老化と母指CM関節症

今迄も、加齢による体の不調については色々と気になっていたの
ですが、今回は左手の親指付け根が痛み出し、何かと不自由な
状態になりました!
画像


昨年ごろより、左手手首付近にガングリオンという状態があり、
二度ほど注射器で吸い出す処置を受けましたが、そちらは
別段に何の痛みもなかったのですが、今回の親指付根の
痛みは、モノを掴む時や、指の曲げ伸ばし時にも痛みがあり、
大変不自由に感じています。

何もしない場合でも親指付根付近が痺れている様な感覚が
あり、力も入らない様に思います。


この様な症状を調べて見ると、CM関節症という症状のようで、
そこには、次のように書かれていました。


 【母指の手前の甲の骨(第1中手骨)と手首の小さい骨
(大菱形骨)の間の関節(第1手根中手骨関節:CM関節)は、
母指が他の指と向き合ってつまみ動作ができるように大きな
動きのある関節です。
その分使い過ぎや老化に伴って、関節軟骨の摩耗が起き易く、
進行すると関節が腫れ、亜脱臼してきて母指が変形してきます。】


老化と使い過ぎが原因のようですが・・・このような我が身に
押し寄せる老化現象については、その軽重は違えども沢山
思い当たることが増え続けている様なこの頃ですが、それだけに
アンチエイジングなどにも関心があるとこころです。


また、自分なりに実行出来る事を試しながら、老化と向き合って
行きたいと思っていますし、少しでも効果を感じるような防止策
があれば、記事にもしていきたいと思いました!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 90

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

  • y&m

    おやおやポジティブオーラさん たいへんですね。いやはや加齢による体の変化って人それぞれで・・。私の場合は座骨神経痛からなのか、六十肩からなのか、右手の親指が震えます。利き手ですから、ペンで字が書けない時もあるのですが、ご本人(私)はあまり気にしてません(笑)。まぁ痛みが無いので、気楽に付き合って行こうと思ってます。歳を取ると、若い時には考えられない体験をしますね。ちょっと楽しいかな?、なんて思ったりもするんです。そちらは痛みが有る分、深刻ですね。
    2018年06月01日 20:13
  • ポジティブオーラ

    y&mさん いつも有難うございます!
    右手親指の震え、不便だと思います。
    私もマウスを持っていると痺れを
    感じる時がありますが、これも原因
    不明です。
    今の、左親指付け根の痛みは、モノを
    持ったりする時に力が入らないので
    少し不便です。
    加齢による体の老化は、数え上げれば
    他にも沢山有るのですが、以前y&mさん
    も書いておられた睡眠障害のような
    状態が、私も家内にもあり、結構
    しんどい時がありますね。
    最近の課題はアンチエイジングに
    なりました。
    有難うございました!
    2018年06月02日 07:24
  • ポジティブオーラ

    ごんたくん さん
    いつも記事を読んでいただきありがとう
    ございます。
    ガングリオンはなかにゼリー状の物質の
    詰まった腫瘤ということです。
    典型的なものは手関節背側(甲側)
    に生じるガングリオンで、私も
    同じ場所に出来、2~3か月毎に
    整形外科に行き、注射器で中の
    ゼリーの様なモノを抜いています。
    このガングリオンが神経を圧迫
    すると色々な症状が出るようです。
    私も、今回の親指付け根の痛みに
    ついては、まだ医者には行って
    いませんのでハッキリした原因不明
    ですが、近いうちに行こうと
    思っています。
    有難うございました。
    2018年06月02日 07:38
  • ゆらり人

    私も時々大きくなると注射器で抜いてもらっています。
    大きくなると周りがボケた状態というか感覚が鈍くくなりますが抜くと少し楽になりますね。
    医者はあまり気にすることは無いといいますが目で見えるだけに気になります。
    最近は医者に行くと加齢による・・・・・とか直ぐに言われてね。
    今は私は杖を突いていますから関節のあたりが骨がこすれるのか時々傷みしびれが出るときがありますが、何かの原因で杖と使うのですからあまり気にしないようにしています。しびれは何となく至る所で時々微妙な感じで出てきます。
    やはりこれも、加齢による軟骨やクッションが減るからやと言われて終わりです。
    お互いゆっくり行きましょう。
    出かけられる今を大切にね。
    2018年06月03日 11:03
  • ポジティブオーラ

    ゆらり人さん、いつも有難うございます!
    私も同様に杖が必要な時もありますが、
    ガングリオンも忘れたころに出て来る
    様な事で嫌ですね!
    今迄2度ほど内容物を抜いてもらい
    ましたが、今度は袋が2か所になって
    いるようです。神経を圧迫すると
    他に障害が出るようで、左手で
    物を握ったり、持つ時に痛みが
    走り不便です。
    ゆらり人さんの前向きな生活を
    私も心掛け、そして老化も受け入れて
    行きつつ、アンチエイジングも
    頑張りたいなどと思っているところ
    です。
    有難うございました。
    2018年06月03日 15:23

この記事へのトラックバック