吉野の桜見ハイキング 如意輪寺しだれ桜

四月二日の土曜日、桜満開の吉野でハイキングを楽しんで来ました。

近鉄吉野駅から下千本・中千本・上千本、そして奥の千本まで歩いて
数多くの名所旧跡と美しく咲き誇っている桜を満喫することが出来ました!

この日歩いたコースは、近鉄吉野駅→温泉谷→如意輪寺→旧道→
稚児松地蔵→日拝地蔵→花矢倉→吉野水分神社→牛頭天王社跡
→高城山展望台→閼伽の井→金峯神社→西行庵→金峯神社
→義経隠れ塔→横川覚範首塚→金峯山寺→総門(黒門)→七曲り坂
→近鉄吉野駅のコースです

また、数回に分けて記事にしていきたいと思います!

まず吉野駅から如意輪寺までのコースですが、吉野の駅で降りた多くの
観光客の皆さんは、ロープウェイや七曲坂のコースを使って上のお土産店
が並ぶ道筋を歩く人が大部分ですが、私たちは、誰も歩いていない
温泉谷の谷筋の道を歩いて如意輪寺まで行きました。
この温泉谷の道は、”ささやきの小道”と言われているそうです。


温泉谷
画像

画像

画像


如意輪寺山門
画像

境内
画像

画像

難切不動尊
画像

波切不動尊は真言宗のお寺などで見かけますが、難切不動尊は初めて
知りました。

でも、この”難を切る”という観念は大事ですね!

不動尊の剣は煩悩を斬るという働きを示していますが、人生の難事・悩み
をスッパリと斬り払う・・・それは、何も不動尊ではなく、自分自身の心の中
での働きなのですが・・・という観念で、気持ちが変化することが大事だと
思います。  
気持ちが変化すると、難事だと思い、頭を抱えて困っていたことも、絡んだ
糸がスルスルとほどける様に解決することがあるのも事実です。
御利益・御利益・・・・ですね!!!!

お寺に伝わる話では・・・・
もともとは吉野に登る途中の不動坂に祀られていましたが、六十年前のこと、
ある信者に「如意輪寺に行きたい」というお告げがあり、当山にお祀りに
なったものです。

不動坂に祀られていたとき、牛車が転落したがその農夫の身代りとなって
左手を負傷され、人命を救助されたという記録があり、以来交通安全の
守護神として霊験あらたかといわれています。

さらに、あらゆる災難を切ってくださるというので「難切り不動尊」とも呼ばれ
熱心な信仰を集めています

・・・ということです
画像


如意輪寺の略歴

平安時代の延喜年間(901年 - 922年)に日蔵上人により開かれたと伝わる。

南北朝時代、後醍醐天皇が吉野に行宮を定めた際に勅願所とされたが、
天皇は還京叶わぬまま崩御して本堂裏山に葬られた。

以来寺運は衰えたが、慶安3年(1650年)文誉鉄牛上人によって本堂が
再興され、その際に真言宗から浄土宗に改宗した。

正平2年(1346年)12月、楠木正成の長男・楠木正行が四條畷の戦いに
出陣するに際し、一族郎党とともに当寺にある後醍醐天皇陵に詣で、
辞世の歌「かへらじとかねて思へば梓弓なき数に入る名をぞとどむる」を
詠んだという。

正行は当寺本堂の扉に鏃(矢じり)で辞世の句を刻んだとされ、その扉と
されるものが今も寺に伝わる。

芭蕉は、ここに立ち寄った折、「御廟年を経てしのぶは何をしのぶ草」などの
句を残している。 (以上はウキペディアより引用)
画像


入山料400円を支払い、後醍醐天皇御霊殿・宝物館・多宝塔の枝垂桜を
見て回りました。
こちらの枝垂れ桜は樹齢100年以上だそうで、大変伸びやかな感じがあり
多くの観桜客で賑わっていました。

後醍醐天皇御霊殿
画像

画像


枝垂桜
画像

画像

画像

画像


二本の枝垂れ桜が寄り添って、踊っている様に見えませんか?!
画像

(写真をクリックしますと全画面表示されます)

  【この二本の枝垂れ桜を見ていますと、非常に調和した関係と、共に
  同じ場所で咲いているという喜びが感じられます。
  それで、今回このブログでは初めてですが、この写真にエネルギーを
  封入してみました。
  意図したところは、関係性の調和と喜びで気持ちが軽くなるような
  エネルギーです。
  人間関係(親子・友人・恋人ほか)などの関係性が調和するように働きます。
  注意としては、
  今ある問題には、目をつぶるのではなく、一旦受け入れることが大事
  です。受け入れると、エネルギーの反発が収まります。
  そして、今までのこだわりを離れてから、このエネルギーを感じてください。
  すると、気分が軽くなり、色々な変化が生じて来ます。
  どうぞ、活用してください】



画像



後醍醐天皇陵
画像


楠木正行と郎党の髻塚
画像


如意輪寺は今回初めて参拝しましたが、良い時期に来れてよかったという
思いがありました。
特に、枝垂桜は見れて大変印象に残りました。

この後、旧道の山道を登って吉野水分神社の方面(上千本)へと向かいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック