五色塚古墳

山と海の街神戸。その明石海峡を望む垂水の高台に
五色塚と呼ばれる大きな古墳があります。

JRの垂水駅を西に歩き商大筋に突き当たると、狭い
坂になった道筋を上って行った住宅街の中を歩きます。
すると、明石大橋や淡路島がマジかに見える広々と
した空間に、五色塚古墳のどっしりとした後円部が
見えてきました。

垂水駅付近
画像

子安地蔵尊
画像

五色塚古墳
画像

画像

古墳の入り口は、更に西側にぐるりと回った処に
ありましたが、その手前には小壺古墳と呼ばれる
墳丘が見られます。
画像

画像


五色塚(千壺)古墳

五色塚古墳は淡路島を望む台地の上に築かれ、全長194Mの
前方後円墳です。兵庫県下では最大の大きさです。
築造時期は4世紀の終わり頃だそうですが、多くの古墳同様
被葬者については分かっていないという事です。

古墳の縁取りのようにして置かれた円筒埴輪(模造)が
壮観ですが、形象埴輪が一つも見られないのが素朴さ
でもありますね。

この様な大規模な土木工事には長い年月と、多くの農民?
が働いたものと思いますが、被葬者のことなど含め、なにも
伝説の様な話が伝わっていないのが残念です。

画像

画像

画像


前方部の葺石
 黒く見える葺石は古代からのものですが、後円部に続く
 白っぽい葺石は、復元時に新しい石を使っています。
 古代の葺石は、淡路島より海を渡って運ばれたことが
 分かっています。
画像

画像


前方部からの景色
画像

画像

すぐ下を、山陽電鉄、JR、国道二号線、埋め立て地、海岸
と続いていますが、古代には国道の所まで海が来ていた
ということです。
つまり、すぐ下が海で、淡路島から大阪、和歌山方面も一望
出来るところです。
画像


明石海峡を通る船からも良く見え、その大きさから圧倒される
ような迫力と共に、この地の支配者の強大な権力と
意志を強く感じられたことと思います!


五色塚古墳は、昭和40年から復元工事が始められ、現在の
様な整備された姿になりました。

昨今では、パワースポットとして知られるようになり、パワーを
期待して来られる方も多いようです!!!!!!

画像

後円部の墳頂で裸足で両手を挙げてパワー吸収中の
女性がおられました (良いことが有りますように!)
画像

高台の上で、更に高くなった後円部の墳頂は、気持ち良い
開放感があり、その開放感がウジウジした気分を吹き飛ばす
ような爽快な気分にさせてくれます。

明石海峡に面した開放感と共に、空の爽やかな爽快感!

その様な開放感、気持ち良い爽快感がパワースポットと
言われているところではないかと思いました!


墳丘から、須磨の鉢伏山方面を望む
画像


明石海峡から淡路島方面
画像


画像


濠の中の島状マウンド(祭壇?)
画像


今日23日は、十五夜の満月です。 五色塚古墳の上に
上がる満月の姿を一度見たいものですね!

この後、垂水駅近くの”海(わたつみ)神社”を参拝しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 100

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • tor

    すごく大きい古墳ですね。景色も良くて最高ですね。パワーをもらえそうですね。
    2018年10月24日 19:30
  • ポジテイブオーラ

    torさん
    有難うございます!
    景色、開放感、爽やかさなどの
    気持ちが味わえるところです。
    パワーもたっぷりと頂けるように
    感じました!
    ありがとうございました。
    2018年10月24日 20:47
  • y&m

    こんな大きな古墳が垂水にあったんですね。なるほど海岸線が今より手前で、この大きさだと海からも良く見えたでしようね。
    2018年10月26日 12:53
  • ポジテイブオーラ

    y&mさん
    有難うございます!
    全国的な規模から見ると40位
    くらいだそうですが、兵庫県下では
    最大だそうです。
    この時期に、この辺りにこれだけの
    土木工事が出来る権力と財力を持った
    勢力が確認されていないところから
    大和王権との繋がりが考えられて
    いるようです。
    海上交通支配の力を誇示する狙いが
    あったと思われます。
    昔は松林だったそうで、それから
    畑地になり、そして現在の様な
    復元古墳になったそうです。
    ありがとうございました。
    2018年10月26日 16:06
  • わらび

    どなたが埋葬されているんでしょうね!! ロマンをかき立てられますね!!
    裸足で、パワーを受け取ろうとされてる女性の気持ちが、わかるような気がする塚です!!
    2018年10月30日 16:46
  • ポジテイブオーラ

    わらびさん
    埋葬部の発掘調査はされていない
    ようですが、古墳の被葬者を特定
    する事は難しいようですね!
    当時、この地域にこれほどの権力・財力
    を持った豪族は知られていないそうで、
    それ故に、大和政権の支配者階級の誰か?
    かも知れません。
    最近はパワースポットとして来られる
    方は、それぞれの感覚でパワーを楽しんで
    いるようですね。
    私は、ここの開放感が大好きです!
    ありがとうございました。
    2018年10月30日 17:52

この記事へのトラックバック