弘法大師 空海の御手判

先日、知人が、弘法大師「空海」さんの御手判というものを 渡してくれました。 以前、書写山円教寺でお大師さんの手形?と言うのを見た ことが有りますが、それとも違うものでした。 https://singon1koumyou.at.webry.info/201108/article_1.html さらに「御手判」がラミネートパックされてあり、それで体の 不調個所を撫でさすると良いということでした。 この 弘法大師「空海」御手判の由来 と書かれた説明書き を、一緒に頂きましたので、以下に書いておきます。   [ 弘法大師「空海」御手判の由来 ]  屏風浦海岸寺  御存知の通り、海岸寺はお大師様御誕生の産屋でした。 ・・・略・・・畿内におのぼりになられるにあたり、ふるさと白潟 に立ち寄られ、産屋跡を道場とし、病気で悩む方にはじめて 真言の秘宝をもって加持された。  そして、お立ちになるに あたって独特の方を伝授されました。 こうしたことで、弘法大師御出化初因縁霊蹟・日東初縁場・ 大日本真言根本霊蹟と名称され、また、病気を封ずることを 含めて、屏風浦と申されていることです。 そして、お大師様の身代わりとしてお残し下さったのが、この 御手判です。 お大師さま、お手ずからお加持して下さると信じて、なでさする よう、また、お守りとして身にお付け下さい。 御判は、実は「空海」と彫られているもので・・・・中略・・・・ …

続きを読む

傾斜ベッド療法

これから紹介させて頂く内容の真偽は不明ですが、 大変興味深い内容です。 ネット内のフェークな話題かも知れませんが、特に大きな 問題になるとも思われませんので書かせていただきます。 ///////////////////////////////////////////        (以下の内容はネット情報からの引用です) 【参考になった樹液の循環システム】 それは、機械工学を専門とする英国のアンドルー・フレッチャー氏 が1990年代半ばに開発したIBT(Inclined Bed Therapy)、 すなわちベッド傾斜療法というものです。 必要なものは、コンクリートブロック、レンガ、材木、電話帳など、 丈夫で厚みのあるものならなんでも構わない。 IBTは、頭が高くなるようにベッドの脚を持ち上げ、傾斜させて 寝るだけの健康法です。  だが、その効果は絶大で、 循環器や呼吸器の病気をはじめ、 糖尿病、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症(MS)、 脊髄損傷、脳性小児まひ、静脈瘤、慢性静脈不全、下腿潰瘍、 乾癬、不整脈、不眠症、偏頭痛、浮腫、頻尿など、 さまざまな病気が改善するとされる。  1997年の国際フェアで注目を浴びるようになったIBTは2000年、 健康改善に大きな効果をもたらす健康法としてイギリスのテレビ ニュースでも報道されました。 そのなかで、背部損傷でほとんど足を動かせなくなり、…

続きを読む

驚きのセイタカアワダチソウ

秋になるとどこでも見かける雑草で、特に気に留める人も いないセイタカアワダチソウですが、上手に利用すると、 色々な薬効があるようです! 東城 百合子さんの『自然療法』という本から少し引用 させていただきます。 ・・・・肝臓病・アトピー性皮膚炎・難病を助ける・・・・ セイタカアワダチソウは薬毒や公害を出すほどの力が あります。 アトピーのかゆみもとり、薬害で苦しむ方々も助けられて いる。 弟は漆絵の画家ですが、その作品を見たいと思い、ある日 アトリエに入りました。 私は生のうるしには弱く、さわらなくてもかぶれてしまいます。 それで家に帰ってから両手の指の間が痒く、真っ赤にはれ あがってしまった。 かゆくてどうしようもない。 このようになってしまうと、治るまで十日程苦しむことに なる。 ところが、せいたかあわだち草のお風呂に入っているうちに、 そのどうしようもないかゆみが消えました。 真っ赤なはれは残りましたが、そのはれも次の朝には 殆ど消え、夕方には完全に消えていました。 この弟が、仕事上の事で、毒性のガスを吸い、それで酷い 湿疹で苦しみましたが、これもせいたかあわだち草のお風呂 で治ったという例もあります。 リウマチ、膠原病、肝臓病で痛み苦しみを取るのに ステロイド系のホルモン剤を使い、その後遺症で苦しんでいた のも、せいたかあわだち草の入浴で治った。 ・・・このよう…

続きを読む

葉っぱ療法

ちょっと面白い話ですが、野菜の葉っぱを使った癒し療法 の話です 葉っぱ療法では、ビワの葉療法などが昔から知られており、 その効果も相当にあるようですが、ここでいうところの 葉っぱは、もっとお手軽なキャベツ葉を使っています。 この記事は、人間の体の極性に興味を持ち、調べている ときに見つけたものですが、それには・・・・・ 次の様に書かれていました 以前、日本の老人介護施設でキャベツの葉っぱを体に貼る という「葉っぱ療法」を実践しはじめたら、 体のあちこちが 痛かったり、ほぼ寝たきりで動けなかったお年寄りたちが、 どんどん動くようになって元気になっていった、という記事を 読んだことがあります。 面白いのが、葉っぱ療法をする際にお年寄りにキャベツの葉を 配ったところ、それまですべてに無関心だったお年寄りたちが 「こっちの葉の方が大きい」とか「もっと緑が濃い葉が欲しい」とか、 欲が出てきたことが書かれていました。 ・・・・という記事ですが・・詳しい内容は・・・・・・・ ☆彡谷口先生に聞く、森修焼き秘話☆彡という記事に詳しく また興味深いのですが、以下にその抜粋をコピーしています。   施設では、80人のお年寄り達が寝たままの生活をしていて、 当初ほとんどの人達からは、「素人の按摩なんか効くわけがない」 と相手にされなかったんですが、一人が歩けるようになったもん だから、いきなりみん…

続きを読む

ミランダカーとオイルプリングで解毒・美容

前回もオイルプリングについて書いていますが、この オイルプリングという簡単な方法は「解毒」「美容」などの 観点からも良いと言われているようです。 つまり 私たち現代人の体は、様々なルートから有害な化学物質 や重金属などを不本意ながら取り込んでしまっています。 ガムや清涼飲料水に含まれる人工甘味料や健康被害を 起こすワクチン、土壌に残っている農薬など。 更には添加物まみれの食品など、知らず知らずにさまざま な危険にさらされています。 そういったものを一瞬で無毒化する方法はまだありません が、少しづつなら体外に排出する方法はあります。 それを「デトックス」と呼びます。現代人は、一にデトックス 、二にデトックス、三にデトックスです。 デトックスと言うのは、「解毒」という意味ですが、食べ物や サプリによる毒素の体外排出だけでなく、サウナやよもぎ蒸し など汗によるデトックスなども含まれます。 ☆彡  近年、注目を浴びているデトックス法に「オイルプリング」と いう手法があります。 これは、アーユルヴェーダの手法でオリーブオイルや ココナツオイルなどの食用油で口の中を濯ぐことです。 https://youtu.be/wbU-jEi9fRI モデルのミランダカーさんも実行しているそうですよ!!!

続きを読む

テープの魔法

テープの魔法・・か、魔法のテープ・・なのか? 少し面白い体験をしましたので書いてみます。 先日、自転車で転倒し、頭部をぶつけた家内のこと ですが、皆さまに心配していただきありがとうございました。 お蔭様で、今は後遺症も見られずに平常の生活に 戻りつつあります。 お気持ち感謝しております。 その家内の事ですが、ここひと月ほど前から、右肩の 激痛があり、右手を動かすことに不自由で、特に夜間の 痛みが気になり、充分な睡眠もとれずにいるという 状態でした。 そんな状態の中で、というか、そんな状態で自転車に 乗ったことが転倒の原因の一つでもあると思うのですが、 転倒時の頭部打撲だけでなく頚椎の捻挫などもあり、 より一層、右肩痛が酷くなっていました。 毎日毎日、イタイイタイというつぶやきと、不眠を何とか しようと、私もマッサージをしたり、整体の真似事なども 試しました。 でも、全然改善せずにいましたが、つい最近テープ治療を 試したところ、大きな成果が出てきました。 ・・・前置きが長くなりましたが、どの様な事をしたのか!? 試している方法だけを書いて見たいと思います。 それは、ユーチューブなどでも見られるのですが、〇〇〇〇 テープというものを、手のひらや手の甲のポイントに貼る ことで、身体の可動域が改善されるということを知りました。 それで、物は試しとばかりに少し購入。(送料が高い!泣) テープが届き、直ぐに家内の…

続きを読む

オイルプリング

昨日の台風21号の被害に遭われた皆様にお見舞い 申し上げます。 私の住んでいる地方も、台風の直撃を受けましたが、正面 よりか東の大阪方面で、強風の被害が多く見られたようです。 今朝のTVニュースなどで、橋の上のトラックが転倒するところや、 車がころころと転がるところなどを見ると、乗っておられた人の 無事が心配になりました。 今年ほど日本の自然が変化してきているということを実感した ことはなかったように思います。 ところで、最近、体調管理の一つとして”オイルプリング”という 健康法を試みています。 これはアーユルヴェーダというインド医学から来ている方法ですが、 実行するのも楽ですし、結構良い様に思います。 簡単に言えば、植物オイルを口に含んで、10分から15分ぐらい 口内を漱いでから吐き出すだけの方法です (キッチンペーパー等に出して、決しても飲まない様に!) 詳しくは http://yoshiya-hasegawa.com/blog/pinpin-korori/effect-of-oil-pulling/ などなど、沢山の情報が見られます。 この方は、ココナッツオイルを勧めておられますが、私は、オリーブオイル やゴマ油、ヒマシオイルなどで試しています。 (オリーブオイルは少し苦みがあります) 一か月ほど試したところでは、歯には良いように感じています。 更に認知症などの予防になれば嬉しいので…

続きを読む

自転車で転倒!あとが大変!

数日前から右首筋から肩甲骨にかけての痛みで、右手を 動かすのも、じっとしているのも苦しんでいる我が家の家内。 元々、糖尿病でインシュリン治療をしていたのですが、昨年末に 心臓の不具合も見つかり緊急入院。 今年の初めに人工心肺を使用しての8時間に及ぶ心臓手術。 手術は成功したものの、治らない傷跡に、さらに薬害?と 思われる症状に今も苦しめられていますが、そんな状態の中 での大事件! 今迄から、家内の活動は電動自転車頼みで、自転車での外出 が多いのですが、今日も、右肩痛みを我慢しつつ自転車に 乗って出掛けました。 それから20分程、少し心配しながら自宅にいた私に、ご近所の 知り合いの方が来られ、「今、奥さんが道路に倒れて頭を打った 様で、意識もはっきりしていないので救急車を呼んでます。 直ぐに○○に行って下さい」・・・・と、知らせてくれました。 驚いて、直ぐに単車で駆け付けると、すでに救急車が来ており、 家内も救急車の中で寝かされています。 幸い、その時点では、意識も戻っていたようで、自分の生年月日 や住所、電話番号など答えていたので、少しホッとしたものの、 今度は、外で警察官が4人ほど待っていました。 何で警察が??? 少し気になりながら、家内の体の状況から説明し、自分で転倒 したと思われることなど話。 どうも、車道側を自転車で走っていて(少し下り坂)、右手に普段 の様に力が入らない状態で…

続きを読む

老化と母指CM関節症

今迄も、加齢による体の不調については色々と気になっていたの ですが、今回は左手の親指付け根が痛み出し、何かと不自由な 状態になりました! 昨年ごろより、左手手首付近にガングリオンという状態があり、 二度ほど注射器で吸い出す処置を受けましたが、そちらは 別段に何の痛みもなかったのですが、今回の親指付根の 痛みは、モノを掴む時や、指の曲げ伸ばし時にも痛みがあり、 大変不自由に感じています。 何もしない場合でも親指付根付近が痺れている様な感覚が あり、力も入らない様に思います。 この様な症状を調べて見ると、CM関節症という症状のようで、 そこには、次のように書かれていました。  【母指の手前の甲の骨(第1中手骨)と手首の小さい骨 (大菱形骨)の間の関節(第1手根中手骨関節:CM関節)は、 母指が他の指と向き合ってつまみ動作ができるように大きな 動きのある関節です。 その分使い過ぎや老化に伴って、関節軟骨の摩耗が起き易く、 進行すると関節が腫れ、亜脱臼してきて母指が変形してきます。】 老化と使い過ぎが原因のようですが・・・このような我が身に 押し寄せる老化現象については、その軽重は違えども沢山 思い当たることが増え続けている様なこの頃ですが、それだけに アンチエイジングなどにも関心があるとこころです。 また、自分なりに実行出来る事を試しながら、老化と向き合って 行きたいと思っていますし、少しでも効果を感じるような防止…

続きを読む

エドガー・ケーシーの映画

大阪・十三まで足を運び、エドガー・ケーシーと、その治療法 を紹介?する映画を見てきました。 場所は、阪急十三駅の西口を出て、榮町商店街を少し入った ところの、シアターセブンと言うところです。 映画を見に行くのも十数年ぶりで、前回もどの様な映画を 見たのか?全く覚えていないのですが、この場所は 自主映画の様なものを中心に発表されているようなところだと 思いました。(間違っていたらゴメンナサイ!) 5~60人規模の小さな映画館で、そこに15~6人の観客が 入っていましたが、殆どが女性で、男性は、私ともう二人で 三人だけでした。 ボーリングの黄色いピンのあるビルの5階にシアターセブンが ありました 映画そのものは、あっさりした記録映画の様な感じがしましたが ガンやアトピーで悩んでおられる方など、光明を覚えるような 内容ですが、現代医学にどっぷりと漬かっていると切り替えが 難しいかも知れません! 病気の方がケーシー療法を実行するのには、かなり強い 信頼を持って始められることが大事だと感じました。 映画の題名は  ”リーディング エドガー・ケイシーが遺した、人類の道筋” というものです。 エドガー・ケイシーの映画と言っても、れっきとした日本製で 白鳥 哲さんという人が監督をし、ケイシーの役をセイン・カミュが 演じています。 監督の白鳥 哲という方は、 2007年、突然脳腫瘍を発病し、その難病を西洋…

続きを読む

療養型医療施設への転院

先月の下旬に、ひどい扱いを受けた、認知症専門病院から 転院。 新たな病院で寝たきりではありますが、強い薬の 処方から逃れ、落ち着きを取り戻しつつある状態で一息 ついたのも束の間、また、次の病院への転院の話です。 病院のケアマネさんから、現在の医療制度の説明を受け、 今の状態では、ホームへも帰れないし、当病院でも制度上 あずかれないということで、仕方なく新しい病院の紹介を 受けました! 親は、認知症病院の影響から寝たきりになり、点滴での 栄養補給で食べる楽しみは失われてはいますが、拘束 されることも無く、せっかく良いところにこれたと思って いましたが、わずかに一か月で転院です! 今の制度では、急性期の治療を行う一般病院では、目途が つくと慢性期の治療体制に移り、その慢性期治療も 90日という制限があるそうです。 その他では、療養型の病院という体制で、延命治療はしない という条件で長期間の療養入院が出来る病院と言うのがある そうです。 で、今日は紹介された新しい病院へ面談に行ってきました。 この新しい病院が、療養型の病院という事で、延命的な治療は しなくてもよいという承諾について、何度も確認され、多くの 確認書類も書きました。 一応、近々転院をするのですが、少なくとも今現在と同程度の 状態が維持できれば良いと思っています。 そして、もう転院転院で負担を掛けることなく、治療面で心配な 所も有りますが、今は、ゆ…

続きを読む

認知症病院で身体拘束

先月のブログ内で「介護雑感」という記事を書きましたが、その時 私が感じた無力感や、入院により急激に悪くなった認知症の 親本人の悲しみなどについて、昨日のNHKTVクローズアップ 現代が詳しく報道していました。 そのNHKTVの特集は【認知症で縛られる!?身体拘束が病院 で急増】というものです。 私の親が、全く同じ目に遭い、グループホームから移った翌日 には車椅子に乗せられて動けなくなり、夜は抗精神薬?のような ものでおとなしくされ、それでもお見舞いに行くと、私の介助で 食事もデザートも上手く食べれていました。 それもしばらくすると、微熱があるとか、誤嚥の恐れがあるとか、 いろいろ言われ、ベッドに拘束されて、点滴と流動食になりました。 ○○専門とうたう病院に入院して2~3週間ほどで全く様態が 変わり、見舞いに行って、親の様子を見るのもつらい状態になり 本当に驚き、私の選択間違いを悔やみました!! その時にも、点滴のチューブを外すからと言って、両手をベッドに 拘束し、更には体もベッドに括りつけられていました。 http://singon1koumyou.at.webry.info/201712/article_6.html 昨日のNHKの番組でも、病院で身体拘束が増えている現状と、 それにより患者の症状が激変するようなこっとが言われて いましたが、認知症とは言え、患者の苦しみを考えると、患者も 家族も、ともに心に大きな傷を負わさ…

続きを読む

雅楽で耳鳴り解消

昨年末、一か月ほど、耳鳴りでイライラさせられていました。 これも加齢のための症状かと、半ば諦めていましたが、 耳の中で、血流を感じている、ドクドクというような音が気に なっていました。 特に眠るために布団に入ると、一段と耳鳴りの音が大きく なるように感じ、気にしない様に努めつつも、イライラし 寝不足気味の毎日を過ごしていました。 これは、本当にしんどいですね。 東洋医学では、耳と腎臓が繋がっているといわれていますので、 腎臓のマッサージをしたり、温熱治療器を当てたりして自己 治療を試みたりしていたのですが、ここ数日、そう言えば最近 耳鳴りを感じていない、という事に気が付きました! ここ数日、今迄の症状が無くなっていることも気が付かずに 過ごしていましたが、今日改めて気付いて驚いているところです。 https://www.youtube.com/watch?v=BZ0lcZKFQ5M また、先々どの様に変化するのか分かりませんが、今回の 症状解消の理由を、私なりに少し考えて見ますと、1~2週以前 から、何回か”雅楽”のCDを、何度かヘッドホンで聞いていたこと が、何かしら良かったように感じています、 雅楽の音は430Hz前後のバイブレーションを多く含んでいる そうなので、そのようなことも耳鳴りを解消する力になったのでは ないかとひとり勝手に思っているところです。 それと、あと一つ考えられるものでは、温熱治療器で、耳の…

続きを読む

介護雑感

現代の高齢化社会が急速に進んでいる日本。  元気に歳をとれると良いのですが、親族や施設で介護 を受ける様にならないとも限りません。 私も、平成17年から今迄、ずっと親の介護に関わって 来ましたが、親の具合が悪くなるにつけ、施設の移動や、 病院の移動で落着くことも出来ない状態が、ここ数週間 続いています。 5年程前から、認知症の症状が気になりだし、グループ ホームに入り、最近まで元気で、そしてホームの人達 にも大変お世話になっていたのですが、時に叫ぶような ことが最近になり出てきたと言うので、一ヶ月ほど前に ○○専門の病院に移りました。 その結果、残念な事に、それまで少しは歩けていたのが、 すぐに歩けなくなり、車椅子に縛り付けらました。 次は、おとなしくさせる為なのか、向精神薬の投与で、 おとなしくはなりましたが、いつもトロ~ンとし、更に、熱が 少し高いと言われ、ベッドに括りつけられた状態で毎日 点滴を続けていました。 すると今度は、嚥下の力が無くなって、誤嚥の恐れがある ということで、食事の楽しみも奪われて、点滴だけでの栄養 補給をしていました。 それもしばらくすると、医師から胃瘻をすすめられ、ついては、 この○○専門病院では処置が出来ないので他院に移る よう言われ、今日、ストレッチャー付きの介護タクシーで30分 程離れた病院へ移りました! この一~二か月は退所、入院、そして転院と病人共々振り…

続きを読む

鼠径ヘルニア手術

昨日1泊で鼠径ヘルニアの手術を行いました。 一晩たち、もう夜ですが、まだほんの少し手術部が痛みます。 ヘルニアは一年ほど前に、何となく気付いていましたが、特に 痛みもないため放置していたのですが、加齢と共に色々問題も 起こすことも有りそうなので、思い切って手術の前提で受診しました。 普通、鼠径ヘルニアの手術は4~5日入院するらしいのですが、その 入院が面倒でもあり、ネットで手術例が多く、また、日帰り手術を 行っているというところで、自宅からは少し遠いのですが大阪の T総合病院というところで診察を受け、その場で手術予定日を 決めて帰り、スムーズに終了。 日帰りを希望していましたが、誰も迎えの者がいないのは体に 良くないということで、1泊することになりましたが、それで丁度 良かったです! 手術そのものは、全身麻酔で気が付いたら終わっていましたので、全く 痛くも痒くもなく終わっていました!  他の病院の経験がないので 分かりませんが、W先生の技術は凄い様に感じています! 看護士や事務な皆さんも手際が良くて、段取りもスムースに進んで 行ったので、患者としてもストレスがなくて安心でした。 また、看護士さんはじめ、職員の方も若くて、きびきびと働いて おられて、気持ちの良いところでした。 歳の行った婦長さん?の様な人は、一度も見かけませんでした。 若くて明るい、そして大きな病院でした! 私は6人部屋でしたが、他の5人の人…

続きを読む

タッピングタッチのリラックス効果

タッピングタッチは直接的な治療系の方法ではないように 感じていますが《あくまで初心者の私見です》リラックス効果 を通じて、間接的な治癒力の促進効果があるように思います。 特に一定のゆっくりしたリズムで体に触れ、触れると離れ、また 触れるという感覚が自律神経をリラックスさせて、セロトニン神経 の活性化が起こるということです。 このセロトニン神経が活性化されると、緊張がほぐれて気持ちが 落ち着き、結果、疲労感が和らぐそうで、このことがストレスを 抱えた病人や被災者などの神経を落ち着かせて、ストレスの 緩和に役立つているのだと思います。 講座の折に、実際の場面での映像を見ましたが、そこでは アフリカのウガンダの子供兵が悲惨な体験をタッピングで癒して いる姿や、HIVの患者さんへの介護タッピングなどが印象に残り ました。 ある人の話では、タッピングタッチをしてもらうと、気持ちが穏やかに なり、深い感謝の気持ちが湧いてくるということです。 その方が、認知症の母親にタッピングタッチを行うと、その母親が 『ああ、生きていてよかった』と言ったそうです。 このタッピングタッチは、される方はもちろん、する方の人の セロトニンのレベルも上がるということでした。 昨日、寝る前の時間、さっそく家内に試しましたが、家内には少し 刺激が弱いようでした。 日頃、ゴリゴリと垢すりや、マッサージを 好む人に満足してもらうのは難しいです

続きを読む

タッピングタッチを学んできました

今までから、アルツハイマーの母親を介護しているなかで、 手足に限らず、体に触れていると、気分が落ち着いてくれる ことを感じていましたので、今日は自己流で無く、キッチリした 技術を学ぼうと思い、母親は家内に任せて、私は『タッピングタッチ』 の基礎講座を受講してきました。 タッピングタッチは臨床心理学者の中川一郎氏が開発、始められた ケアの方法で、昨年の東北関東大震災の被災者へのケアで 大いに注目されている方法だそうです。 私もネット情報や、NHKの番組などの紹介で知識はありましたが、 具体的な体感(タッピングの方法・強さ・テンポなど)を知りたくて、 そして母親への介護に役立つのではと思い、講座に参加してきました。 講座は明石でありましたので、私の住む神戸からも近くて助かり ました。  参加者は女性が6名、男性が2名と少人数で2時間余りの 時間で基礎的な説明と体験を二人一組で行い、そのあと一人でする セルフタッピングを学びました。 参加者の方は、アロマセラピストやヨガ教室の先生、それに医療の 専門家の方や、台湾式の足ツボマッサージの方などが来られて いました。 タッピングそのものは特に難しい技術ではないと思いましたが、 それだけに相手の人に気持ち良く感じていただく力加減や リズムを工夫することが大事なように思います。 講師の先生が言われてましたが   ガンバラない やり過ぎない ホドホドに という気持ちが大事なようです。 …

続きを読む

認知症介護とタッチング

以前に介護の時に足もみをしたことを書きましたが、今回は その他の触れ合いの方法を試したことを書いてみます 平日は毎日毎日近くの医者に行くのが気持ちの支えの ようで、ただ電気を当てるだけのために、「ふらふらする」とか 「しんどいしんどい」とか言いながら行きます。 そして内科の医者の受付で、毎日毎日「歯が浮いた」 「鼻が詰まる」と言って困らせています。 それでも、医者に行くという、することがある平日は良い のですが、医者が休みの日曜・祝日には、朝から「今日は 何日?何曜日?」と何度も何度も聞いてきて、医者が休み だと言うと、どこでもよいから病院はないか?とか薬はないか? とか延々と繰り返すので、介護しているこちらのストレスも 溜まるばかりです。 ・・・・そんな休日を、いつもしんどく感じていたのですが、昨日 の日曜日はタッチングを意識して向かい合ったところ、とても 気分良く過ごしてくれ、一先ず成功という体験がありました。 その時にしたことは・・・ 朝食(パンと牛乳)後 薬を飲ませたあとで ☆ 椅子に座らせて向き合い、手にベビーオイルをなじませてから まず、左手から肘上辺りまで軽くマッサージしたり押したり揉んだり したら、次は手のひら、手の甲などを親指でゆっくりと押します。 そして指を一本づつ引っ張ったり、回したりしてから手首もぐるぐる 回します。 同じように右手、腕もします。 次は脚…

続きを読む

認知症外来へ行きました

二ヶ月待ちで、やっと認知症専門医の外来へ診察を受けに 行くことができました。 まず朝の支度から車に乗せるのに時間がかかり、車に乗っても 不安そうな目で、どこに行くのかが気になっているようでした。 外来では2時間ほどの時間をかけて、血圧・血液・心電図に CT画像などの検査に、時間や空間認識の確認、短期記憶の 検査や問診での質問などの結果・・・ ・・・診断は CT画像では、はっきりと海馬の部分と脳の頭頂部の部分での 脳細胞の死滅が確認されるということで、その他の検査と併せて ・・・アルツハイマーで中程度の状態 という診断でした。 毎日行っている医者がもう少し早く、なんらかの助言や紹介状を 書いていてくれていればもっと軽度の段階で済んでいたとも 思いましたが、こちらもなんとなく気になりながらも 打ち過ごしていたことなどもあり悔やまれる結果ですが、 ”脳細胞が死滅するのを抑制する薬”を処方するという話を 聞いて、一先ず診断が済みました。 本人は長時間病院で緊張していたのか疲れていましたが、やはり すぐに何をしていたのか忘れてしまっていました。 このように最近は特に短期記憶(直近の記憶)の亡失が激しい です。 ただ、本人の問題ではないですが、先生が処方で示された薬の 副作用情報をネットで確認していると、かなり重度の副作用も 出ているようです。 しかし薬の副作用の説明はこちらの病院では何もなかったの ですが、実際に…

続きを読む

○○で認知症の症状改善!!!!

昨日(2011・8・31)のNHK「ためしてがってん」を見ていましたら、 『もみ出し&マッサージ、ほんとの実力大検証』という番組テーマで 次のような内容が放映されていました。 http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20110831.html テーマ  ○ 脂肪もみ出しでホントにやせるの?  ○ 最近研究からわかったもむ効用とは?  ○ マッサージで血圧は下がるの?  ○ マッサージで認知症の症状が改善? この中で、私自身が認知症の母親を抱え、その日頃の生活に振り回されて いることもあり、特にマッサージで認知症が改善されたという話におおいに 関心を持って見ていました。 その内容は 【”ためしてがってん”のHP記事より引用しますと】 マッサージで認知症の症状が改善? 認知症の症状を改善するというマッサージがあります。 実際にこのマッサージを行っているという認知症患者の家庭を訪ねて みると、以前と比べ明らかに攻撃的な言動が減り、徘徊も全くなくなった と言います。 浜松医科大学による介入研究でも、このマッサージを行うことで明らかに 攻撃性が減り、ストレス物質も減少することが判明しています。 その方法とは 「触るだけ」。 ただし、その触るスピードにコツがあります。 1秒間に5㎝の早さでゆっくりと動かすのです。 実はこのスピードで触ったときに人は最も気持ちよく感じる…

続きを読む

高血圧改善?

今日、月1で診察を受けている(高血圧の為)病院で、いつものように 血圧を測ると、なんと驚くほど下がっていました。 普段、血圧の薬を飲んでいても、145(最高)~110(最低)位が 良いぐらいで、ひどい時は160以上のこともありました。 そんな時は 頭痛や目まいを感じることもしばしばでしたが、最近は薬を飲み忘れる 日々もしばしばの状態の中で、今日の血圧は109(最高)~69(最低) という信じられない数字です。 念の為、機械と場所を変えてもう一度測りましたが、ほとんど同じ様な 数字で、本当に驚きです! 普段、毎日のように計測してるようなことはないので、いつからこの状態が 続いているのか不明ですが、ごく最近のことだと思います。 今後の計測が楽しみですが、今日の時点で、高血圧が改善した理由を 自分なりに考えて見ますと・・・・ ① ここ2カ月程前から自宅で作った、『発酵キャベツジュース』をまじめに   飲みだしたことか?【だいぶ慣れたとはいえ、臭いだすな】 ② 10日程前からはじめた『スワイショウ』を、毎日800~1200回を    日に2~3回続けていたからか? ③ 3か月程前から週に3~4度の蒸野菜(タジン鍋)か? ④ 薬を減らしたからか?(自己責任で) ・・・いずれも血圧の改善を目指していたわけではなく、ダイエット効果を   期待していたのですが・・・そちらの方はイマイチで、今回は思わぬ   成果?ダス。ま…

続きを読む

腕のしびれでMRI検査

今年に入ってから、寝起きに左腕に違和感を感じることが続き、当初は 寝方が悪くて、左腕が体の下敷きになっていたのかな?と思いました。 それでも昼間でもしびれがあったり、寝る時に注意して左側を上にして いても左腕全体がしびれているようなので二月の上旬に脳外科に受診、 頭のCT検査と首のレントゲンを撮りました。 結果は脳には異常なく、頚椎の3と4の間が狭くなっているようなので MRIで検査することになり、本日MRI検査を受けてきました。 MRIの機械に頭と体を固定され、耳元で機関銃を撃たれているような、 また道路工事のような騒音をじっと我慢の15分は疲れました。 それに、磁気が体にあたる圧力も感じ、あまり気持ちの良いものでは ありませんでした。 MRIで検査を受けている間、目を閉じて「大祓祝詞」を黙唱してじっと 時間が過ぎるのを待っていましたが、全く動けないのはしんどいもの ですね。 レントゲンも体に良くないと聞きますが、このMRIはどうなんでしょうか? 少し心配になりました。 それで、診断の結果は頚椎が脊髄神経を少し圧迫している箇所も見られる が、輪切りにした状態で見ると、まだどの部分も特に治療の必要がない ということで一安心して帰ってきました。 はじめは、脳梗塞のような心配もしましたが、とりあえずはその兆候もなく ホットしました。 医者は何とも云わなかったのですが、私自身は枕に気をつけてみようと 思い、低反発枕なるものを現在…

続きを読む

黒住宗忠翁の天命直受

あと一、二日の命と言われた宗忠さんが、己の心の持ち方の誤りに 気付き、「悲しい」「苦しい」「辛い」の陰気の心持ちを止めて、「面白い」 「楽しい」「嬉しい」の陽気の心を養うことに努めることで不思議と日々に 元気を取り戻し、二年に及ぶ月日の垢を落とすと、二か月余りで健康を 回復した。 そしてその年(文化十一年)の十一月十一日(旧暦)の冬至。一陽来復 の朝、早朝に起き出で浄衣を着し潔斎して清々しく冬至の太陽を礼拝し、 いつにも増して深い感動に打たれて思わず  『ありがとうござります』 と叫んでいた。 次の瞬間無意識のうちに口を開けると、冬至の太陽が無限の天空を 一気に飛び来たって宗忠の胸の中に飛び込んで来、彼の全身は 大光輝と完全に融合した。 この体験を彼の弟子たちの表現によると 「天地生々の霊機を自得し給えり」(星島良平) 「円霊秘を漏らし、造花の柄を握る」(河上市之丞) 「文化十一年冬至の旦、天照太神、教祖に神憑ましまして」(赤木宗一郎) この日の宗忠の体験を後人は『天命直受』と言っている。 宗忠の言葉に「日輪の中には、八百万の神々もましまして、その内の 本主が天照大御神なり。 内と申すも、かの丸き物の内ばかりにては なし。御神徳は一切大天地の間に満ち渡らせ給う」 「一神萬神、萬神一神。 その本は天照大御神御一神なり」 「畏れながら、大御神様は天地萬物の親神様にまします。  人は身も心もその本の親神様より生みつけ…

続きを読む

黒住宗忠さんの転機

両親にたいする孝心厚い宗忠さんが、文化九年の秋、両親が痢病で 七日の間に相次いで亡くなるという出来事に遭い、その悲しみは 傍目にも気の毒なほどであった。 それは、父母の遺愛の品を手にしては慟哭し、墓前にぬかづいては 激しく慟哭し、そのあまりに絶息することも何度かあったそうです。 そのような悲しみが極まってか、労咳となった彼は、百万治療の甲斐も なく文化十一年春には再起不能と思われる重態に陥った。 脈を診ていた備前藩の藩医は匙を投げて、ここ一、二日の命と言い、 また名易といわれた五明楼呑計も筮竹を投じて「天命止む無し」と 告げた。 宗忠も心中天命を覚悟し、死を決するにあたり・・・死ねば神となって 世人の病に苦しむ者を助けよう・・・との誓願を発し、家人に命じて、 病床を縁側に移さしめ、永訣のために太陽を拝し、次に天神地祇を 拝し、祖先の霊をも拝して、世に在りし間の恩を謝し、従容自若として 死を待った。 ・・・・其の時、はからずも彼の心に次のような思いが起きてきた。 『自分は元来父母の死を悲しむあまりに、心を痛め、陰気になったが為 にこの大病となったものであるから、その反対に心を翻して、万事を 面白く楽しく思い、この一心を養いて、心さえ陽気になるならば病は 自然に治るべき道理である。 されば以後只一息する間も心を養うこそ真の孝行ではなかろうか。 死ぬるばかりが能ではない。 勇ましく生き栄えてこそ 神も喜び、親達も満足せらる…

続きを読む

蜂(アシナガバチ)の抗体(アレルギー)検査

今日、アシナガ蜂のアレルギー検査の結果を聞きに病院へ行ってきました。 ・・・・・・結果は・・・・・・ UA/ml 5.64 ということで 陽性のレベルのクラス3 でした。 医師の話では、かなりのレベルだということでしたが、なによりも体内の アレルギー源を下げるとか少なくするとかという薬はなく、卵や蕎麦などの アレルギーと一緒で、その食品を避けるのと同じで、ハチに刺されないように 気をつけることしか対処法がない・・・ということでした。 ショックですが仕方ありません 食べ物のアレルギーや花粉のアレルギーなどと色々なアレルギーがあるそうで、 原因アレルギーの分類では『イネ科植物花粉・雑草花粉・樹木花粉・昆虫・ 室内塵・ダニ・カビ類・動物上皮・食物など』色々なものが原因になっています。 特に食べ物では『卵・乳・小麦・蕎麦・落花生』 『サケ・サバ・イカ・カニ・エビ・アワビ・イクラ・牛肉・鶏肉・豚肉・オレンジ・モモ・ キウイ・リンゴ・大豆・マツタケ・ヤマイモ・クルミ・ゼラチン・バナナなど』 本当に沢山のアレルギー反応を起こす食品があるようですね。 気付かずに食べて大変な目に遭ったという話も聞きますので旅先などで 食べる物にも非常に神経を使うそうです。 私の場合はまだ目に見える相手に注意していれば良いので少しはマシですかね! ハチの黄色と黒色の模様は、『俺たちに手を出すと危険だよ!!!』と云う事を アピール…

続きを読む

蜂刺され、その後

蜂に刺されて今日で6日たちました。 今では手の腫れも引いていますが、それでもまだ指の関節には 痛みが残っています。 それでも今回は医者を変えて良かったと思いました。 出先で刺されたので、痛みをこらえながら、片手運転4~50分で やっと自宅に戻り、保険証を持って医者を探すが、何科に行けばいいのか 迷いました。 それで行ったところが外科の町医者でしたが、塗り薬を塗っただけで終わり! ホンマ大丈夫?と聞く余裕もなく、ズキズキとうずく手を市販の塗り薬で我慢 し、夜は氷水のバケツを用意しておいて、何度もその中に手をつけて痛みを ごまかして過ごした。 あくる日に見ると、刺された手はグローブのように腫れあがり痛みもさらに 酷くなっているので、また医者探しです。 今度は、少し遠いが総合病院に駆け込み、受付で蜂刺されの事を話すと 皮膚科を紹介してくれました。 皮膚科では診察と投薬(ステロイド系飲み薬)・塗り薬を処方してもらった。 まじめに薬を飲み、今日で5日間。 腫れも引き、痛みもほぼなくなり、再診察に行くと、蜂の抗体検査をした方が良い とのことで、1カ月後位に受けることを承諾。 そして、抗ヒスタミン系の薬を5日分投薬処方してくれました。 ・・・アナフィラキシーショック・・・ ほんと、実際今は、ベランダに出る時や外出時にも蜂が気になるような状態ですが、 なによりも、ほんの数グラムの小さな虫に人間の命が脅かさ…

続きを読む

蜂さされ、ひどいことに!

昨晩は蜂に刺されたた左手がうずいて痛いので、夜中は時々氷水に手を つけて痛みをまぎらわせていました。 おかげでほとんど寝ることができ ませんでした。 大袈裟かも知れませんが、無事眼が覚めるだろうかと少し心配に なるほど気分が良くなかったです。 朝、手を見ると、昨日よりもさらに腫れが広がって指も 曲がらないので、今度は総合病院に駆け込みました。 こんな感じに腫れています。 ちなみに正常な右手は 横から見ると ちなみに刺されたのは小指です。親指の方まで腫れています。 正常な右手 病院ではどこの科に行けばよいのか?受付で確認すると皮膚科を紹介され ました。  [蜂は皮膚科・・・??など知りません] さて、皮膚科で私の前には3人位しか待って居ませんでしたが、たっぷり 1時間ほど待たされたのには閉口しました。 診察は女医さんがパソコンに向かって経緯を打ち込むのですが、症状を 写真にでも撮ればいいのに・・・と思いながら診察を受けていました。 結果、塗り薬(リンデロン VGクリーム)とステロイド系の飲み薬と胃腸薬 を処方されて診察終了。 ステロイドの飲み薬か!?大丈夫かな?と思いながら調剤薬局でもらい ましたが、今は蜂恐怖症の状態です 気にすると自然災害に関わらず、人生は危険なものに取り囲まれてい ますね。 でも、意識をそれらにあまり向けすぎずに安心・守…

続きを読む

蜂に刺された!

梅雨明け以来全国的な猛暑ですね。 神戸はまだまだましな方かも知れませんが、多治見では40度近い猛烈な 暑さだそうで、梅雨の豪雨とともに地球が悲鳴をあげているように感じます。 ところで、今朝は播磨町へ用事で行きましたがそこで足長蜂?に強烈な一撃を 左手小指に受けました。 しばらく水で洗ったりして我慢していましたが、手の甲の方まで腫れ、痛みと 強張りで手を握ることもできなくなりました。 10年程前にも顔を刺されて2~3日仕事を休みましたが、二度目はひどくなる ようで、実際しばらく心臓の具合が悪くなったように思いました。 どんどん腫れて、腕も痺れてきたのであわてて薬局に行きステロイド系の 塗り薬をもらいました。 用事もそこそこに片手運転で帰宅し、保険証を持って近くの外科へ駆け込み ましたが、同じような塗り薬を一度塗っただけで終了!? 大丈夫かいな?? 蜂にさされてから今で10時間ぐらいになりますが腫れも引かずに腕も痺れて います。 手の小指側から中指にかけてグローブのようです 子供ならかなりのショックで危険だなと思います。 熱中症に蜂に・・・・危険な夏の日です!!!!皆さんも注意してくださいね ニュースで見た彩雲 http://www.yomiuri.co.jp/zoom/20100718-OYT9I00540.htm 昔なら吉祥のしるしとして大いに喜ばれたことでしょう。 今で…

続きを読む

減 塩

塩分を減らすことによる健康効果についての論文が目に付きました。 ここ最近、高血圧の薬を飲んでいる私にとって耳の痛い話です! 疫学批評: 「一日3gの減塩で、米国の年間死亡44,000-92,000人減少。」 ………… 米国民の塩分摂取量が一日3g減少した場合の効果をシミュレーション したところ、年間で冠動脈疾患の発症が60,000-120,000人、脳卒中が 32,000-66,000人、心筋梗塞が54,000-99,000人、総死亡が 44,000-92,000人減少すると予測された。 論文は New England Journal of Medicine 2010年2月18日号に掲載された。 2005-2006年の米国民の一日塩分摂取量は、男性が10.4g、女性が7.3g。 40歳超の集団には一日3.7gの上限値が推奨されている。 著者らは、塩分摂取が一日3g減った場合の収縮期血圧の減少を、 高い場合で3.51mmHg(高血圧患者では5.61mmHg)、低い場合で1.80mmHg (高血圧患者では3.60mmHg)と文献値から想定し、冠動脈疾患・脳卒中・ 心筋梗塞・総死亡の減少効果をシミュレーションした。 その結果は冒頭の通りだが、この効果の大きさは、喫煙率50%減、 肥満者のBMIが5%減、脂質異常症に対する薬物療法、高血圧に対する 薬物療法と同程度の効果だった。 期待される医療費の減少は年間100-240億ドルで、減塩対策に連…

続きを読む

未来を創る意識・治療

少しオカルト的な話に聞こえますが、より良い未来、なりたい姿を イメージし続けることで、心身の病を改善することが出来るという ことが、医療の中でも注目されてきているようです! 心身相関的なメカニズムを利用して病を改善したり完治させたり することは宗教の分野では古代から活用されてきたものであり 奇跡的な治癒現象なども沢山あるようです。 現代では、積極思想などで自己啓発のテクニックとして多くの 書籍が西洋からの翻訳本という形で入って来ていました。 『心の力の秘密』やマーフィさんの『眠りながら〇〇する』という 本など今も多くの人に読まれているように思います。 その手法を医療に生かしている療法が『未来療法』という 概念で紹介されている記事がありましたので以下に記してあります。 (参考) 未来療法では、絶望的な精神患者さん、現代医学では 不可能な難病の患者さんなど、多くの患者さんが奇跡の 完治に至るのですから、自己啓発の分野でも、そして、 あらゆる分野でも絶大なる効果が期待できます。  そこで、未来から現代に時間が流れている!という意識を 持って、明るい未来の自分の姿、望ましい環境、自分の周りの 人もみんな幸せになり、自分の思い通りになっている自分の姿、 心身共に満たされて、豊かな心の状態である自分の未来の 姿をイメージしてください。  医療関連で行われている『未来療法』  『病気が治癒している状態』、『健康で元気な状態』、 『体…

続きを読む