本住吉神社 (東灘)

今日は、JRの住吉駅で降り、本住吉神社に参拝。

その後、渦が森台行きのバスに乗り、白鶴美術館近くの
徳本上人の旧跡を巡ってきました。


まずは、JR住吉駅西すぐの本住吉神社に参拝です。

国道2号線側から見たところ
画像

画像

画像

画像


御祭神:  底筒男神、中筒男神、表筒男神、(住吉三神)

       神功皇后

配祀:   天児屋根命、大山津見命

本殿
画像



創建年代:神功皇后摂政元年(201)


日本書紀によれば、神功皇后が三韓征伐より凱旋し
難波の港へ向かう途中、船が前に進まなくなりました。

そこで、務古の水門に戻り、神意を占ったところ、

天照大神は広田(廣田神社)に

稚日女尊は活田(生田神社)に

事代主尊は長田(長田神社)に

祀れとの託宣がありました。

さらに住吉三神からは大津渟中倉之長峡に祀るよう
託宣を下されました。


神託により住吉三神を祀ったと
記される「大津渟中倉之長峡(おおつのぬなくらのながお)」
の地が当地であり、当社(本住吉)が住吉三神鎮祭の根源
であると伝え、そのために古くから「本住吉」と呼ばれる・・・・と

「大津渟中倉之長峡」の地は現在の住吉大社であるとする
説が有力であるのでが、当社(本住吉)では住吉大社も当社
からの勧請であると主張しています。

本居宣長も本住吉神社の主張を支持しているそうです。


住吉三神はまず神戸の住吉の地に祀られ、4世紀初頭に
仁徳天皇が難波高津宮に都を移したときに大阪に移された
のではないか、というのが「神戸・本住吉神社総本宮説」です。

当時の海岸線がどの辺りかは分かりませんが、然程遠くは
なく、この場所から海も見えていたことと思います。

ただ、この本住吉神社の奥宮と言われるところが、渦が森の
最奥部の山中にありますのが不思議です。

少し調べてみますと、この奥宮は1970年の建立という事でした。

どの様な理由で建立された奥宮なのか、興味あるところ
です。

また、時代は大きく異なりますが、本住吉神社は生長の家と
深い由縁があります。

それは谷口雅春先生は、この本住吉神社の大神様から
生長の家の真理を啓示されたと言われています。

◎生長の家の創始者である谷口雅春師は、昭和4年、
毎朝参拝していた本住吉神社で「汝、今起て」という啓示を
受けた。
これが生長の家立教の淵源であるという。


谷口雅春氏は、その時のことを次のように説いている。

「此の真理の啓示を受けましたのは、私が兵庫県武庫群
住吉村に住んでおりました頃に、勇湯という銭湯があり
まして、午前五時頃からもう新湯が沸いておりましたので、
風呂好きの私はいち早くその銭湯へ出掛けて行き、快い
湯加減に温まって爽やかな気持ちになり、身も清浄、心も
清浄にあらい浄めたそのままに、勇湯から三丁ばかりの
距離にある産土神社なる本住吉神社に、毎朝日参して
日本国の隆昌と皇室の御安泰とを祈願して帰ることに
いたしておりました際に、その本住吉神社の大神から霊感を
いただいたのであります。
従って、生長の家の説いている真理を掲示された本尊神は
住吉神社であらせられるのであります。 」・・・・・



この本住吉神社は、平成7年の阪神淡路大震災では、
大きな被害を受け、鳥居や石灯篭の倒壊だけでなく、
社殿も半壊状態になったところから、大きく復興されて
います。

今日、私が参拝時には他に人はいませんでしたが、
摂・末社をお参りして拝殿に戻って来ましたら、十数人の
ロシア人?が集合写真を撮っていました。

どのようにお参りしたのか見ていませんが、ロシア系の
人達と神社の取り合わせが不思議な風景でした。

境内の摂・末社

豊岩窓社(門の守り神) 東
画像

奇岩窓社(門の守り神) 西
画像


画像


水天宮
画像

大山祇社 猿田彦社   大海社 塞ノ神
画像


莵原稲荷社   総合末社
画像


境内には各氏子地区のだんじり庫があります
画像


INAC神戸のサイン絵馬
画像


画像


境内の南に西国街道の石碑(現在国道2号線)
画像


境内の東に有馬街道の石碑
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 103

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • y&m

    今回の記事は私にとって、比較的馴染みの有る場所でビックリしました。震災の時にJRの住吉駅までしか電車が走って無くて、ここから先は代替バスで西に向かいました。本住吉神社の謂れは初めてでした、だから住吉の前に"本"の字が付いているんですね。もう一つ、本住吉神社の西隣の和竿のお店が知人の経営するもので、二度ほど立ち寄った事が有ります。
    2019年04月20日 22:27
  • ポジティブオーラ

    y&mさん
    いつも有難うございます。
    震災時は灘区から東灘区にかけての
    電車線路が大打撃を受けましたね!
    六甲道駅の復興ドラマがありました。
    私は当時、長田に職場があり、震災後
    灘区に転勤になりましたが、この
    住吉辺りは殆ど来たことがありません
    でした。
    本住吉神社も初めての参拝ですが
    ロシア人の様な人たちの団体には
    少し驚きました。
    神様の本家話もよく分かりませんね!
    和竿はヘラ鮒釣りですか? 
    阪急御影の深田池では何人か釣りを
    していました。
    ありがとうございました。
    2019年04月21日 07:47
  • tor

    本がついているのは住吉神社の起こりというか
    本社ということなのですね。
    ロシアとの関連も気になりますね。
    2019年04月21日 17:44
  • ポジティブオーラ

    torさん
    有難うございます。
    日本書紀に記述された、住吉三神が
    指示された大津渟中倉之長峡がどこ
    なのかの解釈で住吉神社の本宮が
    変わるようです。 神戸、大阪
    それぞれで解釈が違うようですね。
    神功皇后の船が灘・武庫沖で進まなく
    なった話から浪速ではないと思うのですが?
    ロシア人の様な団体は、たまたま観光で
    来ていたか?生長の家の信者さん?
    などと思いました。
    ありがとうございました。
    2019年04月21日 18:03

この記事へのトラックバック