祈りの復興支援~写経で被災地に笑顔を届ける

令和二年豪雨で、熊本、福岡、岐阜、など多くの地域で川が氾濫するなどして 大変多くの家屋への被害だけでなく、亡くなられた方も多くおられます。 私の知人も大牟田市で家屋が床上浸水に見舞われて、車をはじめ、多くの家具 家財が使えなくなり、今もまだ不便な生活を堪えているという状況だそうです。 その様な中で、神戸の須磨寺副住職の小池陽人氏が中心となり、神戸の真言宗寺院 四ヶ寺が協力し、     写経勧進により、特別御朱印授与。     写経奉納料を被災地に支援金として送る 運動をされていましたので、早速協力させていただきました、、(詳しくは下記に) 祈りの写経プロジェクト~写経で被災地に笑顔を~ 豪雨災害:人々の祈りの心を被災地へ届けるプロジェクト 笑顔プロジェクト絵はがきと特別朱印 お寺ができる息の長い被災地支援とは何か?新型コロナの影響もあり、被災地に 行って直接の支援が思うようにできない中で、お寺でできる被災地支援とは何か? 写経勧進による、特別ご朱印の授与。写経奉納料を被災地に支援金として送ります。 写経の功徳により、心の安寧を得る。奉納されたお寺で復興への祈りを重ねる。 奉納料は支援金として被災地の支援に繋がる。このような、施しの循環をお寺から 作り上げていきたいと思います。 合 掌 今回のプロジェクトの流れ 皆様に、被災地復興の祈りを込めて写経をしていただき、お寺に奉納(郵送)  していただく。…

続きを読む