須磨寺夜音  音楽法要祭2019

須磨寺恒例の夜の声明・太鼓法要『夜音』が行われて いましたので見てきました。 朝の天気予報では、京阪神は午後から雨・・・というような 話で心配でしたが、無事雨も降らずに行われました。 昨年も記事にしていますが、昨年までの本堂前での法要と 変わり、三重塔前での法要になっていましたが、今年の 人出は昨年よりかなり多い様に思いました。 2時間ほど、ずっと立ち見で膝がガチガチになり 歩くのも痛く難儀しながら帰宅しましたが楽しめました。 真言宗と天台宗の僧侶による合同法要 本堂前で般若心経を唱える 散華 声明法要(天台声明兵庫社会奉仕会と真言宗須磨寺僧侶) 夜音 特別音楽法要 神紗(shinsha)  奈良生駒の神社のお祭りで、導かれるように演奏したことが  始まり。 2011年4月、那智大社でのご奉納演武をきっかけに  【神紗】と命名。  大阪・京都・奈良・和歌山の神社、仏閣での、ご奉納演奏を  中心に活動し、神仏への感謝、自然への畏敬の想いを胸に、  芸能者として神仏のご加護のもとに精進の日を送る。  (チラシより) こちらが、2017年の夜音の様子です↓(動画引用) https://search.yahoo.co.jp/video/search;_ylt=A2RCL6tQ5Y9duh4Avx.HrPN7?p=%E9%A0%8…

続きを読む

QRコード詐欺に注意!!!!!

次のような記事を見ましたので、注意の為・・・ 週刊エコノミスト Onlineキャッシュレス大混乱より引用です! 「QRコード詐欺」にご用心 簡単な手口で多発する被害=村田晋一郎/加藤結花 https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20191001/se1/00m/020/048000c -------------------------  スマートフォン(スマホ)のアプリを立ち上げるだけで、店頭で決済ができる QRコード決済(スマホ決済)。 スマホが生活の一部となってきた現在、手軽な決済手段として、大きな注目を集めている。 しかし、その便利さゆえに脆弱(ぜいじゃく)性も併せ持っている。・・・

続きを読む

情報操作時代

最近は毎日の様に【あおり運転】の記事やニュースを目にすることが 多くなりました。 私は、ニュースになるような酷いあおり運転の被害は幸い今のところ まだありませんが、それに近いような感じを受けることは時々ですが 体験しています。 そういうあおり運転を減らし、被害を客観化するためにもドライブレコーダー が大活躍しています。 ただ最近は、こう云う状況を面白がり、ドラレコの動画を編集カットして あおりらしく見える動画を作り投稿したり、また、わざとゆっくりと走り、 進路を妨害するようにして、【あおらせる】という行為で動画を撮る 【あおらせ屋】と云う連中まで出ているようです。 ・・・そのようなことが行われていることを知り、被害に会わないように 注意して欲しいのですが・・・今日の読売新聞社説の中では・・・ 情報操作に踊らされぬ対策を  という記事が書かれて いましたので、少し引用紹介したいと思います。 内容は  偽動画の拡大 という話です ・・・・・・ インターネット上で人工知能(AI)を悪用した偽の動画が広がり つつある。 情報の発信源、内容の信頼性など、日頃から意識して 利用することが大切だ。 米下院のナンシー・ペロン議長が酒に酔った様子で講演する動画が 5月、ネット上で広がった。  映像の速度を遅くしたもので 投稿者不明で、中傷目的と見られ、300万回以上視聴された。  近年、AIの学習機能を使い、別人の口元や表情の動き…

続きを読む

第9回2000人ギターIN須磨寺

今年で 9 回目になるという、2000人ギターの会が神戸の須磨寺で 行われました。 昨年にも、記事にしていますが今年の様子を紹介します。 東北大震災で津波被害を受けた気仙沼の子供たちに 【歌声のエールと楽器を贈ろう】 という趣旨で毎年行われています。 今年で第9回目、来年が10年目で一区切を目指しているそうです。 この日、午後4時から、須磨寺本堂前に、手に手に好きな楽器を持った 参加者が集まり、須磨のしんごお兄さんがリードしてリハーサルから 始まりました。 気仙沼へ皆でエールを送る 須磨のしんご兄さん 楽器を鳴らし歌を歌います 皆さん思い思いの楽器を持って来ています この日は、何時ものように“”みちのくプロレス“”の方々が応援に来られて いましたが、横浜からも一般の参加者が来られていました。 【今迄の募金で寄贈した実績はこちら】 ☆彡 2011/12/1 ➡宮城県石巻市へ ・宮城県石巻市立大川中学校 全校生39名に弾き語りをレクチャー  ギター10本を寄贈 ・宮城県石巻市立鳴瀬第2中学校へギター10本を寄贈 ☆彡 2012/2/20 ➡福島県福島市へ ・福島市立蓬莱中学校 2年生30名に弾き語りをレクチャー 20本を寄贈 ・福島市立西信中学校 ギター5本を寄贈 ・福島市立松陵中学校 ギター5本を寄贈 ☆彡 2013/7/12 ➡福島県南相馬市へ …

続きを読む

嘉納治五郎と御影公会堂

世界柔道選手権大会も終わりましたが、普段あまり見ない柔道の試合を 今回は面白く見ていました。 道着の取り合いのやり取りが多く、直ぐに指導が出るのも頂けない のは昔と同じ。しかし日本人選手の厚い胸板に鍛えられた腹筋に 逞しさを感じましたが,それ以上に手足が長くパワーのある外人選手 には侮れない力を感じました。 国を背負って闘っている意識が強い選手ばかりの為か、勝って 喜ぶのは当然ですが、負けて畳に伏せたまま男泣きする日本選手 の姿には感動を覚えました! それで、柔道つながりで、嘉納治五郎さんの資料コーナーがある 御影公会堂へ行って来ました。 そこで嘉納治五郎さんが御影の生まれだということを初めて知り ました。 阪神電車の石屋川駅で下車し、石屋川に沿って山側に5分ほど 歩くと2号線の交差点角に、やや古風なビルがありますが、ここが 御影公会堂です。 この公会堂は野坂昭如氏の『火垂るの墓』の中でも描かれている 事でもよく知られていますが、昭和8年に、白鶴酒造7代目の 嘉納治兵衛などの寄付で建てられています。 石屋川 徳川道の起点 御影公会堂外観 入口 内部 嘉納治兵衛翁  白鶴酒造7代目 公会堂建設に尽力 嘉納治五郎  嘉納治五郎は、御影村浜東の出身。  御影の名士、嘉納一族の出身。  10歳ごろまで御影で過ごし,その後父親の仕事で上京。  東京大学を卒業。 …

続きを読む