ホーリーバジル茶

最近、アーユルヴェーダで使われるハーブで、ホーリー・バジルのお茶を
飲んでいます。

まだ日本では余り知られていないようなのですが、インドでは神聖なハーブ
として、家族の健康と幸福を祈り、健康維持のために古代より利用されて
いるそうです!


このハーブの説明です!

「ハーブの女王である、ホーリー・バジル(トゥルシー)は、ミラクルハーブと
呼ばれ、5000年もの長きに渡り、インドの人々の健康と幸福を支えて来ました。

アーユルヴェーダでは、心と体と魂のバランスが崩れた時に、人は病気になる
と考えています。  そのバランスを正常に戻すためにハーブ等を用います。

その数あるハーブの中でも、このホーリー・バジルはハーブの女王とされて
特別な評価がされています。

ヒンドゥー教徒の家庭や寺院では、庭に祭殿を設け、そこにトゥルシーを植え、
毎日聖水を捧げて家族の健康・幸福を祈ります。 そして、祈りの後に、数枚の
葉を食べて、健康維持を図ります。

トゥルシーとは(比類なきもの)という意味で、神の宿るハーブとして尊重して
います。

そして、その薬効に驚いたキリスト教徒の人達が、ホーリー(聖なる)・バジル
として、その効能を象徴しました。


トゥルシーは、当初、口臭予防の特効薬として、その後、その驚異のパワー
が認知され、古くは脳炎、マラリアの特効薬として、現代では、エイズや
サーズへの利用も研究されています。

効用としては、ストレス・疲労・呼吸器疾患・喘息・肝臓の保護・高血圧・
貧血・心臓病・関節炎・リウマチ・糖尿病・胃腸・動脈硬化。
風邪・肺炎・熱・気管支炎・せき。 血液浄化。
口臭・口内炎や歯茎に自信のない方などにも良いと言われています。

・・・・もっとも、薬ではないので、即効的な変化はないと思いますが・・・・・
また、妊婦さんの場合は使用に注意が必要だという記事も見られます。


☆彡
ヒンドゥーの伝説では、トゥルシーはヴィシュヌ神が、全ての魂を救う為に、
荒れ狂う海の中から創り出したとされています。

そしてアーユルベーダーの賢人達は、国内にトゥルシーを栽培することで
健康で豊かな国づくりを行いました。 (トゥルシー・パン運動)

21世紀になり、大いなる存在からメッセージを受けたパパジ師は『インド古来
の最重要聖薬トゥルシーを全世界に伝える時期が来た。特に病んだ国に
広める』という言葉に導かれれうように、トゥルシー・パン活動は、世界に広がり
つつあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック