家が代々宮司を務める
神社です


境内

方位石
 昔の神殿跡の印で“十干十二支で方位が刻まれています。
猿田彦神社で最もパワーが集中するポイントです。

八角は方位を意味し、猿田彦大神の方位除の御神徳を仰ぐもの
です。

画像



たから石(舟形石)
 この石には、蛇が乗っている様に見える為、縁起が良いと
 されています
画像



さざれ石
画像


御神田
画像

画像




佐瑠女神社
画像


御祭神

  天宇受売命

何故「さるめ」神社というのか?

  天孫瓊瓊杵尊が、高天原から高千穂へ降りられる道中、
  最も険しいとされる難所「あめのやちまた」で、猿田彦大神
  のお姿に多くの男神が恐れ、近づけなかったのを、天宇受売命
  が仲を取り持ったご縁から、瓊瓊杵尊より天宇受売尊は
  「さるめの君」の名を賜ったことに由来。

縁を結ぶ神

  天孫降臨にあたり、天津神と国津神との間を取り持った
  御神績により、男女の縁に限らず、人と人、仕事や物
  との様々な縁を良い形で結び導く良縁の神さま。

芸能の祖神

天照大御神が天の岩戸に入られ、世の中が暗闇になった時に、
 天宇受売命が岩戸の前で舞踊され、神々が喜び賑わう様子を
 不思議に思われた天照大御神が外に出られた。
 このことから俳優の神として、技芸・技術の上達を導く芸能の
 祖神とされている。

鎮魂の元祖

  天宇受売命は、鎮魂振魂の神。
  「たましずめ」とは、心を鎮め落ち着かせ、穏やかで素直な心
  の人であるようにすること。
  「ふりたま」とは、眠っている力を呼び覚まし、活力あふれる
  若々し活動の出来る人である様にすること。

美女の代表

  天宇受売命は、元気でおおらかな女性の鏡とされている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 63
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
猿田彦神社・佐瑠女神社 ポジティブオーラ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる