須磨の綱敷天満宮・諏訪神社

須磨の砂浜を一の谷から歩き、散歩の仕上げは綱敷天満宮を参拝しました。

この綱敷天満宮については、今までも何度か書いていますが、今回は梅の花も無く、
参拝者もいなくて静かな境内でした。

国道2号線側から見た、須磨綱敷天満宮境内

IMG_4160.JPG
IMG_4161.JPG

綱敷天満宮由緒

IMG_4162.JPG

学問の神様、菅原道真公を祀る須磨の天神様

道真公は九州太宰府に左遷された際、須磨の浦で波が高くなり航海を中断されました。
その時、漁師達が網の大綱で円座を作り、お休みになられた事にちなんで創建された
のが綱敷天満宮です。


天神様と蓮

IMG_4163.JPG



北海道の名付け親

「北海道」名付けの親である松浦武四郎さんが納めた宝鏡があります。
二十五霊社とは「北海道」を命名した松浦武四郎の定めた天神社25社を指します。

IMG_4165.JPG

IMG_4164.JPG

手水舎(コロナ対策で柄杓を置いていません)

IMG_4168.JPG

良縁・夫婦円満の木

IMG_4166.JPG
IMG_4167.JPG

影向松
IMG_4223.JPG
IMG_4224.JPG

拝殿

IMG_4169.JPG
IMG_4179.JPG

狛犬

IMG_4189.JPG
IMG_4190.JPG

この綱敷さんの境内には、縁起もんが沢山ありますが、神社さんの頑張りのあらわれだと
思います。
そして、その一つ一つに丁寧な説明が添えられています。


綱敷(円座)

IMG_4174.JPG
IMG_4175.JPG
綱敷の円座
道真公がお休みになられたとされる漁網の円座を模した縁起物


「なす」のこしかけ

IMG_4170.JPG
IMG_4171.JPG
願いをかなえる「なすの腰かけ」

何でも願いが叶うというなすの腰掛け 「なす」の花は一つの無駄もなく実を結び
また「成す」と語呂が同じ処より努力はむくわれ願いが叶えられるという縁起を
ふくみます。 願いを込めて「なす」に腰かければどんな願いも叶えられます。


思うツボ

IMG_4172.JPG
IMG_4173.JPG
回して願う「思うつぼ」

境内には、5つの「おもうつぼ(壷)」-があります。
それぞれの壷に、「願い玉」を回して(入れて)、願いを祈ります。
願い玉は境内授与所にございます(700円)この願い玉は、何度も繰り返し使えます。
回して願う「思うつぼ」



波乗り祈願

IMG_4181.JPG
IMG_4187.JPG
IMG_4188.JPG
IMG_4182.JPG
IMG_4219.JPG
~波乗り祈願像~
「波乗り祈願」とは、成功を収めるために、うまく時流の波に乗ることを祈願する
ものです。
決して自分本位な行動をとるのではなく、時を読み、流れに逆らわず、自らの平衡
感覚によって状況に適応していくことが、人間が生きていく上で大切だと思います。
綱敷天満宮の近くには、古くから風光明媚な景勝地として親しまれている須磨の浦が
あります。
今も、夏になれば、須磨海岸には、多くの若者や家族が訪れ、賑わいます。
この像は、時代の荒波に乗り、一人でも多くの方々が幸せになることを願い、須磨の
海でサーフボードを抱える幼少時代の菅原道真公をモチーフに制作、建立しました。


厄神社

IMG_4184.JPG

厄神社と本殿

IMG_4185.JPG
IMG_4221.JPG

境内の様子

IMG_4178.JPG
(広瀬宰平の灯篭)
IMG_4191.JPG
IMG_4192.JPG
IMG_4193.JPG

IMG_4195.JPG
IMG_4194.JPG
IMG_4196.JPG
道真公の母親像
IMG_4197.JPG
IMG_4198.JPG
IMG_4199.JPG

菅公母子像 (菅原道真公の母君に抱かれる像)

父は菅原是善(これよし)、菅原道真公の母は伴(とも)氏(名は不詳)。
菅原氏は、道真公の祖父清公(きよきみ)のとき土師(はじ)氏より氏を改め、
祖父と父は文章博士を務めた学者の家系でした。
母方の伴氏は、家系には大伴旅人、大伴家持ら高名な歌人がいる。


道真公五歳像
IMG_4201.JPG
IMG_4202.JPG
IMG_4203.JPG
IMG_4200.JPG
5歳の菅原道真公

菅原道真公は清公(きよきみ)公、是善(これよし)公と続く文章博士(もんじょうはかせ)
の家系に生まれました。母は、少納言伴(大伴)氏の出身です。
道真公の幼名は、「阿呼(あこ)」。

5才の時、庭に咲く紅梅を見てその花びらで自分の頬を飾りたいと、
『美しや紅の色なる梅の花あこが顔にもつけたくぞある』と歌い、11歳(斉衡2年/855年)には、
初めて漢詩を詠み、神童と称されました。


・・・・・はあぁぁ~つかれました。 お疲れついでに 綱敷天満宮公式ブログも
どうぞ・・・・https://ameblo.jp/sumanotenjinsama/


さっぱりとしたのがお好きな方向けに、須磨の諏訪神社をどうぞ!

IMG_4204.JPG
IMG_4205.JPG
IMG_4206.JPG
創建時期については詳しいことは分かりませんが、一説には綱敷天満宮が
創建されるよりも以前から須磨の地で祀られていたといわれています。
「須磨」という地名は、摂津国の西端に位置する「隅(すみ)」の土地だ
ということから「スミ」が訛って「スマ」となったという説、
「住み良い土地」という意味の「栖間(すみま)」が訛ったものという説などが
有力ですが、諏訪神社の「スワ」が訛ったものだという説もあります。
そう考えると、かなり古くから「諏訪」の名を持つ神社が祀られていた可能性が
考えられます。

東向きに建てられた社殿にちなんで「東向明神」とも呼ばれていた諏訪神社は、
西須磨地域で古くから勢力を伸ばしていた名家である前田家・頼広家・友好家・
貴答家・岡本家の5家によって奉祀され、守られてきました。
また、長田神社が「漁」の守護神とされているのに対して諏訪神社は「狩」の
守護神として人々の厚い崇敬を集めていたといい、「狩」の神に捧げる祭祀として、
11月8日には猪狩の神事が執り行われ、猪肉を食べる習慣があったそうです。

(「神戸の空の下で」記事より引用)
IMG_4207.JPG
IMG_4208.JPG
少しはスッキリされましたか!?   では、またお会いしましょうね!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 108

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tor

    外出自粛は解除となりましたが
    梅雨の時期が近づいてきましたね。
    つかの間の晴れ間を私もしっかりと楽しんでいます。
    最近は神社も独自の特色を出してきましたね。
    たくさんご利益がいただけるような気分になります。
    神社の歴史や由緒にふれながらの散歩。
    羨ましいです。
    そうそう
    ちょっと胴長の狛犬に惹かれました。
    2020年06月02日 19:28
  • ポジティブオーラ

    torさん
     いつもありがとうございます。
     間もなく梅雨入りしそうですが、最近は
     どこで大雨が降るか分からないだけに心配
     です。
     神社も工夫した縁起物?が増えましたね!
     多くは業者からの企画物が多いようですが、
     神社に親しむのに良いかも知れないと思って
     見ています。 でも、ここは多いです。
     朱印の種類も多いようです。
     こちらの獅子も狛犬も小顔で胴長ですが、
     トラのような雰囲気がありますね!
     ありがとうございました。
    2020年06月02日 20:21
  • yoppy702

    静かな参拝は一番です。(^^)
    道真公は、大宰府へは航路やったんですね。
    陸路やと思ってました。(^^ゞ

    「天神様と蓮」、悲しい物語ですね。
    看病の事や、その時の身長、年齢…
    その上、相次いで、その弟まで亡くすなんて…

    この境内には、色々と楽しめる(?)内容があるんですね。
    まるで、須磨寺みたいや。(^^ゞ
    駄洒落的なのもありますけど、そういうのも、なんかホッとして、受け入れてしまいそうです。(^^ゞ
    「思うツボ」…うまく考えたなぁ。(^^ゞ
    「波乗り祈願」も、須磨だけに、くすぐりますね。(^^ゞ
    三重塔の前の…これは?
    うそ鳥116体の…パワースポットですか?
    なんか面白そう。(^^ゞ
    五歳の道真公、聡明なお顔をされてますね。
    レポ、お疲れ様でした。(^^)
    2020年06月03日 01:05
  • ポジティブオーラ

    yoppy702さん
     いつもありがとうございます。
     天神さんはやはり梅の季節に参拝者が
     増えますね。 今は静かで良い時期ですが
     縁起物が多い神社です。
     「うそ鳥」は一年間の災いを全てウソに変えて
     くれるそうですよ!
     各地に天神さんをお祀りする神社は沢山
     ありますが、こちらほど縁起物の多いところは
     無いでしょうね。五歳の官公さんはどのように
     思っているのか気になるところです。
     ありがとうございました。
    2020年06月03日 06:43
  • トトパパ

    こんにちは

    綱敷天満宮ですか。
    知りませんでした。
    立派なところですね。
    いい感じですね。
    今度行ってみたいです。
    2020年06月03日 08:55
  • ポジティブオーラ

    トトパパさん
     いつもありがとうございます。
     須磨の綱敷天満宮の近くには水族園もあり、
     単車で来られている人の姿も見受けられますが、
     綱敷天満宮や須磨寺にお詣りされる方は
     少ないようです。 外出自粛も解除されました。
     機会が有りましたらぜひお詣り下さい!
     ありがとうございました。
    2020年06月03日 10:03
  • yasuhiko

    須磨の天神さん、梅の花の季節を外せば、
    こんなに人が少ないんですね。
    それにしても、柄杓のない手水舎の風景には
    驚きました。考えてみれば当たり前の話で、
    柄杓があったらそれこそ問題でしょうが、
    やっぱり、慣れない風景だなぁという印象です。
    神童と呼ばれた道真公が今の世に蘇ったら、
    こんな時にどんな手腕を発揮されるんでしょうか。
    2020年06月03日 20:49
  • ゴンマック

    こんばんは。
    沢山紹介して頂き、ありがとうございました。
    なすのこしかけ、腰をかけて願い事叶えて
    もらいたいですね。
    道真公、神童だったのですね。
    「東風吹かば匂いおこせよ~」の句はあまりにも有名。
    切なくもありますね。
    2020年06月04日 01:07
  • ポジティブオーラ

    yasuhikoさん
     いつもありがとうございます。
     須磨の天神さん、普段は参拝者も少なく
     静かですね! 今の時期、コロナ対策として
     どちらの社寺でも柄杓を置いていないように
     思います。 場合によれば鈴も鳴らさないように
     しているところも見られます。
     道真公ならどのような対策を取っている
     のかと考えるのも面白いですね!
     ありがとうございました。
    2020年06月04日 06:22
  • ポジティブオーラ

    ゴンマックさん
     おはようございます!
     いつもありがとうございます。
     この綱敷天満宮さんは、縁起物が多いところ
     です。 ナスの腰掛なども、”事を成す”に
     かけて腰を下ろすと、また気持ちが切り替わる
     効能があるかも知れません。
     道真公がおられたら、今の時代をどう対応
     するのか知りたいですね。
     ありがとうございました。
    2020年06月04日 06:36
  • てくてく

    網敷天満宮さん、立派なお宮さんですね。
    狛犬くん、顔小さいですね。八頭身狛犬。^O^
    ナスがあったり、思うつぼがあったり、波乗り祈願あったり、楽しいですね。
    三重塔前、カラスくんですか?
    エッ、あなたの不幸がうそになる!・・・お詣りに行かなくっちゃ。
    菅公さんの像あり、歌碑あり、楽しくお詣りできる、お宮さんですねぇ。^_^
    2020年06月04日 15:20
  • ポジティブオーラ

    てくてくさん
     いつもありがとうございます。
     須磨の綱敷さんは、整備された立派なお宮さん
     ですね!狛犬さんは全体の雰囲気は虎のように
     感じますが、顔が小さいです。
     縁起物が沢山ありますが、最近「ウソ」が
     加わりました。
     以前から「ウソ替え神事」というのがあった
     ようですが、また次回の記事にでも出来れば 
     と思っています。
     ありがとうございました。
    2020年06月04日 16:21
  • y&m

    「北海道」名付けの親、松浦武四郎氏の
    名前は知りませんでした。
    菅原道真公とサーフボートの結び付けは
    ちょっとビックリでしたね(笑)。
    2020年06月06日 21:32
  • ポジティブオーラ

    y&mさん
     いつもありがとうございます。
     松浦武四郎氏は天神信仰も熱心で、各地を
     歴遊して、各地の天満宮に鏡を奉納した
     そうです。
     須磨の海では、ウインドサーフィンを
     している人が多いことから作られたもの
     だと思います。
     人生の波を乗り越えるという意味があるようです。
     また西参道は波乗り坂と言っています。
     ありがとうございました。
     
    2020年06月07日 06:32