平野 祇園神社

神戸市兵庫区の山手、有馬街道が市街地を離れて山に
入るところの高台に平野の祇園神社が鎮座しています。


この祇園神社を目指し、神戸駅から市営バスに乗り、平野
下車。

平野の有馬街道の交差点には、若かりし日の平清盛の像が
ありました。 京の都方面をさし示しているように思いました。
画像

画像


この下祗園町や上祇園町、更には雪の御所町という辺りは
夢野方面や有馬方面に向かう古道が通り、清盛の別荘が
あったところと言われています。
画像

画像


丁度、祥福禅寺の雲水が托鉢に出ていました
画像


賽神の松跡
 古道街道沿いにありました。
画像

画像

画像

賽神の松跡から祇園山(祇園神社)方面
画像


六道の辻
画像

画像


祇園神社
画像



祇園神社由緒
画像


  869年(貞観11年)、京で鴨川が氾濫し疫病が蔓延したとき、
行疫神として名高い素戔嗚尊を姫路の広峯神社より北白川
瓜生山の東光寺に勧請することとなった。

その時、広峯社の神輿が平野の地で一泊した地に社殿を建て、
分霊を崇め奉ったところが祇園神社創建の由来とされている。

素戔嗚尊は仏教で祇園精舎の守護神とされている牛頭天王と
同一視されたため、祇園神社はまた天王社とも呼ばれた。

広峯社から東光寺に勧請された牛頭天王の分霊は、のちに
八坂の地に遷宮され「祇園感神院」(現在の八坂神社)となった。

画像

画像

画像

画像

画像


平清盛と平野の祇園神社
画像


画像

画像

画像

本殿
画像

画像

画像



画像

画像

画像

画像


祇園神社境内から見る福原の都方面
画像




湊山温泉
画像

平安時代には存在し、すぐ近くにあった福原京の公家や平清盛
などの武士も入浴したと言う伝説も・・・
この湊山温泉と天王谷川を挟んだところに天王温泉がありました
が、15年ほど前に閉館していました。
この辺りの温泉は、清盛だけでなく豊臣秀吉も入浴したという
・・・話です


雪の御所旧跡(現在湊山小学校)
画像

画像

雪御所、雪見御所などともいわれる。

仁安3年(1168年)に出家した清盛は遁世生活に入り、福原に
別荘である雪見御所を構えて日宋貿易拡大の拠点とした。

『山槐記』治承4年11月21日(1180年12月9日)条に安徳天皇の
「本皇居」を「禅門(清盛)の家、雪御所の北なり」と記している。

明治時代に礎石や土器類が多数発掘され、旧・神戸市立湊山
小学校の校庭に「雪見御所旧跡」の碑が建てられている。

昭和53年(1978年)の小学校建て替えに伴う調査では
平氏時代と断定出来る遺物は発見されていない。
(ウイキペディアより引用)


嘉納治五郎の書碑(湊山小学校)
画像


天王谷川と石井川に挟まれた雪の御所町公園
ここで合流した川は湊川となります。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 107

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • toe

    若かりし平清盛像。覇気がありますね。
    全盛時の清盛の地ですね。
    こちらは平家の落人伝説の地が多いですね。
    そのうち紹介できればと思っています。
    2019年05月17日 19:37
  • ポジティブオーラ

    torさん
    ありがとうございます。
    若い清盛像は珍しいように
    思いますが、この清盛は凛々しくて
    夢にあふれている様でいいですね!
    神戸の夢野・平野・荒田という処は
    平氏の邸宅があったところですが、
    今は殆ど面影は残っていません。
    神戸から九州へ、は平家栄枯盛衰の
    夢の跡ですね。
    ありがとうございました。
    2019年05月17日 20:29
  • winga

    おはようございます。
    六道の辻に祇園……京の都のようですね。
    興味があります。
    神社周辺も散策の価値がありますよね。
    栄華を極めた平家。
    さぞや凄かったんだろうなぁと思います。
    スサノオ夫婦が仲良く祀られてますね。
    一願石に願いを込めに行きたいな。
    2019年05月18日 09:31
  • ポジティブオーラ

    wingaさん
    有難うございます。
    この辺りは有馬に向かう時に
    山道に入る入口になりますし、
    山沿いに東西に進む古道との
    交差点の様な所になります。
    こちらの祇園神社は、神戸では
    平野の”ゆかた祭り”と言われ、
    夏は多くの参拝者で賑わうところです。
    昔、神仏習合の時代には、スサノオ
    さんの本地仏の薬師堂があったそうです。
    夢野・平野・荒田・福原など平家の邸宅
    が建ち並んでいたそうですが、今は
    栄華の跡を探すことも難しいですね!
    ありがとうございました。
    2019年05月18日 10:01
  • y&m

    ここは京都祇園さんの所縁の土地ですか。興味深いのは"六道の辻"が古道でありながら、綺麗に六等分になっていることと、"古道街道"という名前が面白いですね。
    2019年05月19日 00:46
  • ポジティブオーラ

    y&mさん
    有難うございます。
    平野祇園神社の由緒では、京都で
    疫病が流行した際に、姫路の廣峯神社
    から牛頭天王を勧請。その時に
    この平野の地には、当時広峰神社と縁の
    書写山円教寺で修行された徳城坊阿闍梨
    が住んでおり、その案内で一泊された。
    地元の人々はその後もご神徳篤いのを
    感謝し、祠を作ったのが祇園神社の
    始まりとされています。
    ただ、八坂の祇園神社さんの見解は
    また違うようですが・・
    この辺りは旧有馬街道や古道街道はじめ
    中道古道・志摩の道などの名残が
    あり、ゆっくり探索すると面白そうですね!
    実は、30年程前、一年間ですが、この地区を
    営業で回っていました。その時は全然
    気に止めなかったのですが、あらためて
    見直してみると気付くことが多いですね!
    ありがとうございました。
    2019年05月19日 07:08

この記事へのトラックバック