一年の心のモヤモヤ大掃除 箒の宮

今年一年もあと3日! 10月に母親を見送るまで、母親の病院へお見舞いに行くという ことを励みにしていたところがありました。 今は、まだ気持ちの切り替えが出来ていないところもありますが、 忌明けの想いと、新しい年を迎える準備を兼ねて神戸の神社を 巡って来ました。 まずは、JR六甲道から東に歩き、【箒の宮 徳井神社】へ! 箒の宮 徳井神社は旧社名は応神天皇社と言い、御祭神は 応神天皇です。 こちらの神社は、全国でも珍しい『箒の宮』と呼ばれ、安産祈願 に御利益があるそうです。 神功皇后さんの故事に依るところがあるそうですが、私自身は 伊勢内宮の【ヤノハハキノ神】との繋がりを勝手に思い、一年の ココロのクモリを祓い浄めて頂く想いを抱いて参拝して来ました。 ////・・【ヤノハハキオオカミ・私はゼロ磁場化しました!           感謝します。感謝します。感謝します】・・//// この珍しい箒で安産の祈願をするというお宮さんですが、箒で 赤ちゃんを掃き出すということより、 【ホウキ→ハハキ→母木=生命を産む→妊婦と赤ん坊を守る】 と言う信仰と、神功皇后が応神天皇を出産する時の鎮魂石伝説とが 複合した話ではないかと思いました。 ・・ところが、同じ様にホウキ➡ハハキという繋がりで、余り知られていない ハハキノオオカミ(矢乃波波木神)が内宮の一隅にお祀りされています。 そのお役目は、天照大神の坐します土地を浄…

続きを読む

カエル公園

先日の神戸新聞の記事を見ていましたら、須磨区の天井川公園の 事が書かれていました。 記事は、『推定50歳?神戸の巨大「カエル」滑り台、老朽化で撤去』 という表題が書かれています。 その内容は、須磨区の天井川公園は、また「カエル公園」と呼ばれて いる。 それは、大きなカエルの滑り台があるためで、永年地元の 子供達に愛されて来たが、老朽化と安全上の理由から来年1月に撤去 され、2代目にリニューアルされることが決まった。 この巨大カエルは、体長4メートル、高さ2.・6メ―トル。 1969年開通の阪神高速3号線の若宮ー月見山間の高架下の公園に 設置されている。 全国の公園遊具を撮影する写真家の木藤富士夫さん(東京杉並区)に よると、カエルの滑り台は全国的にも珍しいという。 木藤さんはこのカエルが近く撤去されると聞き、11月上旬に現地に 訪れて撮影。 「階段ではなく、イボイボを登るという発想が凄い。 コンクリート製 遊具は団地ブームと同時期に完成したものが多く、職人が現地で型から 手掛けており、遊具と言うよりアート作品」と話している。 ・・・以上、神戸新聞より抜粋・・・ で、ちょいと興味が湧き、早速見に行ってきました。 わざわざ東京から写真を撮りに来る人もいるという事実を思いながら、 私も少し写真を撮りました。 公園は天井川の西側にあり、上を阪神高速が通っており、高架下で 日当たりは…

続きを読む

認られる喜び!(承認のパワー)

今から丁度8年前に記事にしたのですが、今回、再確認のきっかけを ヒゲ爺さんから与えて頂き、改めてショートフィルムを見直しました。 すっかり忘れていましたが、改めて見直しますと、やはり考えさせられる 話でしたので、再度紹介したいと思いました。 ////・・・・(以下が8年前の記事です) Validation(承認)という、16分間のショートフィルム。 全米各地の映画祭で8冠を獲得した作品だそうです。 http://www.youtube.com/watch?v=IIBzU9V_p8w 私も見ていると、じんわりと泪が出てきました。 人間という字のとおり、人は人とのつながりの中で生きている のだなと思います。 全ての人が、本当は自分の存在、価値、行動、判断などなどを 他の人から認めてもらいたい、そしてそのことが生きる希望になるの ですね。 いろいろな事を考えさせてもらえた短編映画でした。 ・・・(追記)・・・  今回、このような体験について私自身の過去体験を振り返りました。  そうすると、今から60年以上以前の小学校時代の教室が思い浮かび  ました。  それは、今となってはどんな授業で、先生や友達が誰であったかも  わすれましたが、道徳とかホームルームでのことのように思います。  教室の中で、一人ひとりが順番に立ち上がり、その子に向かい、他の  クラスメートたちが、その立っている一人…

続きを読む

離宮公園の紅葉

別段遠くに出掛けるまでもなく、また遠出するお金も体力もない 高齢者でも近場で紅葉を楽しむことが出来ました。 須磨寺で曼荼羅アートを少し見た後、須磨離宮公園までフラフラと 歩き、あまり期待せずに紅葉を探しに行ってきました。 秋晴れの日曜でしたが、人出も特に多くなく、ゆっくり写真を撮り ながら、今年の紅葉を見て歩きました。 人気の観光地も良いのですが近くでも充分満足できる紅葉ではなかったかな という思いで帰宅しました。 須磨寺 曼荼羅アート 須磨離宮公園の紅葉 バラ科 十月桜

続きを読む

須磨寺 火生三昧

今年で10回目になるそうですが、須磨寺の秋に恒例となっています 火渡り修業が、この11月23日に行われました。 私は、見物しながら写真を撮るだけですが、多くの善男善女が火渡りを 真剣な面持ちで参加していました。 毎年ブログに挙げていますので似たような写真ばかりになりますが 紹介します。 今年は、五重塔前の紅葉の色付きもまだ少なかったのですが、秋晴れの 好天、無風で柴燈護摩にはおあつらえ向きの天気で多くの火渡り参加者 と共にそれ以上に多くの見物客が来ていました。 チョット写真いつもより多めですが、雰囲気を感じて下さい! 須磨寺風景 (鯖大師 貞照寺) 元々は一の谷にあったお寺ですが、震災で被害を受けたために 須磨寺内に移転しています。 (源平の庭) 柴燈護摩   (先ず本堂ご本尊へご挨拶) (行者入場) 結界の縄を切って入場します (須磨寺管長入場) (行者作法) (火入れ) (梵天浄め) (管長・護摩作法) (柴燈護摩の火)  火炎の形がシバ神が踊っている様です (火生三昧火床調べ) (火渡り行) (湯加持作法) (信者火渡り行)  稚児行者も挑戦 …

続きを読む

西宮 酒蔵通り お散歩

阪神電車の西宮駅から浜手方面へ向かうと、かっては公害道路と言われていた 国道43号線があり、今も多くの車が行きかっています。 この国道43号線から西宮浜にかけての一帯が西宮郷と言われる酒造地域が 拡がっています。 昔から『灘の生一本』と言われる灘五郷は 今津郷・西宮郷・魚崎郷・御影郷・西郷の五つの地区を指して呼ばれています。 この地域には、六甲山系から海へとほぼ一直線に流れ落ちる夙川:芦屋川・ 石屋川・都賀川・生田川などの河川が海岸に砂州を作り、良質な水があり、 六甲おろしの寒気、水車などの精米設備、良質な米と丹波杜氏、それに 大阪湾の海運の便利さが加わり、江戸で灘の清酒が大いにもてはやされた ということです。 ちなみに、それぞれの郷の酒造会社と銘酒を紹介します 今津郷: ☆大関株式会社 【大関】  ☆今津酒造 【扇政宗】 西宮郷: ☆日本盛株式会社【日本盛】 ☆国産酒造 【灘自慢】      ☆万代大沢醸造 【徳若】  ☆大沢本家酒造【寶娘】      ☆木谷酒造 【喜一】    ☆本野田酒造 【金鷹】      ☆白鷹株式会社【白鷹】   ☆松竹梅酒造 【灘一】      ☆辰馬本家酒造 【白鹿】  ☆北山酒造 【島美人】 魚崎郷: ☆太田酒造 【道灌】    ☆宝酒造 【松竹梅】      ☆小山本家酒造 【空蔵】  ☆櫻政宗株式会社 【櫻政宗】 御影郷: ☆白鶴株式会社【白鶴】   ☆菊正宗酒造 【菊正…

続きを読む

明石【時の道】散策

明石城のすぐ東には東経135度の子午線が通過しているそうです。 と言っても、その線が見えるわけではありませんが、その子午線 の上には「明石市立天文科学館」の塔が建てられています。 (JRの車内から見たところ) 今日は、この子午線付近の名所旧跡を見て歩きました。 明石駅から明石城の東の堀に沿って歩き、明石市立文化博物館 から明石神社、大聖寺、上ノ丸教会、妙見宮、本松寺、月照寺、 柿本神社、亀の水、雲晴寺と歩いて明石駅に戻るコースです。 距離にしたら、ほんの数キロだと思いますが、天気も良く ゆっくり2時間ほど掛けてブラブラして来ました。 柿本神社では七五三のお参りに若い家族が数組正装で参拝に 来られていました。 カメラを持ってブラブラしていると、スマホを持って来て 写真お願いできますかと・・頼まれます! 未だガラケーでスマホ音痴の私は慌てることが良くあります。 この時も、渡されたスマホで指示されたところをポチッとタッチしても 音もしないのでおかしいとは思いましたが、ちょっと確認して 下さいと戻すと動画モードになっていたそうでした。 再度撮りなおすと、ポチッとしたつもりでもバシャバシャバシャと 4~5回シャッタが切れたのに驚いたり・・時代遅れの老人です! まず、明石神社です。 9代明石城主松平直常が松平家の先祖の徳川家康、松平直良、直明 の霊を祀ったのがはじまり。 明石城築城当時から明治維新までの250年間、太鼓門に置…

続きを読む

六甲全山縦走記念

この11月は、例年六甲山全山縦走のイベントが行われています。 その日には、あちこちから多くの参加者が、須磨浦公園の 鉢伏山登山口付近に集まります。 (今年は11月10日・23日のようですが事前申し込みが必要) コースは、須磨浦公園→旗振山→横尾山→妙法寺→高取山 →菊水山→鍋蓋山→大龍寺→摩耶山(699M)→六甲山ゴルフ場 →六甲最高峰(931M)→大平山→岩倉山→塩尾寺→宝塚 の約56KM(実際はもう少し少ないという噂も) 早朝5時の受付から12時間以上の時間をかけて、山の上り下りを 繰り返して、ひたすら宝塚を目指して歩きます。 私も30年以上前には何度か完歩し、歩き通した後の 達成感を今も覚えています! 今現在は、膝の不調もあり、少しの距離でもしんどいのですが 当時完歩記念に貰ったものを大事に残しています。 (左・廣島照道作・第6回六甲全山縦走記念。右は第7回記念のループタイ) (88年・やぶつばき) (91年・ホタルカズラ)

続きを読む

父母恩重経

先週半ばに母がなくなりました。 6年程前からグループホームでお世話になっていましたが、 見舞いに行くとニコニコと迎えてくれ、大好きなプリンを 持っていくと、いつもいつも「おいしい おいしい」と言って 喜んで暮れていました。 2年前にホームから認知症の専門病院だという、新しい綺麗な 施設に移りましたが、外観の良さとは裏腹の内実を知った時には 既に手遅れの様な状態にならされていました。 この転院には、今も大きな大きな後悔が残っています。 それまで、少しもたつきがあったとはいえ、自分の足で歩いて いた母が、一週間もたたずに車椅子に縛り付けられて、無表情 になり、聞くと夜もベッドに縛られていました。 医師の説明では、熱が有るので抗生物質を点滴、それだけでなく 精神を麻痺させるような薬を服薬させているようなことでした。 そうして、直ぐに話も出来なくなり、うつらうつらとしているだけに なると、今度は医師は胃ろうを勧めてきて、転院を勧めてきました。 (わずかな期間で廃人の様にしてしまうこの病院を選んだ事が、  本当に大きな後悔となっています。) この1~2か月のわずかな期間で、症状が良くなるどころか、一挙に 悪くなり転院。 そして延命処置のできる病院へ移り一年と十か月。 この病院では、丁寧な対応、処置で安心できましたが、如何せん 殆ど、意思の交換も出来ないまま亡くなりました。 私が病院を間違えていなければまだまだ元気で生きてい…

続きを読む

水野の森・天皇の池・飛松天神・板宿八幡

今、教師のいじめ問題で巷を騒がせている、東須磨小がある 山陽電鉄東須磨駅から歩いて来ました。 歩いたコースは、東須磨駅~水野の森~天皇の池~須磨名水 ~<また戻って>高尾台住宅地~祐康病院前~飛松中前~板宿八幡 というコースです。 今から20年以上前、水野の森辺りは良く歩き、ここから須磨アルプス の六甲縦走コースへ出る道は、出会う人も殆ど無くて、静かな良い コースを楽しんでいました。 ただ、一度水野の森から東山へ登るコースを歩いた時には、数匹の野犬の群れ に出会い、威嚇されたことは今でも恐ろしかったことを覚えています。 そして、この水野の森は、夏には家族連れで飯盒炊飯やバーベキューを 楽しむ人達も多かったのですが、最近はどうなっているのか気になる ところです。 そして、20数年経った現在の状況は、以前あった小さなお寺も無くなり、 ハイキングコースの道も歩く人が少なくなっているのか、雑草で荒れて いるという印象がありました。 特に、以前には修行のための”お滝場”も有ったのですが、今はすっかり 無くなっていました。 お寺があったあたり お滝場跡 天皇の池付近 天皇の池とは  大正3年に造営された須磨(武庫)離宮の為に、綺麗な水を確保する  必要があり水源地として離宮の傍の天井川上流に堰堤を造り貯水池を築造したもの。  池の上下には大…

続きを読む

一の谷潮音寺 不動磨崖仏

超大型の台風19号が東海・関東方面に向かっているところで、 被害が大きくならなければと願う事しかできないのですが、須磨の 海岸付近を歩いてきました。 JR須磨駅付近  三社大神宮   須磨駅から海岸に出る階段下にお祀りされています      恵比寿神・金毘羅神・猿田彦神  を祀る   今は須磨の漁師さんも少ないようですが、その漁師さんたちの   守り神として昔からお祀りされていたのではないでしょうか・・  海岸より鉢伏山方面   海岸の砂浜が以前よりかなり広がっているようですし、整備も   されていますが、夏の海水浴客の減少に変化が有れば良いのですが。  駅付近の道路には、須磨の名所をあらわしたカラーマンホールがありました  (かなり傷んでいますので古いようですが、今迄全然気付きませんでした) JR須磨駅から国道2号線に沿って西側に歩いていくと、一の谷川と赤旗川の 合流点付近に【一の谷潮音寺】というお寺があります このお寺は、真言宗須磨寺派のお寺で、十一面観世音菩薩が本尊ですが、 不動明王の磨崖仏で有名です 【不動明王磨崖仏】 このお不動さんは石に彫られているためにお姿がやや分かりにくい のですが、きちんとしたお不動さんの像形を表しているように 思います。 とくにお不動さんの特徴の一つである頭頂部の【沙髻】がきちんと 表…

続きを読む

空海像と五鈷の不思議

皆様方も、弘法大師空海が右手で五鈷という、密教の法具を持ち、 左手には数珠を持つと言う座像を一度は見たことがあると思います。 勿論、私も何度も見ていますが、最初に見たころから、ある 違和感を覚え、それは今でもずっと感じていることが有ります。 写真で分かる様に、右手で五鈷杵を持つ手の不自然な形のこと  なのですが、気になりませんか! 自分で同じ様にしてみても五鈷を持つ右手をグイと捻じる様に、 手のひら側を正面に向けることには手首や肩関節までも余分な力が入り、 大変疲れるのですが、このことに何か理由の様なものがあるのか どうか、ずっと疑問に思っていました。 その疑問の答えの一つが、ある本に書かれているのを見つけ、大変 参考になりましたので、少し以下に引用して見たいと思います。 ・・・その本は、僧侶で仏師の西村公朝氏の『仏像の声』・・・ という本になりますが、その中で 「すべての法力を感知する  弘法大師像」という項目があり そこで、この不思議な持ち方についての説明がされていました。 ・・・五鈷は、五智如来を抽象的に表している。 五鈷の両端は、それぞれが東西南北の四方仏を表し、その真ん中が 大日如来になり、両端がそれぞれ胎蔵界と金剛界を表しています。 五智如来 (阿閦如来・東 阿弥陀如来・西 宝生如来・南 不空成就如来・北) その真ん中を握っているのは、形と働きの両世界(毘盧遮那仏)を 握っているという事…

続きを読む

須磨寺夜音  音楽法要祭2019

須磨寺恒例の夜の声明・太鼓法要『夜音』が行われて いましたので見てきました。 朝の天気予報では、京阪神は午後から雨・・・というような 話で心配でしたが、無事雨も降らずに行われました。 昨年も記事にしていますが、昨年までの本堂前での法要と 変わり、三重塔前での法要になっていましたが、今年の 人出は昨年よりかなり多い様に思いました。 2時間ほど、ずっと立ち見で膝がガチガチになり 歩くのも痛く難儀しながら帰宅しましたが楽しめました。 真言宗と天台宗の僧侶による合同法要 本堂前で般若心経を唱える 散華 声明法要(天台声明兵庫社会奉仕会と真言宗須磨寺僧侶) 夜音 特別音楽法要 神紗(shinsha)  奈良生駒の神社のお祭りで、導かれるように演奏したことが  始まり。 2011年4月、那智大社でのご奉納演武をきっかけに  【神紗】と命名。  大阪・京都・奈良・和歌山の神社、仏閣での、ご奉納演奏を  中心に活動し、神仏への感謝、自然への畏敬の想いを胸に、  芸能者として神仏のご加護のもとに精進の日を送る。  (チラシより) こちらが、2017年の夜音の様子です↓(動画引用) https://search.yahoo.co.jp/video/search;_ylt=A2RCL6tQ5Y9duh4Avx.HrPN7?p=%E9%A0%8…

続きを読む

QRコード詐欺に注意!!!!!

次のような記事を見ましたので、注意の為・・・ 週刊エコノミスト Onlineキャッシュレス大混乱より引用です! 「QRコード詐欺」にご用心 簡単な手口で多発する被害=村田晋一郎/加藤結花 https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20191001/se1/00m/020/048000c -------------------------  スマートフォン(スマホ)のアプリを立ち上げるだけで、店頭で決済ができる QRコード決済(スマホ決済)。 スマホが生活の一部となってきた現在、手軽な決済手段として、大きな注目を集めている。 しかし、その便利さゆえに脆弱(ぜいじゃく)性も併せ持っている。・・・

続きを読む

情報操作時代

最近は毎日の様に【あおり運転】の記事やニュースを目にすることが 多くなりました。 私は、ニュースになるような酷いあおり運転の被害は幸い今のところ まだありませんが、それに近いような感じを受けることは時々ですが 体験しています。 そういうあおり運転を減らし、被害を客観化するためにもドライブレコーダー が大活躍しています。 ただ最近は、こう云う状況を面白がり、ドラレコの動画を編集カットして あおりらしく見える動画を作り投稿したり、また、わざとゆっくりと走り、 進路を妨害するようにして、【あおらせる】という行為で動画を撮る 【あおらせ屋】と云う連中まで出ているようです。 ・・・そのようなことが行われていることを知り、被害に会わないように 注意して欲しいのですが・・・今日の読売新聞社説の中では・・・ 情報操作に踊らされぬ対策を  という記事が書かれて いましたので、少し引用紹介したいと思います。 内容は  偽動画の拡大 という話です ・・・・・・ インターネット上で人工知能(AI)を悪用した偽の動画が広がり つつある。 情報の発信源、内容の信頼性など、日頃から意識して 利用することが大切だ。 米下院のナンシー・ペロン議長が酒に酔った様子で講演する動画が 5月、ネット上で広がった。  映像の速度を遅くしたもので 投稿者不明で、中傷目的と見られ、300万回以上視聴された。  近年、AIの学習機能を使い、別人の口元や表情の動き…

続きを読む

第9回2000人ギターIN須磨寺

今年で 9 回目になるという、2000人ギターの会が神戸の須磨寺で 行われました。 昨年にも、記事にしていますが今年の様子を紹介します。 東北大震災で津波被害を受けた気仙沼の子供たちに 【歌声のエールと楽器を贈ろう】 という趣旨で毎年行われています。 今年で第9回目、来年が10年目で一区切を目指しているそうです。 この日、午後4時から、須磨寺本堂前に、手に手に好きな楽器を持った 参加者が集まり、須磨のしんごお兄さんがリードしてリハーサルから 始まりました。 気仙沼へ皆でエールを送る 須磨のしんご兄さん 楽器を鳴らし歌を歌います 皆さん思い思いの楽器を持って来ています この日は、何時ものように“”みちのくプロレス“”の方々が応援に来られて いましたが、横浜からも一般の参加者が来られていました。 【今迄の募金で寄贈した実績はこちら】 ☆彡 2011/12/1 ➡宮城県石巻市へ ・宮城県石巻市立大川中学校 全校生39名に弾き語りをレクチャー  ギター10本を寄贈 ・宮城県石巻市立鳴瀬第2中学校へギター10本を寄贈 ☆彡 2012/2/20 ➡福島県福島市へ ・福島市立蓬莱中学校 2年生30名に弾き語りをレクチャー 20本を寄贈 ・福島市立西信中学校 ギター5本を寄贈 ・福島市立松陵中学校 ギター5本を寄贈 ☆彡 2013/7/12 ➡福島県南相馬市へ …

続きを読む

嘉納治五郎と御影公会堂

世界柔道選手権大会も終わりましたが、普段あまり見ない柔道の試合を 今回は面白く見ていました。 道着の取り合いのやり取りが多く、直ぐに指導が出るのも頂けない のは昔と同じ。しかし日本人選手の厚い胸板に鍛えられた腹筋に 逞しさを感じましたが,それ以上に手足が長くパワーのある外人選手 には侮れない力を感じました。 国を背負って闘っている意識が強い選手ばかりの為か、勝って 喜ぶのは当然ですが、負けて畳に伏せたまま男泣きする日本選手 の姿には感動を覚えました! それで、柔道つながりで、嘉納治五郎さんの資料コーナーがある 御影公会堂へ行って来ました。 そこで嘉納治五郎さんが御影の生まれだということを初めて知り ました。 阪神電車の石屋川駅で下車し、石屋川に沿って山側に5分ほど 歩くと2号線の交差点角に、やや古風なビルがありますが、ここが 御影公会堂です。 この公会堂は野坂昭如氏の『火垂るの墓』の中でも描かれている 事でもよく知られていますが、昭和8年に、白鶴酒造7代目の 嘉納治兵衛などの寄付で建てられています。 石屋川 徳川道の起点 御影公会堂外観 入口 内部 嘉納治兵衛翁  白鶴酒造7代目 公会堂建設に尽力 嘉納治五郎  嘉納治五郎は、御影村浜東の出身。  御影の名士、嘉納一族の出身。  10歳ごろまで御影で過ごし,その後父親の仕事で上京。  東京大学を卒業。 …

続きを読む

明石市立文化博物館

明石城の東側に、明石の市立文化博物館がありますが、 いま、そこで恐竜の特別展(明日9月1日まで)が催されて います。 明石の歴史も学べると言うことで足を運んで来ました。 入場料大人800円のところ、高齢者割引で半額で入場! こちらの博物館は、写真撮影がOKとなっていましたので これから展示品の一部ですが紹介します。 ギベオン隕石 ギベオン隕石は現在のナミビア・ハルダプ州で発見された鉄隕石。 ギボン隕石とも。約4億5千万年前に地球に落下したと考えられています。 シーラカンス(レプリカ) 最古の水生爬虫類 明石原人 明石原人発見地付近で見つかったメノウの旧石器他 明石象(アケボノ象) ヘレラサウルスの頭骨(レプリカ) アロサウルスの頭骨(レプリカ) パラフィソルニス(レプリカ) 翼竜 アンハングエラ(レプリカ) トリケラトプス(レプリカ) ティラノサウルスの頭骨(レプリカ) 緋縅着初鎧(8代城主松平直明が初めて着用した鎧) 宮本武蔵画像 明石城 巽櫓と明石大橋 坤櫓 人丸塚 本丸跡

続きを読む

明石原人

明石の西側の林崎から江井島付近にかけて、十数メートルの 高さの切り立った崖が海岸線に続いています。 所謂、屛風ヶ浦と云われる崖なのですが、瀬戸内海の波に 洗われて古代の地層が露出しているところです。 ここでは、明石象や明石原人の化石が見っかっていることで 大変有名な場所ですが、今日、この屛風ヶ浦付近を散策して 来ました。 山陽電車の中八木駅で下車し、海岸線を歩いて西江井ヶ島駅 まで歩きました。 中八木駅から海岸線に向かい、少し歩くと『八木遺跡公園』 がありました。 【八木遺跡公園】  (明石原人腰骨発見85周年記念樹) 公園から、海岸線に降りると切り立った崖に沿うように 遊歩道があり、海を眺めながらサイクリングやジョギングを 楽しむ人が多くいました。 【明石象発掘地】 昭和35(1960)年、当時中学生であった紀川晴彦氏がこの 海岸の崖からゾウの牙の化石を発見しました。 その後、この地を一人で掘り続け、約6年間で97点におよぶ ゾウの歯や骨の化石を採集しました。 昭和41(1966)年には、大阪市立自然史博物館が発掘を 引き継ぎ新たな標本を加えました。 これらの標本は同一個体であることがわかり、それをもとに 初めてアカシゾウの全身骨格標本がつくられ同博物館に 展示保存されています。 アカシゾウは約120~180万年前に西日本から関東地方に 生息して…

続きを読む

新手の架空請求に注意!

今迄、何度も何度もニュースや金融機関の情報などでも 架空請求や、特殊詐欺に注意喚起が行われていますが、それでも 被害額が億単位で増えている事には驚きます。 かく言う、我が家にも、二度、架空請求で裁判を起こすなどと言う はがきが届きましたし、中国から黄色い派手な封書で、懸賞金?が 当たったなどというものが届いたりしています。 電話は、数年前から、常時、お休みモードの留守電にしており、 呼び出し音も一切鳴らない状態で、オレオレ詐欺対策をしています。 ・・・ところで、今日の読売新聞のコラム記事に 『偽の消費生活センター案内』→『ウソの助言で支払い誘導』  新手の架空請求に注意 ・・・と言う記事が目につきました! その内容を以下に引用しておきます。 「ニセの消費生活センターの連絡先を案内し、有料情報の未納料金 を支払うようにウソの助言をする、架空請求の手口が現れ、国民 生活センターが注意を呼び掛けている。  7月に相談が寄せられた事例では『利用料金の支払いがない。  お客様センターに相談するように』という連絡がSMS  (ショートメッセージ)に届いた。  記載された番号に電話すると、大手信販会社を名乗る相手から  『有料コンテンツの未納料金があり、債権回収の委託を受けた。  30万円を支払うように』と言われた。  身に覚えがなく「国民生活センターに相談する」と伝えると、  『その窓口は、今の時間は相談を受け付…

続きを読む