太山寺の春 その二

太山寺の境内には、国宝本堂の他にも、三重塔、阿弥陀堂、
護摩堂、羅漢堂、釈迦堂、太子堂に鐘楼。 

そして奥の院には稲荷舎、地蔵堂などが残っています。

その中でも、本堂と三重塔は太山寺の象徴の様な存在感を
持って参拝の善男善女を優しく迎えてくれています。


三重塔

心柱宝珠柱の銘と棟札から、貞享五年(1688)の建立と
されています。

屋根は本瓦葺きで九輪の上の水煙は火焔型。

各層の四隅の尾垂木の間には邪鬼を置く。
その邪鬼の色は各層で異なり、下から白・緑・褐色となって
います。

初層内部の須弥壇には大日如来坐像、及び四天王立像を
安置。

画像

画像

画像

大日如来
画像

邪鬼
画像

画像

画像


画像


阿弥陀堂

貞享五年に再建されたもの。 本来は天台宗の常行三昧
の修行堂。   しかし阿弥陀信仰が高まるにつれ人々の
礼拝の対象となって行きました。

丈六の阿弥陀如来坐像は鎌倉初期のものです。

画像


阿弥陀如来坐像
画像

画像


護摩堂

建立は江戸の中期ごろ
方三間の建物で、堂内には大黒天・不動明王・毘沙門天を
安置
画像


鐘楼

画像

鐘には 『南無薬師瑠璃光如来』 と陽刻されています
画像


羅漢堂

画像


太子堂

画像

画像



奥の院

閼伽井橋を渡って奥の院へ
画像

画像

太山寺川
画像


稲荷舎
画像

画像

地蔵堂
画像



息游軒遺跡 - 熊沢蕃山の閉居跡 (阿弥陀堂の手前)

熊沢蕃山は明治維新の理論的基盤を構築した陽明学者。

江戸時代初期の寛文9年(1669年)頃、幕命により播磨国
明石藩主松平信之の預かりとなり、太山寺に幽閉されていた。

画像


また境内には多くの句碑がありました

画像

 闇ふかき 太虚のなかに 消えし星

        そのたまゆらの 光ゆえに○う  三茶

・・・・光ゆえに趁う  か?

 西方の かなたに浄土は あるという

        われにも終の 夕茜色      智恵子
画像


画像

 月天心 播磨風土記の 山低く       夏雄

画像

 窯出しの さめゆく音や 今朝の秋     和子

画像

 ためらひて 菩薩に扮す 練供養      むつみ

画像

 焚かねども 寄り処としたる 夏炉かな   淑惠

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 123

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • y&m

    流石に立派ですね。時代、時代で大切に扱われていた証拠ですね。いつもながら、こうした名刹がこっちまで聞こえて来ないのは、私の勉強不足なのでしょうか?。
    2019年04月08日 22:03
  • ポジティブオーラ

    y&mさん
    太山寺はいつも参拝者の姿は
    少なく、僧侶の姿も見たことが
    ありません。
    それだけに静けさを堪能できる
    楽しみが有ります。
    五月にあります、金襴の衣装に
    菩薩面をかぶって歩く練供養が
    有名なようですが、私は見たことが
    ありません。そのような時には
    多くの人出があるようですが、
    普段は、本当に静かな広い境内です。
    ありがとうございました。
    2019年04月09日 08:18
  • ゆらり人

    こんな所に邪鬼が置いてあるのは初めて見たような気がしますが、結構あるの物なのですか。
    建物にも興味深く拝見しました。
    2019年04月09日 10:17
  • ポジティブオーラ

    ゆらり人さん
    ありがとうございます。
    私も初めて見たような気が
    しますが、調べて見ますと法隆寺
    などでもあるようです。
    「塔の軒柱と邪鬼」で検索して
    見ますと、画像なども出て
    いました。 多種多様で面白い
    と思います。
    ありがとうございました。
    2019年04月09日 13:56

この記事へのトラックバック