老化と母指CM関節症

今迄も、加齢による体の不調については色々と気になっていたの
ですが、今回は左手の親指付け根が痛み出し、何かと不自由な
状態になりました!
画像


昨年ごろより、左手手首付近にガングリオンという状態があり、
二度ほど注射器で吸い出す処置を受けましたが、そちらは
別段に何の痛みもなかったのですが、今回の親指付根の
痛みは、モノを掴む時や、指の曲げ伸ばし時にも痛みがあり、
大変不自由に感じています。

何もしない場合でも親指付根付近が痺れている様な感覚が
あり、力も入らない様に思います。


この様な症状を調べて見ると、CM関節症という症状のようで、
そこには、次のように書かれていました。


 【母指の手前の甲の骨(第1中手骨)と手首の小さい骨
(大菱形骨)の間の関節(第1手根中手骨関節:CM関節)は、
母指が他の指と向き合ってつまみ動作ができるように大きな
動きのある関節です。
その分使い過ぎや老化に伴って、関節軟骨の摩耗が起き易く、
進行すると関節が腫れ、亜脱臼してきて母指が変形してきます。】


老化と使い過ぎが原因のようですが・・・このような我が身に
押し寄せる老化現象については、その軽重は違えども沢山
思い当たることが増え続けている様なこの頃ですが、それだけに
アンチエイジングなどにも関心があるとこころです。


また、自分なりに実行出来る事を試しながら、老化と向き合って
行きたいと思っていますし、少しでも効果を感じるような防止策
があれば、記事にもしていきたいと思いました!

"老化と母指CM関節症" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: