シンギング・ボウル

仏具で使うお鈴(おりん)は、チベットのシンギング・ボウルが原型ではないか?
と思うのですが、音の振動が肉体や空間の周波数を調整する力があるように
思い、チベット風?のシンギング・ボウルを買い求めました。

こちら
画像


画像


画像


はじめ、直径9㎝ほどの小さなサイズ(写真左側)を買ったのですが、叩いた
時に出る音は良かったのですが、ボウルの縁をこすって出す倍音の音が小さく
て予想外でしたので、改めて少し大きめのサイズのボウルを買いました。

こちら(写真右側)のボウルは、口径が13㎝ほどで、内にはフラワーオブライフの
文様が彫られています。

このボウルが届いて鳴らした時には、その音と余韻の響きの良さに驚きました
が、更に、縁をこすって出てくる倍音には更なる驚きと感激がありました。

小さなボウルでは悪戦苦闘と言う感じで色々試しながらボウルの縁をこすっても
小さな響きしか出なかったのが、こちらではすぐに、グ~~ゥワ~~~~ン、、、、
ウ~イィンン~~~ンと豊かな倍音が響き渡りました。

しかもその倍音の音量は、叩いて出す音よりも大きく響き渡り、ボウルの周囲の
空間を中心にして力強い音の柱が立ち上るような迫力が感じられました!

嬉しくなり、色々と試していますが、手のひらの上で倍音を鳴らすと、手から腕に
かけてバイブレーションが感じられますが音の余韻は少なくなるようです。

しかし、台の上に置いて音を鳴らすと、余韻も長く続きます。
大きな音で倍音が響き渡り、またその音の余韻も長く続きます。

この倍音のバイブレーションが、体や空間に良いようで、部屋の空間がスッキリと
明るくなるような印象があります。

また体の構成要素の6~70%が水分だと言うことからも、体の調律という効果も
考えられます。

また、音霊(おとだま)の働きからも、肉体のみでなく、チャクラなどへの働きかけ
の効果も高いようです。

・・・
 ちなみに、このボウルの中に書かれている、フラワーオブライフの文様は
 (生命の花・神聖幾何学)私たちの細胞そのもので、全て黄金分割の究極の調和
 のバランスを持った図形です。

 そして、全ての生命体を包括する図形と言われ、宇宙のあらゆる森羅万象の元と
 なるパターン、無条件の愛の象徴である神聖な形、といわれています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 53

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック