林神社(林崎)

林崎漁港まで歩き、そこから浜街道方面に方向を変えて、その上
山陽電車の線路を越えた高台に林神社があります。
林神社
 
画像

この神社の由緒では、「赤石」の上に少童海命(海神)が現れたという
謂れがあり、その赤石が成務天皇の時代の138年8月8日に海没した
ため、翌年、この地に神社を建て、少堂海命を祀ったのが始まりと云う。

ご祭神
  少童海命
  彦火々出見命
  豊玉姫命
  葺不合尊
  玉依姫命
  御崎大神

明石海峡は潮の流れが速く、古代より難所であったので、漁の豊漁と
海上交通の安全を見守るという意味が大きかったものと思われます。

神社境内から海を臨む
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック