僧尾の観音堂・農村歌舞伎舞台

神戸市北区淡河町南僧尾という稲田が拡がり、住宅もまばらな
丘陵地帯に古くからのお堂があります。

石峯寺の参拝帰りに寄ってみました。

この観音堂のあることは知っていましたが、今まで何度か
探して分からなかったところなので、前もって地図を確認し
ようやく行き当たりました。


南僧尾の観音堂
画像

画像



室町時代後期

様式

和様、桁行三間、梁間四間、茅葺入母屋造

概要

承和7年(840)創建と伝える恒例山新善寺の元本堂です。

新善寺は天正6年(1578)兵火で焼失しましたが、本堂は焼失を
免れ、豊臣秀吉の命で修復されました。

以後村の観音堂として守られ、仏壇内で発見された「堂頭日記」は、
延徳元年(1489)~天正12年(1584)の村人の生活記録として
貴重です。

境内の地蔵堂は、厨子と共に17世紀後期の建立と推定、
「鶴沢大助太夫之碑」は、当時の浄瑠璃の流行をしのばせます。

観音堂は、四面に庇を設け、三面は縁、背面の庇は後陣に取り
込みます。

柱は円柱、隅柱上にだけ舟肘木を備え、正面三間と両側面前方
第一間を扉構えとし、その他の柱間は板壁、堂内は前3間、後2間
に二分します。   和様の、全体に簡素な建物です。

造立は「堂頭日記」冒頭の御頭行事の記載から、堂の建立は
延徳元年を下らぬことが察せられますが、特定できていません。

須弥壇は禅宗様、厨子は方一間、和様を基調とした折衷様で、
観音堂と同時代の作と考えられます。

元禄、文政期の大修理の際にも、当初材の多くを残し、遺存状況は
極めて良く、室町期の三間堂として貴重な遺構です。


鶴沢大助太夫碑
画像


境内地蔵堂
画像


画像

画像

画像





北僧尾地区の農村歌舞伎舞台

(厳島神社の境内にあります)

画像

画像

画像


【現存する最も古い農村歌舞伎舞台】

北僧尾の鎮守である厳島神社境内の社殿の向かいに建つ。

農村歌舞伎舞台は、江戸時代末期から明治時代にかけて
日本の全国各地で建造されたが、この農村歌舞伎舞台は
安政6年(1777年)の墨書が鏡柱に残ることから、現存する
歌舞伎舞台の中では最も古いものとされている。

かつてこの地区だけで15棟の農村歌舞伎舞台があった。

一般に歌舞伎舞台は神社境内に建てられることが多く、
奉納芸能であり、主に農閑期に上演された。

当初は田んぼなどに仮設の小屋をかけただけの素朴な形で
上演されていたものが発達し、神社境内の長床などを舞台と
して上演されるようになった。

神社にはこの長床という神事に使われる建物が併設されるのが
常だが、北僧尾農村歌舞伎舞台では長床と舞台を併用する
形式で建造されている。

舞台正面右端には木組みのチョボ床といわれる突出部があり、
義太夫と三味線の座となっており舞台用に造作されたもの。

正面下部には「バッタリ」と呼ばれる横板があり、平素は雨戸
として使用され、歌舞伎上演時には前方に倒すことで舞台を
広く使えるように蝶番で結合されている。

(ウイキペディアより引用)

この舞台の様子がユーチューブに出ていましたので
貼り付けておきます
https://www.youtube.com/watch?v=Kw7bdxTWZAo

素朴な感じがいいですね!

江戸から明治にかけての農村地帯の、大きな娯楽だったと
思われます。

また、若者の出会いの場でもあったのではないでしょうか⁉

それにしても、この左程広くない地域に15もの歌舞伎舞台が
あったとは驚きです!
大きな娯楽、楽しみだったのですね!

この地区の紹介動画もありました
https://www.youtube.com/watch?v=uRimlAKOS4c

画像

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 80

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • tor

    こちらでも農村に文楽が伝わり、農村舞台が現存しています。秋にはこの舞台で文楽が演じられるそうです。豊作への感謝をこめて演じられ、ご馳走を食べながら鑑賞し楽しんだのでしょうね。農村の娯楽でもあったのでしょうね。私のブログでも紹介していますよ。
    2018年12月26日 21:22
  • ポジティブオーラ

    torさん
    有難うございます。
    テレビも映画もない時代。しかも
    生まれた土地に縛り付けられた様な
    生活。過酷な年貢に飢饉など
    苦しかった事が多かった時代の
    少ない娯楽の一つだったと思います。
    豊作感謝の神事、息抜き、娯楽と
    色々な思いが籠もっていますね。
    またtorさんがブログ再開されます日を
    お待ちしております!
    有難うございました!
    2018年12月26日 21:40

この記事へのトラックバック