高野山女人道を歩く(二)

おたすけ地蔵
画像

画像

画像

画像

おたすけ地蔵は一願地蔵とか一言地蔵といわれ、一つだけ願いを
かなえてくれるそうです。

おたすけ地蔵さんの左の道から杉林に入り相の浦口から大滝口女人堂跡
の轆轤峠へと向かいますが、途中から木々が伐採されたような山肌を見て、
明るい山道を登っていきます。
画像

画像


画像

少しきつい上り道ですが、振り返ると木々の上に少し根本大塔の姿が
望めます。
画像

画像

そしてまだまだ続く上り道
画像

大滝口女人堂跡
画像

あちこちで見かけた熊出没注意の看板
画像

大滝口女人堂跡から歩いていくと、途中分岐があり、熊野街道小辺路へと
つながる分岐がありました。
女人道は円通律寺へと下って行きます。
円通律寺付近
画像

画像

画像

ここは真言宗の修行道場で四度加行などを学び行を身に付けるところ。
女人道は足元を水が流れるような暗い山道の上りを弥勒峠から五大尊堂
(女人堂)跡を経て奥の院方面へと歩いていきます。

最終的には奥の院前の駐車場があるところに出てきました。

昔の女人道はここから高野三山といわれる摩尼山・楊柳山・天軸山」と
奥の院御廟を取り巻く山道を巡るようですね。

かなり疲れた山歩きでしたが、昔日の女性たちの苦労を少しばかり
感じることが出来たように思います。 普段どの位の人が歩いていたのか
解りませんが、暗い山道を心細くなる思いを、お大師さんを慕う一念で
振りほどきながら歩き続けていたのではないでしょうか。
さらには夜間や宿等はどうしていたのかと思うと反面、信仰の強い思いが
そのような弱気を振りほどいていたのではとも思いました。

いずれにしましても、当時の女性達は大変なご苦労があったと思うハイキング
になりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック