カラーブリージングで若返り

こと最近、さくら色(ピンク)の効用について書いていますが、
ずーっと以前から、ピンク色の若返り効果を言っている人がいました。


日本に紹介されてからかなりの期間が経っていますが、
イボンヌ・マーティと言う人の本で『美しくなるカラーブリージング』という
本が出ています。


要は、色の持つ振動・波動をイメージして、呼吸することで細胞の意識に
変化を起こす事だと思っています。


具体的な方法は、色々紹介されていますが、以下はその引用です。


【  ビューティーカラーブリージング  】


(1)静かな、瞑想的な心理状態を作る。


(2)あなたの前方から(目の高さあたり)
  ピンク色の空気を(イメージして)何度か吸い込む。

  次にピンク色の空気を吸って、心の中でそれを改善したいと望む
  部分に向ける。
  
  息を止めている間、改善された状態を完全に思い描く。


(3)これを3回行なう。

(4)以上のことが実行できたという喜びを感じ、患部を助けてあげられ
  たことを感謝する。




また、他の方は、腹式呼吸を主眼に置いた方法を紹介されています


1.イスなどに座ってリラックスします。
  目を閉じ、気持ちを落ち着け、呼吸を整えます。

2.前方に明るく輝くピンクの空気を思い描き、その空気を腹式呼吸でゆっ
  くり大きく吸い込みます。 
  (お腹を膨らませながら、鼻からゆっくりと)

3.息を止め、自分の身体で改善したい部分にそのピンクの空気を送り
  込みます。例えば、シワやたるみが気になるのであれば、
  その部分の内・外でピンクの空気が回っているイメージをします。
  (きれいになって喜んでいる自分をイメージ) 

4.「ふーーっ」という音と共に、お腹がペッタンコになるまで口から息を
  吐ききってしまいます。
  (体の中に溜まっている疲れや悪いものが吐く息と同時に、体の
   外に出て行くのをイメージ)

5.これを3回繰り返します。
  


いずれにしてもこの簡単な方法を継続することで、イボンヌさんは
20歳ぐらい?若返りしたそうです



色の持つ効果についても以下に引用しておきますが、色々
書かれていますし、これ以外にも人により受け止め方、感覚が
それぞれ異なることも多々あると思いますので、参考まで!



ピンク・・・・・容姿が美しくなる、若返り


オレンジ・・・気分が沈んだ時に気持ちを明るくする
        不安・イライラ等の改善


イエロー・・・風邪・咳・冷え性等に効果


赤・・・・・・・疲労回復、消耗した体全体のバランスをとる
       (赤を吸いすぎると気分が高ぶり攻撃的になるので
       やり過ぎに注意)


青・・・・・・・沈静、怒りがおさまる、呼吸器系のトラブル、目のトラブル
       アレルギー等にも青色が有効

 
紫・・・・・・・癒し。直感やひらめき、素晴らしい洞察力が得られる
       リンパ系疾患や皮膚病に効果


緑・・・・・・・調和や平和、癒し、頭痛・発熱・炎症に効果



等々・・・古来より、日本では言霊と言う言葉で、コトバに力がある
と考えていますし、そのことを実感されている方も多いと思いますが、
言霊の他に、色霊、形霊、音霊・・・・などと言って、色や形、音などが
身体や感情に与える影響について気付いていたように思います。


最近では、ソルフェージュ周波数が身体や精神に影響があることで
ブームになっていますが、この様な方面も興味がありますね。

以下の記事に「ソルフェージュ周波数」について詳しく書かれていました。

http://pando.club/post-1324










この記事へのコメント

この記事へのトラックバック