鏡作神社

奈良、近鉄橿原線の田原本町近辺を散策しながらの神社巡りを楽しみ ました。(最近ではなく4年前のはなしですが・・・) あまり宛てもなく降りた駅でしたが、駅前の「観光ステーション」で地図を もらい、鏡作神社と唐古・鍵遺跡方面を目指して歩き始めました。 この田原本町は駅前の寺内町という、江戸時代の古い街並みが有名な ようなのですが、今回は先を急いで、まず鏡作神社へ参拝です。 この辺りには、色々な鏡作神社があります。    鏡作坐天照御魂神社 (八尾)    石見の鏡作神社 (三宅町石見) 御祭神 石凝姥命    鏡作伊多神社 (宮古) 御祭神 石凝姥命(伊多神・天香山神)    鏡作伊多神社 (保津) 御祭神 石凝姥命    鏡作麻気神社 (小坂) 御祭神 天糠戸命(天麻比止都命) この辺りは古代の鏡作部の本拠地であり、分業体制で鏡を作っていたものと 思われます。 それぞれの分野が神社の名前から読み取れます。    伊多神社は鏡を製造する過程で、金属を板状にする作業を表す、とか           鋳造する作業を表すとか考えられています    麻気神社は鏡を磨く作業 それらを統括していたのが 鏡作坐天照国照御魂神社。 鏡作坐天照御魂神社 シンプルで広い境内が気持ち良いです 鏡石 鏡池 神鏡 倭名抄」鏡作郷の地に鎮座する式内の古社である。 第10…

続きを読む