コトダマ雑感

最近、ある芸能人夫婦の離婚問題で注目された言葉で、モラルハラスメント
という言葉があります。

実際の事実とか内容は分かりませんが、身体的な暴力ではなくて、言葉に
よる暴力が問題になっていることから考えますと、言葉が身体や精神に
与えるインパクトの強さを感じました。

医学的な研究??でも、絶えず暴力的な言葉を浴びせ続けられた子供(大人でも)
は、無気力になり、鬱のような症状が見られたり、免疫力が低下して様々な
病気に罹りやすくなるようです。

また、脳内部の血流の変化を調べても、身体的な暴力を受けた被害を感じるのと
同じような変化も見られるということです!

人間の社会生活の中では、様々な係わりがあり、嫌だと思っても、その状態から
逃れることが出来ないこともあり、また昨今のネット上のラインだのチャットだのと
いうつながりは、環境が変わっても逃れられないという中では対処が難しい時代
になってしまったな・・という思いが強いです!

このような、目には見えない言葉が心身に与える影響を、コトダマの力のマイナス
面の一つだと思いますが、このコトダマの力は、相手だけでなく自分にも返って
来ているように思います。


私自身、最近の思いとして・・・

    『言葉は木霊(コダマ)』

・・・という思いが強いです。

このことは、簡単に言えば、他人に言った言葉というものは、常に自分自身にも

帰って来ているのですよ!!! という思いです。

友人関係であれ、他人であれ、また夫婦であれ、どのような言葉を向けているのか

そして、その言葉が今までの、人間関係、体の好不調、引いては運気・運勢など

にも影響を与えているか・・ということを見つめ直してていると、色々沢山の気付き

が少しは分かって来るように感じています!


言葉は、相手に与える影響だけでなく、必ず、自分にもその影響があるということ、
そして、それは、口に出さない、自分の心・頭の中の、内的言語などまでも注意を
払っていると、自分の体や、身の回りに起きてくる事象の原因がどこにあるのか
というようなことも理解できるようになると思っています。


ホ・オポノポノの四っの言葉

『ごめんなさい・許してください・ありがとう・愛しています』

が、潜在意識の認識できない原因の浄化を図れるという意味も分かりますし、
また、最近読んだ本に

『遺伝子スイッチ・オンの奇跡』(工藤房美)
 「ありがとう」を十万回唱えたらガンが消えました!


という話もありますので、また次の機会に書いてみたいと思っています。


(写真は、3月22日、外宮参道上空で見ました彩雲。少し分かりにくいですが)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック