霊術家、松原こう月 の陽気吸収法

松原こうげつは昭和初期に洗心会の会長、霊術家として著名な人物です。 この方の「霊能開発法」という書物に、神から授けられた霊法として 陽気吸収法という日拝法があります。    晴天の早朝に洗面後、東方太陽に向かって直立。    左右の両足を30センチ程開き、両手を前方に伸ばす。    両掌を太陽に向け左右の親指と人差指で三角形を作る。    その三角形を通して太陽を視、口をすぼめてスゥーと陽気を    下腹部に向かって吸収する。(観想)    陽気が腹に満ちたら頭を下げ、口からハァーと息を吐き出す。    此の時に汚気・邪気を体内より吐き出す観念のもとに    行う。   この呼吸を20回ばかり行う。 現代社会では、早朝に太陽を臨める場所そのものがなかなか無いのが 現状ですし、街中では早朝といえ、空気がキレイとも言えないのですが ビルの屋上などでも出来ればいいですね。 太陽を凝視するのも、眼には良くないようなので、午前中(なるべく10時頃まで) で、空気のキレイなところがあれば試みて下さい。 松原こうげつ の霊能開発法には観念を活用する方法が沢山紹介してありますが、 できれば少しづつでも書いていきたいと思います。

続きを読む