法華山 一乗寺の桜

加西市の名刹として、また西国二十六番の札所として知られています、
法華山一乗寺へ、桜を見に行きました。

今、丁度桜が満開ですが、訪れる参拝者も少なくて静かに咲き誇る桜を
楽しむことが出来ました。


【一乗寺縁起】

  白雉元年(650)法道仙人の開山、孝徳天皇の勅願による名刹。

  仙人はインドより、紫雲に乗り、中国・朝鮮を経て、谷は法華の如く
  峰は八葉に分かれた当山に降り止まり、山を法華山と名づく。

  仙人は観世音菩薩像と鉄鉢と仏舎利のみ持し、飛鉢の術をもって
  供養を乞うた。

  ある時、播磨灘を行く船に鉢が飛んだが、大宰府の船師藤井麻呂は、
  この船は正税であると号して供養を拒んだ。

  すると、船中の米俵は一つ残らず群鴈の如く当山に飛来した。

  船師驚きて当山に訪れ、懺悔して憐れみを乞うと、仙人は一鉢のみを
  残して皆船中に返した。

  船師、都に入りこの由を奏したところ、孝徳天皇は大いに御感あらせられた。

  その後、天皇が御病気の際仙人を宮中に召し、玉体を加持せしめたところ、
  御病気忽ちに平癒した。

  法道仙人をお慕いになった天皇は、法華山に金堂を建立し、白雉元年に
  落成、臨幸せられ、法華山一乗寺の勅額を賜い、道慈律師をもって供養し、
  鎮護国家の道場とされた。

  永延二年(988)花山法皇御幸あらせられ、金堂を大悲閣と命名され、西国
  二十六番札所と定め給い。

     春は花 夏は橘 秋は菊 いつも妙なる法の華山


本堂(金堂・大講堂・大悲閣)
画像

画像

画像


国宝の三重塔
画像


常行堂から見た三重塔
画像


桜スナップ
画像

画像

画像

画像

画像

画像


毘沙門天を祀る護法堂
画像


妙見堂と弁天堂
画像


行者堂
画像


放生池
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック