伊部の忌部神社

備前焼の焼き物も楽しめた天津神社から、さらに山の中に
入ると、樹々に囲まれた境内にひっそりと忌部神社が
鎮座しています。

天津神社横から続いている参道の坂道を登っていくと
途中には国指定の備前陶器窯跡(北大窯跡)があり、
付近の看板には、[陶器の破片等の持ち帰りは禁止]と
いう注意が書かれていました。

画像

画像

画像

画像

画像



忌部神社境内と拝殿

 人気のない山中で境内は樹々に囲まれていますが、湿った
 感じはなく落ち着いた静けさがありました

 ゆっくり天津祝詞を唱えて感謝参拝

画像

画像

画像

陶祖 忌部神社の札
画像

祭神 由緒
画像


御祭神:陶祖・天太玉命

祭礼日:5月15日

由緒

 「伊部」(いんべ)の地名の由来となっている神社で、創建は
 不詳

 窯元六姓「金重・森・木村・大饗・寺見・頓宮」の窯元達が
 備前焼の末永い繁栄を祈り、この社を祀りました。

 天津神社の境内末社で、昔は小さな祠でしたが、昭和4年
 伊勢神宮より摂末社をいただき伊勢から片上湾へ船で
 運ばれ、そこから行列をなしてこの地に建立されたという
 ことです。

御祭神の天太玉命は、天照大御神岩戸隠れの際、には
鏡を差し出し、天照大御神の関心を引き出す役目を与えられて
います。

また瓊瓊杵尊の天孫降臨に従った神で、宮中祭祀を司る
忌部氏の祖と言われています。

忌部氏は阿波・讃岐・紀伊・筑紫等の国々で知られて
いますが、この備前の地にも所縁があったのでしょうか?

伊部(いんべ)という地名からも何らかの繋がりがあったと
思われますが、よく分かりませんでした。


本殿
画像

画像

画像

伊勢神宮から運ばれた本殿 
 (伊勢神宮には125社の摂・末社がありますが、
 式年遷宮のあと、鳥居やお社などが各地の神社へ
 下賜されています)


  気品のある空気感が感じられます
画像

画像

画像

画像


少し登ると展望台がありました
(展望台から見た伊部の街並み)
画像

画像

画像


伊部駅に向かう途中に天保窯と言う登り窯の跡が
残っていました(市指定文化財)

画像

画像

画像

画像


伊部駅より次は和気方面へ向かいます!

この記事へのコメント

  • y&m

    当然のお話ですが、昔の古い窯は山側に在ったんですね。破片の持ち帰り禁止と言うのは、今でも掘ればお宝の出る可能性か有るんですかね。(^^♪
    2019年05月25日 14:59
  • ポジティブオーラ

    y&mさん
    有難うございます。
    山の傾斜を上手に利用して窯を作っていた
    ようですね。
    周りを少し見まわしましたが、陶片等は
    分かりませんでしたが、かなり残って
    いるという話です。 所謂古備前となると
    破片でも値打ちがあるのでしょうか?
    多くの窯元をぶらぶら見て回ると
    面白いのですが、焼き物の値打ちが
    分からないので、神社参拝だけで
    直ぐに移動しました。
    ありがとうございました。
    2019年05月25日 16:02
  • tor

    先日私が訪問した天孫降臨の伝承地と
    瓊瓊杵尊眠る可愛山稜につながりました!
    新田神社の「西門守神社」のご祭神櫛磐間戸神と
    「東門守神社」のご祭神豊磐間戸神の父神が
    天太玉命らしいです。
    驚きました。
    2019年05月25日 19:05
  • ポジティブオーラ

    torさん
    いつも有難うございます。
    更に驚くことがありますよ。
    備前の後、和気から美作へと
    走りましたが、そこでお参りしたのが
    天石門別神社でした。
    山間にありますパワースポットですが、
    ここの御祭神は手力男命ですが、
    天石門別神が櫛石窓神・豊石窓神と
    言われています。
    ただその父神が天太玉命とは知りません
    でした。
    面白いですね!
    もう少ししたら、この天石門別神社
    も記事にします。そしてここでの
    不思議体験も書いてみたいと思い
    ますので楽しみにしていてください。
    ありがとうございました。
    2019年05月25日 19:52

この記事へのトラックバック