アダムスキーの想念観察法

前回の昔の思い出から、G・アダムスキーが勧めている自己訓練法の
「想念観察」の方法について書いてみます。

今から40年程以前に日本GAPというアダムスキーの宇宙哲学やUFOの
研究団体が出されていた「想念観察手帳(自己精神分析の記録)」という
ものが手元に残っていましたので、その手帳から想念観察の方法をまとめ
てみます。

手帳の中味は左ページに宇宙的(想念)。右ページに利己的(想念)と
分けられ、一日の中で浮かんでくる雑多な想いを観察し、その想いが
宇宙的な想念か、利己的な想念かを振り分けて記録するように出来て
います。

そしてさらにそれぞれ三つの項目に分けられて観察がしやすくなっています。

宇宙的想念では

宇宙の創造主との一体感。自分と全生命との宇宙的な一体感を思い出させる
ような想念

他人に対する積極的な親切・愛・奉仕感

平静な楽しい感情。仕事に対する積極的な活動感。感謝の心。現象の
因果関係を考える。

の三項目

利己的想念では

自分と全生命との宇宙的な一体性を思い出させない孤立感。宇宙の
英知に対する疑惑。

他人に対する憎しみ・非難・嫉妬・怒り・傲慢。

落ち着かないイライラした感情。不安・恐怖・仕事に対する怠惰感。利己的
物欲。過度に官能的刺激を求める。不満。現象の因果関係を考えない。

の三項目


これらの項目を参考にしてその日一日の自分の想念をチェツクし記録
していきます。

必ずこの二つの想念だけということでなく、中立的な想念も多いので
それ以外の気付いた感情・浮かんでくる想いを記録します。


・・・・つまりは、このようなことを忍耐強く継続していくと自分の感情・想念
を第三者的に観察し反省出来るようになり、それとともに利己的な想念も
少なくなっていくように思います。

人間の感情や想念は自分のものと思い勝ちなのですが、結構他人と
云うか、世間や環境からの影響も多い様で、アダムスキーもテレパシー
の話の中で指摘していたと思います。

イライラした人と一緒にいると、こちらもいつの間にかイライラしてきたり、
また反対にユッタリ、ほっこりした雰囲気の人や場所では呼吸も感情も
徐々に落ち着いてくるということもありますが、こういうことも人の想念に
影響を与えていることに気づきます。


我々の生活を取り巻くエゴ的な想念を観察し続けると、徐々に宇宙的な
想念が明瞭に理解されるようになることで、宇宙的な原理に同調すること
ができるということです。

想念観察も継続することは忍耐が必要で、なかなか難しいのですが、
続けていると、利己的想念の出所が、五感といわれる感覚器官からの
刺激が強いというようなこともわかるそうです。

私も中途半端に終わった「想念観察」ですが、少しは感情に振り回され
ない・・・という生活が出来るようになったと思います。

また、テレパシーに興味が有る方は、アダムスキーの著作などを参考に
されると良いと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック