矢拾い地蔵伝説の慶雲寺

翁舞い神事の残る大歳神社の近くに、足利尊氏が信仰した
【矢拾い地蔵】と言う地蔵尊伝説の残る慶雲寺と言う禅宗の
お寺があります。


慶雲寺
画像



この慶雲寺の創建伝説に、足利尊氏と矢拾い地蔵の伝説が
伝えられています。


その伝承によると、

1336年6月の湊川の戦のとき、はじめ足利尊氏軍は劣勢で、
彼をめがけて雨の様に矢が放たれ、危うい尊氏の前に、
見知らぬ一人の僧侶が現われたと思うと、その僧が尊氏
めがけて飛んでくる幾本もの矢を空中でひょいひょいとつまんで
は投げ捨ててくれたといいます。

そのおかげで、味方をまったく傷つかずにすみ、尊氏軍の勝利
に終わったという話です。


尊氏は戦勝後、その僧を日ごろ信仰してきた兵庫にある魚御堂
の地蔵の化身と考え、矢拾い地蔵としてここ車の地に移し、
その仏像を祀る寺として善福寺を創建しました。

魚御堂は、平清盛が魚を供養するために建てた寺です。

その後、善福寺は明治20年(1887年)に慶雲庵と合併して、
慶雲寺となりました。

この『矢拾い地蔵』は昭和28年の火災で焼失したという
ことです。

(また、この話とよく似た伝説が、長田の東尻池の宝満寺の
本尊にもあるという事です)

慶雲寺本堂
画像


画像

画像


毘沙門堂
画像

画像

毘沙門堂縁起という事ですが、読めないので、後日調べますと
次のようなことが書かれているそうです

妙見大菩薩 御所童子(右側)秘仏

文化年間駒ヶ林住人小河三河介の女御所退出の砌、永きに
至る其の功を愛でられて下賜せられ、実家の魚臭を嫌ひ給い
神託ありて当山にて司祭する事となれり。
進学登龍の霊験は宮中時より伝承せらる。

毘沙門尊天(中央)

享保年間当山中興日翁禅師京都鞍馬より勧招除災除難開運
の霊験顕かな守護仏として古来民衆の尊崇厚く其の霊験記は
数多く語り伝へて今日も尚香煙跡を断たず。

大弁財尊天(左側)

開山愚渓禅師海蔵山善福禅寺の守護神として竹生島大弁財
尊天を勧請せられ正長二年上り五百四十年授福と三宝の
守護神として民衆の信仰益々厚き福の神なり。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 89

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • y&m

    ポジティブオーラさん、南北朝時代となると全く認識不足の私です(笑)。で、改めて調べたらあれやこれやと出てきました。勉強致します(^^♪。湊川の戦いは吉野や千早城と並ぶ南北朝時代のポイントなんですね。もっとメジャー?なお話でも良いとおもうのですが・・ねぇ。(^^♪
    2019年02月07日 11:40
  • ポジティブオーラ

    y&mさん
    楠木正成の忠臣報国勤皇思想は、
    戦前に軍部の思想教育に利用された
    反動で戦後は知らない人が多く
    なっているようですね。
    そんなことで、南北朝の時代も
    混とんとして、どちらが大覚寺統で
    持明院統がどうなんて、という
    話になると全く分かりません!
    正成と尊氏の戦いでも、お公家さんの
    バカな面子で負ける戦いに臨んだ
    正成などの朝廷方が可哀そうです!
    いつもコメント有難うございます。
    2019年02月07日 17:45
  • tor

    足利尊氏ゆかりの寺院なのですね。
    窮地を救ってくれたのはお地蔵様だったのですね。
    南北朝時代といえば
    こちらは懐良親王や菊池一族の史跡が多いですね。
    私も旧ブログで数ヶ所紹介していますよ。
    2019年02月07日 19:20
  • ポジティブオーラ

    torさん

    尊氏は人望があったようで
    人だけでなく地蔵さんも窮地を
    救ってくれたということでしょうか!
    九州で南朝方の武将として
    菊池氏は有名ですね。
    湊川でも新田氏、楠木氏と共に
    菊池武重・武吉が戦っていますね。
    いつも有難うございます。
    いつも有難うございます。

    2019年02月07日 21:24

この記事へのトラックバック