吉祥山多聞寺

神戸垂水の多聞寺は天台宗の古刹です。

貞観2年(860年)ごろ清和天皇の命で、天台宗の僧、
慈覚大師円仁(794年- 864年)によって開かれたと伝えられる

創建後120年で天災のため焼失し、花山天皇の命で
明観上人により再興された。

現在の本堂は正徳2年(1712年)に再建されたもの。

かっては、広大な寺領を持っていたことは、現在残る地名
からも伺うことができる。


私が参詣に訪れた時には、境内の整備工事が行われて
いました。



仁王門前の文殊堂(吉祥文殊)

  大聖福智円満文殊師利菩薩
  オンアラハシャナ

画像

画像

画像

画像


仁王門

画像

”誰だ!”
画像

”押忍!”
画像



仁王門をくぐるとカキツバタが咲いていました(弁天池)
画像

画像

画像

弁天堂
画像



地蔵菩薩像
画像

画像

画像



本堂

本尊は多聞天 【毘沙門天】
画像

画像

左方のお堂は阿弥陀堂です
画像



阿弥陀堂

画像

画像


宝篋印塔
画像


大黒天

  大福徳自在円満菩薩
  オンマカキャロヤソワカ
画像


御朱印
画像

毘沙門天の朱印にはムカデの印が押されています
(毘沙門天のお使い)


また、境内では、天台声明の声が流れていました。
その声は、天台僧の声明とグレゴリ聖歌とがコラボレーション
したもので、聞いていても心地よい響きがありました。

画像

画像


少し興味を持ちましたので、CDを買い求め、家ではBGM的な
聞き方で楽しんでいます。

私的な感想ですが、声明と聖歌の間に全く違和感なく、どこから
どこまでが声明で聖歌か区別がつかないようなところもあり、
大変気持ちよく聞くことが出来ています。


中の説明には次のようなことが書かれています。

音楽による宗教対話の試み
グレゴリオ聖歌と天台聲明のハーモニーと融合

 これは、グレゴリオ聖歌と天台聲明の奇跡の様な出会い、
キリスト教と仏教の音楽を通した目の覚めるような宗教対話の
試みです。
主役はチェコのプラハグレゴリオ聖歌隊と魚山流天台聲明研究会、
その遠く離れた二つの敬虔なグループが、永きにわたる交流を
経て、初めて生み出すことのできた、祈りと賛歌に満たされた
美しいシンフォニーです。
その聖歌と聲明の詠唱の声が、それぞれの個性を際立たせる
から、次第に溶け合い、深い瞑想と癒しの静謐へ引き入れていく
多層の響きは、それを聴く人々の心に比類ない感動を与えるに
違いありません。    (山折 哲雄)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 122

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • winga

    おはようございます。
    グレゴリオ聖歌と融合♪
    素敵。
    グレゴリオ一世さんが書き残しておいたので
    残っています。
    信者を増やすことで考え出され、のちに紙の発達と共に音符が出来て、より音の幅が広がり、メロディが複雑化します。
    讃美歌よりうんと前のグレゴリオ聖歌。
    単純なので人の心に残りやすい。
    美しいでしょ♪
    2019年05月05日 06:01
  • ポジティブオーラ

    wingaさん
    おはようございます。
    グレゴリオ聖歌の静けさが
    拡がり渡るような落ち着いた
    響きに、天台聲明の僧侶の詠唱
    が、これ程融合することに驚き
    ました。
    少々音量を上げて聞いていても
    気にならないぐらいで、癒されて
    います。
    wingaさんの言われるように、単純
    シンプルなのが、心の深い部分にまで
    染みわたるようですね!
    ありがとうございました。
    2019年05月05日 06:56
  • tor

    ムカデは毘沙門天のお使いですね。
    思い出すのは
    武田信玄の使番がムカデの旗指物を使っていたこと。
    毘沙門天の「毘」を旗印とする
    上杉謙信じゃないのですね。
    カキツバタが咲き5月ですね。
    2019年05月05日 19:53
  • ポジティブオーラ

    torさん
    有難うございます。
    毘沙門天さんは虎とムカデに
    繋がりがあるようですね。
    信貴山の朝護孫子寺には大きな
    張り子の虎に、ムカデの彫刻などが
    見られますね。
    ムカデの多くの足が混乱すること
    なく、前進することが武将の戦いに
    合致し、旗印にしたり兜飾りにも
    見られるようです。
    ムカデから色々な象徴的な道理を
    見出しているようですね!
    多聞寺のカキツバタも、もう少ししたら
    満開です!
    ありがとうございました。

    2019年05月05日 20:50
  • ミクミティ

    歴史ある多聞寺、様々な時代の像や建築があって見応えがありますね。更にカキツバタの鮮やかで綺麗なこと、惚れ惚れします。
    それにしても、天台声明とグレゴリ聖歌とのコラボですか。これには驚きました。どちらも荘厳な響きには変わりはないのかもしれませんね。
    2019年05月06日 13:51
  • ポジティブオーラ

    ミクミティさん
    有難うございます。
    多聞寺のカキツバタは神戸花名所
    の一つになっているそうで、当日も
    カメラを構えた人が沢山いました。
    もう少ししたら、池全体に花が咲く
    ようです。
    天台聲明とグレゴリオ聖歌のコラボ
    は、全然違和感がないですね!
    仏を讃え、神を賛美する敬虔な
    気持ちが東西でぴったり融合した
    ように思えます。
    大変気持ちよく、嫌な刺激もない
    のが聴き易いです!
    ありがとうございました。
    2019年05月06日 16:52

この記事へのトラックバック