御形神社

3日の文化の日は、快晴の行楽日和でした。

久し振りに姫路のKさんのお誘いで、宍粟郡から出石方面の神社へ
参拝して来ました。

Kさんは、ここ1~2年の間に、日本国中の一の宮参拝を志し、その
一の宮参拝もあと数社を残すのみだと言う方です!

全国の一の宮へは、車や飛行機で出掛けておられるようですが、
中々真似のできることではなく驚かされる事が多いです。


今回の目的地も、余り人が訪れない場所の、隠れたパワースポット
というようなところで、神社の爽やかな空気感を、久し振りに満喫
して来ました。


姫路で待ち合わせをし、最初にお参りさせて頂いたのは、宍粟郡一宮町
に古くから鎮座している、御形(みかた)神社でした。

画像

画像

画像

神社由緒

当社のご祭神は、またの御名を大国主神とも申し上げます。

この神様が当地方を治められていた頃、その途中に天日槍神が渡来して、
国争いが起こり、二神は黒葛を以て治める国を定めました。

葦原志許男神は、但馬の気多郡、養父郡、三條(三方)といひ伝へ
ます。

又、天日槍神は但馬国に鎮まりました。 (出石神社)

 やがて葦原志許男神は事を了へられてこの地を去られる
に当り、愛用された御杖を形見として、その山頂に刺し植えられ、
行在の標とされました。

以て、当社の社名「御形」は、形見代・御形代より起こりました。

 その刺し植えられた所に社殿を建ててお祀り申しましたのが当社の
創祀であります。

やがて奈良朝の宝亀3年(772)、里人数人が一夜の中に三本の
大杉が、山神社の森に鼎立するという霊夢を見、これは山頂の大神
の当地へのご遷座の所望であらうとの事で、早速ご社殿を造営し、
お祀り申し上げたのが現在地での起源であります。


主祭神 葦原志許男神 (アシハラノシコオノカミ)

配祀神 高皇産霊神 月夜見神 素盞嗚神 天日槍神

画像
                  


この神社の境内に足を踏み入れると、精妙で柔らか、絹の様な優しい
気が満ちている様な感覚を覚えました。

画像

画像



御神木
画像


玉を咥えた獅子
画像


灯篭の上に鳩
画像


ご神水と南天
画像

画像

画像

百人一首絵馬
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 49

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック