カタカムナの健康法

カタカムナの医療法はタケシタシミチの教えとして非常に簡単な
方法が示されています。

カタカムナ人の考える病とは、体内における電位差の分布構造
が乱れることによる結果だと考えています。

中国の経絡理論なども、人体に流れる微弱なエネルギールート
の正常な働きが阻害されることにより、そのルートに対応する
臓器が不調になっていると考えて、経穴に刺激を与えてエネルギー
をスムーズに流すことで病の改善が図られるとしていますが、
このカタカムナの知恵も同じようなことに着目しているように
思います。

   カムナガラ オヘチノナヤミ
   イヤシフセ タナマタカタメ
   コトヤワセ タケシタシミチ
   ハグミナリ

大意は

体がだんだん衰弱してゆく(オヘチ)悩みを治癒させるのは、病人の
手の指の叉を深く組み合わせて指圧し(タナマタカタメ)ながら、
病人の悩み事を良く聞いて慰めてやる(コトヤワセ)ことである。
本来、健康恢復する方法(タケシタシミチ)は当人のハグミ(生育)の
ナリ(成り)・・・すなわち自己治癒力機能・・・にもとづくものである。


要は、指の叉を指圧することで、体内に新たな電界を生起させて
体内の電位差の正常化が図られることで病の改善がなされる
という・・・・

ハンドセラピーなどでは、手のひらや甲、そして指の一本一本や
部位によって体全体の反射区として対応させて、押したり、もんだり
さすったりしながら刺激を与えますが、カタカムナのように指のまた
を刺激することも良いのではないでしょうか。

私は、指またを押したりもんだり、また両手指を組み合わせて
トントンとぶつけ合うようにして刺激を加えたりしていますが、
いつでもどこでも出来るのが良いですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック