放射能汚染の真実

放射能汚染を巡って以下のような情報が知人から送られて
きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
< 転送・転載歓迎>

 スイスの医学博士でチェルノブイリの惨禍を25年以上
 見つめて来たスイスの医学博士ミッシェル・フェルネクス氏の
 来日講演が昨日終了し ました。

 講演中,上映されたウラディミール・チェルトコフ監督の
 「真実はどこに? ーWHOとIAEA 放射能汚染を巡ってー」は、
 日本語版制作者である
<エコー・エシャンジュ>と日本の市民団体<りんご野>によって、
ユーチューブにアップされました。

以下のアドレスです。
http://www.youtube.com/watch?v=oryOrsOy6LI

もしくは、
映画「真実はどこに?― WHO と IAEA  放射能汚染を巡って―」
で検索すればみれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の住む神戸では、なんとなくしか意識にのぼらないのですが、
関東・東北の方は日々の切実な問題として考えておられること
だと思います。

今日も新聞の一面記事で、『福島原発事故、格納器損傷
最大の汚染源。 東電推計90万テラ・ベクレル。 政府試算の
1・9倍』 ということが書かれています。

先日は富士山の麓でもセシウムが検出されたという話もありました
が、長期間、広大な地域の大地、農作物、さらには海洋汚染など
人類の生命に大きな影響を与える放射能汚染の真実の一端が
わかるのではないかと思い転載いたしました。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • シーター

    YOUTUBE遅い時刻から見ましたが、最後まで見てしまいましたね。 上から目線の当局の態度にはやるせないものがあります。 彼らは真実を見る目が曇ってしまっているのでしょうか。 とうとう橋本知事も原子力稼働を容認してしまいました。 利潤追求だけの行動は、やがて国を人を滅ぼしてしまうのでしょうか。旧約聖書ではないけれど、ソドムとゴモラの町のように天罰が当たらなければいいのですが。 
    2012年06月02日 20:15
  • ポジティブオーラ

    シーターさん夜更かしされたのですね。
    ありがとうございます。
    政治的な判断といえば何故か良い様に
    聞こえますが、その裏では複雑な利権が
    絡んでいるのが古今東西の通例のように
    感じます。結局誰も責任を取らない仕組み
    の中で莫大なお金に群がる人達が多く
    居るのが現実なのではないでしょうか。
    拝金主義の前では国民が、国土がどうな
    ろうと気にならないというように
    見えてしまいます。
    ソドムとゴモラでは、偶像崇拝と肉欲
    に溺れて神を忘れてしまうのですが、
    現代の偶像が原子力だと思います。
    地震も、異常気象も地球の叫びのように
    感じてしまいますね!!!
    2012年06月03日 21:00

この記事へのトラックバック