荒田八幡神社 平頼盛邸跡

現在の神戸大学医学部附属病院と、有馬街道を挟んだ
西側に荒田八幡神社が鎮座しています。


今は、低くなった西側から見ると一段と高くなった場所
にあります狭い境内の神社ですが、当時は清盛の
異母弟、池の中納言と言われた平頼盛の山荘があった
ところと言われています。
画像


元は、近くにあります安徳天皇の菩提を弔う、宝地院と
いうお寺の境内にあった八幡社を明治31年、神仏混交を
さけてこの地で熊野権現を祀っていた高田神社と合祀し
荒田八幡神社としたということです。


宝地院
画像

              

平家滅亡から約百年後の弘安2年(1279年)に、安徳天皇
の御菩提を弔うため智鏡を開基に創建されています。


荒田八幡神社
画像

画像

画像

福原遷都八百年記念碑

1180(治承4)年6月3日に三種の神器と文武百官を
従えて福原の地に着いた安徳天皇は、まず、この付近に
山荘を構えていた、平頼盛公の屋敷を行在所(皇居)と
します。

・・といっても安徳天皇が荒田の地にいたのは1日だけで、
翌日には「雪の御所」と呼ばれる平清盛公の邸宅に移り、
入れかわりに高倉上皇がこの荒田の平頼盛邸に居を移して
います。
画像

安徳天皇行在所跡碑
画像

高田稲荷社
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 101

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tor

    さすが平家に関係する神社や遺跡が多いですね。
    探求心をくすぐります。
    こちらには神社ではないのですが
    内大臣峡という渓谷があります。
    小松内大臣こと平重盛との関係がと思っています。
    平家の落人が隠れ住んだとの伝説も残っていますよ。
    2019年05月19日 19:04
  • ポジティブオーラ

    torさん
    有難うございます。
    今日のニュースで、京都の六波羅で
    平氏一門の館跡が初めて発掘された
    ということでした。
    京都・神戸・九州の平家史跡は
    寂しさが付きまとうようですね。
    この荒田神社東の神戸大学医学部附属病院
    の敷地には荒田遺跡とよばれる、平家の
    館跡と思われる遺跡が見つかって
    います。全てが夢の跡ですね!
    ありがとうございました。
    2019年05月19日 20:29
  • y&m

    おはようございます。ポジティブオーラさんの記事、いつも興味深く拝見しています。私、この平安末期の約50年、お恥ずかしいですが、こちらの記事を読むまで良く知りませんでした(^^;。神戸方面が所縁の地を紹介される度に地図と見比べて楽しんでいます。(^^♪しかし平清盛、僅か50年程度で歴史に残したものは大きいですよねぇ。
    2019年05月20日 10:31
  • ポジティブオーラ

    y&mさん
    有難うございます。
    私も余り知らないのですが、ブログ
    記事を書くときに、最低限のことを
    検索しています。
    ただ神戸でも平家の史跡伝承は
    残っていますが、考古学的に実証
    されたところは少ないようですね。
    この時代の平氏の栄枯盛衰は現地に
    立ちますと、ロマンより悲哀感を
    強く感じます。
    私も地図などで下調べなどして行けば
    良いのですが、膝の痛みで距離を
    歩けないので、歩ける範囲で済ませている
    為に、いつも記事が中途半端で申し訳
    なく思っています。
    ありがとうございました。
    2019年05月20日 12:39

この記事へのトラックバック