脚が痛ければ手首で歩く!

既に亡くなられていますが、比叡山でも過酷な修行と
言われている千日回峰行を二度も萬行された、酒井雄哉
大阿闍梨の話です!


千日回峰行では、九日間の断食・断水・断眠・断臥の
四無行が最も過酷で、人間の肉体の限界を超えるような
修行があります。

七年間にわたって、早朝から比叡山の峰々を歩くので
すから、足腰の痛みなども相当なもののようです。

勿論、行を途中で止めることは死ぬことなので、泣き言
など言わずに乗り越えていかれます!


酒井師の「一日一生」という本の中で、脚が痛くて、もう
一歩も歩けないとなった時、酒井師はどうするのかに
ついて語っています。


それは・・・

『脚が痛くなったら、首で歩くと考える』

自分は今、首で歩いていると、そう自分に言い聞かせる
と、脚の痛みがフッと消えて、今度は首が痛くなる。

という。

「首で歩く」とイメージして歩いていると、今度は首が
脚に変わってたまらなく痛くなってくるそうです。

次は、この首の痛みをどうするかと考え、そこで酒井師は

『手首で歩く、手首で歩く』

とイメージすると、首の痛みが消え、手首が痛くなる。

するとまた、『脚で歩く』とやって、他の箇所へ痛みを
グルグル回していると千日間歩ける・・・という話です。


この話から思いますのは、人間の脳の仕組みの様な
ものです。


それは、人間は一度に何か所も痛みを感じることが出来ない
ようですね。

よく、「あっちもこっちも痛い」と言うのですが、それでも痛みを
感じる度合いが違う様に思いますし、一つの痛みが取れると、
また違うところが痛く感じるのもの同じことだと思います。


こう言ったことと少し違うかも知れませんが、腰などの痛みが
何年も続いているなども、その場所の痛みを脳が記憶として
引きづっていることもあるそうです。

いわゆる、肉体的な筋・骨格などが原因ではなく、生理的・
心理的なことに原因がるという事も多いということです。

ですから、いくら肉体に働きかけても治らないということも
多いということです。


極端な話では、痛みや病気が自分の弱さを代償する、言い訳
になってくると、その痛みや病気を手放せないという事で、
本当は【治りたくない】という心理を隠しているというような
事もあるようです!


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 141

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • tor

    脳を騙すということなのでしょうね。
    不思議なことで気持ちの持ち方で
    体調が良くも悪くもなるようです。
    タイトルから
    マラソンで終盤足があがらなくなった時
    腕振りで足を動かすので
    手首を使う方法があるのかなと思ってしまいました。
    2019年03月12日 19:18
  • y&m

    いや、参りました。今回のお話は私が主人公のようです(笑)。全編思い当たる事ばかりで。病や体調不良に甘え過ぎなんでしょうね。昨日今日と体調不良でかなり落ち込んでおりましたが、少し明かりが見えて来たような(笑)。
    2019年03月12日 19:30
  • ポジティブオーラ

    torさん
    有難うございます。
    脳で脳をだますことが出来る
    様に思います。 それが出来る
    という事を知り、そして試すと
    分かるのではないでしょうか!
    意識を向けたところに気が行く
    そうなので、マラソン中に
    苦しくなった時に意識を
    他の場所に向けると良いかも
    知れませんね!
    ありがとうございました。
    2019年03月12日 19:56
  • ポジティブオーラ

    y&mさん
    有難うございます。
    千日回峰行などの過酷な修行は
    誰でもできるわけでなく、多くの
    修行僧の中から、極少数の僧の
    素養を見極めて入行の許可を
    与えるようです。
    一旦入行すると、止めると死な
    ないといけない決まりなので
    生きるためには、痛いや辛い、
    眠たい、休みたいなどは全然
    考えられない世界のようですね。
    退路を断つというところが
    行の根幹のようです。
    我々普通の凡人は、直ぐに
    他人にも自分にも甘えてしまう
    ので、ついつい言い訳が出て
    しまいます。
    その言い訳を許さないのが行者の
    凄い処で、真似は出来ないです!
    無理のない様に、意識の操作で
    病気に負けない様にしたいですね!
    ありがとうございました。
    2019年03月12日 20:17
  • ゆらり人

    なるほどね、流石千日回峰行される方ですね。
    私なんかはゆうじんと会うと挨拶代わりにお互いが此処が痛い辛いとか言い合いして同情を求めているように思います。
    医者に行っても「ふ~ん~~ま~ね、ある程度加齢すると痛みは有りますからね」と切られてそれらしい薬をくれるだけです。
    リハビリに行っても「どうですか」と聞かれると、何処か痛いところを探して「ここがちょっと・・・」と言っている自分い気づきますよ。
    昔から気の力をよく言われますがその通りかもしれませんね。
    お互い気を付けましょうね。
    2019年03月19日 09:57
  • ポジティブオーラ

    ゆらり人さん
    ありがとうございます。
    私も同様です。次は泣き言を
    言わないでおこうといくら思って
    いても、会うと出るのは泣き言ばかり
    です。聞いて欲しいのですね。
    聞いてもらうと気が晴れるからだと
    思います。
    やせ我慢でも出来ればいいのですが
    それも出来ません。
    行者さんは、行に入った時点から
    生か死かの二者択一しかないので、
    病気になろうが、足腰が立たなく
    なろうが、一時休みは死と言う世界
    に生きているので、どんな状態であれ
    自分が生きていくためには、やり遂げる
    しかないですから、愚痴も言い訳も
    ない日々なのだと思います。
    凡人は真似のできない生き様ですね!
    ありがとうございました。
    2019年03月19日 11:29

この記事へのトラックバック