岡寺 悪疫悉除祈祷札 鍾馗様

東光山真珠院龍蓋寺(岡寺)は、飛鳥の地で古代から多くの人々の信仰を集めています。

こちらのお寺は、人々を苦しめる悪龍を、義淵さんが封じ込めたという伝説と
塑像の大きな如意輪観音さんが有名です。

西国七番の札所で『厄除観音』と言われています。

関西近郊の方はお詣りされたこともあるのではないでしょうか。


今回、新型コロナウイルスの流行に対して、

【南無大慈大悲観世音菩薩 新型肺炎感染早期終息祈願】

の願いを込めて

   『鍾馗様の 悪疫悉除祈祷札』


を配布されていましたので紹介させていただきます。


岡寺さんに申し出ますと、この「悪疫悉除祈祷札」を無料送付していただけます!

IMG_4353.JPG
IMG_4348.JPG

鍾馗様は

鍾馗の縁起については諸説あるが、もともとは中国の唐代に実在した人物だとする
以下の説話が流布している。

ある時、唐の6代皇帝玄宗が瘧(おこり、マラリア)にかかり床に伏せた。

玄宗は高熱のなかで夢を見る。宮廷内で小鬼が悪戯をしてまわるが、どこから
ともなく大鬼が現れて、小鬼を難なく捕らえて食べてしまう。

玄宗が大鬼に正体を尋ねると、

「自分は終南県出身の鍾馗。武徳年間(618年-626年)に官吏になるため科挙を
受験したが落第し、そのことを恥じて宮中で自殺した。
だが高祖皇帝は自分を手厚く葬ってくれたので、その恩に報いるためにやってきた」
と告げた。

夢から覚めた玄宗は、病気が治っていることに気付く。

感じ入った玄宗は著名な画家の呉道玄に命じ、鍾馗の絵姿を描かせた。

その絵は、玄宗が夢で見たそのままの姿だった。

玄宗の時代から臣下は鍾馗図を除夜に下賜され、邪気除けとして新年に鍾馗図を門に
貼る風習が行われていた記録がある。

宋代になると年末の大儺にも貼られるようになり、17世紀の明代末期から清代初期に
なると端午の節句に厄除けとして鍾馗図を家々に飾る風習が生まれた。(ウキペディア)


鍾馗が玄宗皇帝の夢に現れ病が治ったことから、鍾馗図は悪疫除けとして
祀られるようになり『悪疫除け』『厄除け』『魔除け』として日本に伝わっています。

岡寺ではこの『鍾馗の版木』および『悪疫除け祈祷札の版木』が江戸時代より
残されており、病が流行した時などに授与されておりました。

この度の新型肺炎感染症流行を受けて早期無事終息を祈念し、この版木を使い
悪疫除け祈祷札を復刻しました。

どうぞ、お家の玄関先の固定された所に表札のようにお貼り下さい。
玄関先に貼るのが難しければ、仏壇や神棚に納めていただく、または、お部屋の
北側か西側の柱や棚を綺麗にしてそこにお貼り下さい!

                     令和2年3月吉日 西国七番 岡寺

"岡寺 悪疫悉除祈祷札 鍾馗様" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: