瑞丘八幡神社 神戸垂水

神戸市垂水の厄神さんとして知られる。通称、垂水厄除八幡神社。  海岸線を走るJRや山陽電鉄の垂水駅から北方に駅前の商店街を抜け 高丸や瑞丘といわれ、少し高くなったところに海の方を向いて鎮座されています。  今は家やマンションが建ち、直接海は見えないようですが、昔は良く見えていたという 思いがしました。 天満宮・八幡宮・荒神宮の額 【御由緒】 (神社HPより引用) 瑞丘八幡神社、通称名を垂水厄除八幡神社。 創祀年代は不詳でありますが、垂水の古社である海神社が当八幡宮の主祭神、 神功皇后の祭祀により創祀されたと伝えられており(約1800年前)、 その由縁から、往古よりこの地に祀られていたと思われます。 現存する最も古い記録につきましては、現在のご本殿のご造営(文政6年、1823年) の際に奉納された棟札の裏書に、  「永禄七甲子年従上棟文政六癸未年迄二百六十年至」  (永禄7年[1564年]の上棟より文政6年[1823年]まで260年に至る) と記されています。  一方、その棟札には、鎮守の西垂水村のみならず、東垂水、塩屋、下畑、東名、西名、 滑、中山、奥畑、各村の庄屋、年寄の記名があり、また、明石藩家老の寄進安堵状 (元和6年、1620年)に「垂水郷八幡宮」と記されていることから、垂水各村、 明石藩からも尊崇され、垂水の八幡宮として祀られていたことを伺い知ることができます。  当八幡宮が「垂水…

続きを読む

月見山の弓場八幡神社

今日は、三か月ぶりに電車に乗り病院へ定期検診に行ってきました。 電車の車内は、そこそこの込み具合で、周りの乗客の様子を確認しながら やや緊張しつつ、吊革を持っ手も気になりつつ我慢しながら目的の病院へ。 病院では、玄関で止められて、手の消毒と頭をカメラに移しての検温があり、 それを済まして待合室に入ると、二人掛けの椅子は一人使用になり、隣との 間にはビニールの仕切り幕が作られていました。 病院の待合所が一番感染リスクが高いと思われるので、病院側の工夫で対策を 取って頂いていると少しは安心ですね! それでも、血液検査や検診で一時間半程の時間がかかり疲れて帰ってきました。 途中、月見山にあります【弓場八幡】さんにお参りです。   今までにも記事にしていますが、今回は特にコロナ退散を意識して八幡大神様へ お詣りです! 【弓場八幡】   御祭神  誉田別尊 五十猛尊  菅原道真公   御由緒    一説に永延年間(987~989)第66代一條天皇の御代に創建されたと伝えられるが、    その年月日は不詳である。    誉田別尊を主祭神として奉斎し、明治中期頃より権現社・天満宮を境内末社と    して奉斎したが、昭和29年(1954)の本殿建替えを機に、その御祭神五十猛尊・    菅原道真公を合祀し、東須磨村一円の氏神としての崇敬はもとより、近郷の    信仰をも集め、厄除開運の神社として広く崇敬され…

続きを読む

弘法大師誕生日・須磨寺

今日、6月15日はお大師さんのお誕生日という事です。 つまり、お大師さまは、宝亀五年(774年)六月十五日、讃岐国の屏風ガ浦 (香川県善通寺市)でお生れになりました。 お父さまは佐伯直田公、お母さまは玉依御前といいます。 ある日のこと、お父さまとお母さまが、「天竺のお坊さんが紫色に輝く雲に乗って、 お母さまのふところに入られる」という夢を同時にみられ、真魚さまがお生れに なりました。 この真魚さまが後の空海上人、弘法大師さまです。 真言宗では、このお生まれになった六月十五日を「青葉まつり」と称して、 お大師さまのお誕生をお祝いしています。 例年なら、各地の真言宗ゆかりのお寺では『青葉まつり』とか『いろは祭り』とか 言う形で、お大師さんのお誕生をお祝いする催しが開かれるのですが、今年は 新型コロナの影響で、人を集めての催しが全部中止になっています。 ここ須磨寺でも、同じく一般周知の催しは中止となりましたが、自主的にお参りに 来られる方のための、甘茶供養と、管長さんのお勤めだけは行われていました。 令和2年6月15日 午前10時 須磨寺・大師堂 稚児大師 大師堂・本堂 敦盛池・義経腰掛け松 敦盛池 句碑  尾崎 放哉 『こんな良い月を ひとりで見て寝る』  槙屋 西月 『ふる雨も 清水になるや 花のおく』  白崎 弘晧 『公達の…

続きを読む

亡くなった幼い子供への思い(天神様と蓮)。 ウソ替え神事。

須磨の綱敷天満宮の話の続きです。 綱敷天満宮さんをお参りしました時に、駐車場の石垣に掲げられた掲示物の 中に、「天神さんと蓮の話」がありました。 詳しく読んでみますと、菅原道真公の子供さんの話でしたので、以下にその 話を書いてみます。 『天神様と蓮  〈夢阿満〉 -  阿満を夢む 阿満(あまろ)が死んでから ずっと今まで夜も眠ることができない 偶々眠ると夢に出てきて 夢の中でも涙を流し続けるのである 身長は去年の夏 三尺に余るほどにもなり 年齢は今年七つになるところだった 勉学に従事すれば 人の道の基本である孝について学びたいと言い 書を読めば(長編の)帝京篇を暗誦してしまうような聡い子であった 薬であの子の激しい痛みを和らげてやれたのはわずか十日 風があの子の体から遊離した魂を運び去ったのは九泉の国 それ以来 私は神を怨み 当初はあまりの悲しみに呆然として 天も地もないような思いだった 我が両の膝の空虚を見て あざけりたくなるのは お前の弟まで相次いで亡くなり  夭折した二児を一緒に葬らねばならなかったから 阿満についで、その小さな弟も死んだ 韋康・韋誕の二人の兄弟にも比すべき(と親の目には思われた) 我が子を相次いで失った 子供は親のものではなく 天地から仮に委ねられた蝉の抜け殻の ようなものという荘子の言葉を思っても やはり子を失った親は泣かずにはいられない どうしてこの悲しみに堪えられ…

続きを読む

須磨の綱敷天満宮・諏訪神社

須磨の砂浜を一の谷から歩き、散歩の仕上げは綱敷天満宮を参拝しました。 この綱敷天満宮については、今までも何度か書いていますが、今回は梅の花も無く、 参拝者もいなくて静かな境内でした。 国道2号線側から見た、須磨綱敷天満宮境内 綱敷天満宮由緒 学問の神様、菅原道真公を祀る須磨の天神様 道真公は九州太宰府に左遷された際、須磨の浦で波が高くなり航海を中断されました。 その時、漁師達が網の大綱で円座を作り、お休みになられた事にちなんで創建された のが綱敷天満宮です。 天神様と蓮 北海道の名付け親 「北海道」名付けの親である松浦武四郎さんが納めた宝鏡があります。 二十五霊社とは「北海道」を命名した松浦武四郎の定めた天神社25社を指します。 手水舎(コロナ対策で柄杓を置いていません) 良縁・夫婦円満の木 影向松 拝殿 狛犬 この綱敷さんの境内には、縁起もんが沢山ありますが、神社さんの頑張りのあらわれだと 思います。 そして、その一つ一つに丁寧な説明が添えられています。 綱敷(円座) 綱敷の円座 道真公がお休みになられたとされる漁網の円座を模した縁起物 「なす」のこしかけ 願いをかなえる「なすの腰かけ」 何でも願いが叶うというなすの腰掛け 「なす」の花は…

続きを読む

須磨の海浜植物

外出自粛の規制も解除が進みつつありますが、まだまだマスクは必要ですね! 五月の好天気を散歩で楽しみつつ須磨海岸を歩いていますと、多くの若者が砂浜で 遊んでいます。 勿論、若者のグループ内の距離感は心配になるほど密着状態ですが、これが若者なりの 社会的距離の表現だと納得してみていました。 その、須磨海岸の一部に『海浜植物』を保護?エリアがありました。 私は、花の事はあまり分からないのですが、看板を見ながら『海浜植物』と言われる 植物を探してみました。 須磨の海浜植物群落  兵庫県版レッドデーターブックCランク  ① ツルナ  ② コウボウムギ  ③ コウボウシバ  ④ オカヒジキ  ⑤ ハマダイコン ⑥ ハマボウフウ ⑦ ハマヒルガオ  ⑧ ハマゴウ  ⑨ ハマエンドウ 海浜植物は波・風・潮、砂や紫外線などの影響を受ける激しい環境に生育。 そのために、背を低くする、根を深くする、葉の表面を固くして水分を体内に 蓄える・・などの工夫をして生活しています。 海浜植物の名前が間違えているかもしれませんが、写真で紹介します。 (間違いがありましたら指摘していただければありがたいです) 【ツルナ】 【コウボウムギ】 【コウボウシバ】 【オカヒジキ】 【ハマダイコン】 ハマダイコンのサヤを食べること…

続きを読む

カエル公園リニューアル

昨年の12月19日の記事で、須磨のカエル公園について書きました。 長年、天井川公園の一角で子供たちに親しまれてきたカエルの滑り台が 老朽化してきたために撤去して作り直すという話でした。 以下の記事です! https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/cms/article/edit/input?id=38245437 (以前のカエルの姿!) その推定年齢50歳と言われていたカエルの滑り台を撤去して、今回新しい カエルの滑り台が出来上がっていましたので、報告させて頂きます。 以前のものは滑り台の上り口が、カエルの背中を登るという形で、まともな 階段もなく、小さい子供には危険なような作りでした。 今回は、背中の真ん中に階段を拵えて、口から出した真っ赤な長い舌を滑り 降りる形に変更されています。 こちらの方が、以前より安全ですね! (写真で見てください!) 天井川越しに見た新しいカエルの滑り台。 上を阪神高速が走っています。

続きを読む

天の香久山と天岩戸神社・月の誕生石・天香久山神社

     春すぎて 夏来にけらし 白妙の                        衣ほすてふ 天の香具山                        持統天皇 百人一首を通じて多くの人に知られている和歌ですが、天の香久山は大和三山の 一つとしても日本人の潜在意識に深く刻まれ、誰もが郷愁の様な懐かしさを呼覚ます 意識のもとになっているのではないか、という思いを持っています。 今回は、以前に歩きました、大和三山ハイキングの記事を元に、天の香久山を 中心に記事を書き直しました。 (写真はクリックで大きくなります) 藤原京(694~710)朱雀大路跡 朱雀大路跡から藤原京の内裏方面を見る。 後ろに耳成山が望めます 【天の香具山】 【天の岩戸神社】   この天の香具山の麓にあります天の岩戸神社は小さな磐座が御神体のように   見えました  【天岩戸と七本竹の伝説】  奈良盆地に美しい山容を見せる大和三山。畝傍山、耳成山、天香具山。中でも   天香具山は、もとは天にあって、それが降りてきたとの神話から、とくに神聖視  されてきた。  その天香具山の南麓、橿原市南浦に天岩戸神社がある。  今回は、その神社に伝わる『古事記』でもおなじみのお話。                  *  昔、天照大神という、天を照らす姉神さまと、須佐之男命という乱暴な弟神さま …

続きを読む

伊勢の【天の岩戸】と風穴

日本神話の中でも、日本人なら誰もが知る話と言えば、天照大御神様の 天岩戸隠れの話があるのではないでしょうか!? その天岩戸と言われる場所も、日本中には沢山あるようです。 なかでも宮崎の高千穂にあります、天岩戸が大変有名ですし、神話を 偲ばせる、岩戸に天安河原など舞台装置は十分なものがあるところです。 ところで、伊勢の内宮近くの山中にも天の岩戸といわれるところがあり、 知人の案内で行きました時の記録です。 内宮から五十鈴川沿いの山道(伊勢道路)を20分程走り、神路ダム沿いの道の先 の山中に天の岩戸といわれるところがあります(志摩郡磯部町恵利原) 参道はずっと奥に続いています 参拝する人も見えず、静けさが迫ってきます。 こちらもパワースポットに興味のある人にはたまらないところです。 観光客が多く押し寄せるようなところではなく、また、もちろん周囲に 家なども全くない静かな山中です。 高い木々に囲まれた長い参道を少人数で歩いていると少し不安になるような 思いがありました。 禊の瀧 周りを山と杉の木々に囲まれた空間です 天の岩戸   小さな岩穴から綺麗な水がパイプを通って流れ出ていました  (ここは、日本名水百選にもえらばれている、江里原水穴とも言われています) 天の岩戸から風穴に向かう道 天の岩戸から山道を1…

続きを読む

皇大神宮別宮 瀧原宮

2012年11月の参拝記録ですが、内容を見直し、記事を改めて再掲しました。 伊勢の皇大神宮(内宮)の別宮 瀧原宮を参拝してきました。 神戸を早朝5時過ぎに出て、紀勢本線の滝原駅に着いたのが10時23分でした。 近鉄上本町から松阪まで快速急行を利用しましたが特急を使えば少し早く 着いたかも知れないですが、片道五時間の小旅行になりました。 交通の便が悪いのですが、天照大御神様が伊勢の内宮に落ち着かれるまで しばらくこちらにおられたところです。 滝原の駅で下車したのは私一人でした。 滝原駅から瀧原宮まで熊野街道を歩いて20分程で到着です。 古道沿いの民家 (かなり古そうですが、とても立派です) 瀧原宮参道入口 本殿まで長い参道が杉の古木に覆われるように続いています。 瀧原宮参道では参拝者に出会うことも無く、自分の足音も境内の森に 吸い込まれるようで、一人静かに本殿に向かいながら心が落ち着いて くるのを感じていました。 参道途中の頓登川御手洗場 瀧原宮参拝には順序があります 瀧原宮の由緒  瀧原宮、瀧原並宮のご鎮座の由緒は大変古く、『倭姫命世記』によると  約2000年前まで遡ります。  第11代垂仁天皇の皇女倭姫命が、御杖代として天照大御神を奉戴して、  ご鎮座の地を求めて、宮川下流の磯宮をお発ちになり、上流の方にお進みに  なると、…

続きを読む

元出雲 出雲大神宮

なかなか外出自粛が明けない今、昔の記事を見直しています。 よく神社巡りをしていた頃の記事ですが、今回は2009年の9月に参拝しました 京都の亀岡に鎮座まします出雲大神宮を再掲してみました。 この神社は前後4~5度参拝していますが、古代磐座信仰が今も息づいているような 境内です。 また、近くには出口王仁三郎が育った穴太の里もあり、西国21番の穴太寺も 良く知られたところです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (2009.9.04) 三輪・大和・石上と御参りを終え、お世話になりました九州の友人夫妻を大阪空港 から送りましたが、その楽しかった余韻もそこそこに、二日後に、別の知人の依頼で、 京都の吉田神社・下鴨神社から亀岡の元出雲、出雲大神宮へ御参りしてきました。 丹波国一之宮、出雲大神宮はこの平成21年10月21日には社殿創建千三百年大祭 を控えている古くから由緒のある神社です。 古くは御神体山(御影山・千年山)を国常立尊が鎮まれる聖域として崇められていましたが、 元明天皇の和銅二年(709)十月二十一日に社殿が創建され丹波国の総氏神として崇敬されて います。 最近?では、縁結びに特別御利益の大きいパワースポットとして若い女性の参拝者が増えて いるそうです。 鳥居をくぐって直ぐのところにあります真名井の水(御神水)は御神体山から湧き出でる 清水です。 ミ…

続きを読む

三木市 天津神社参拝

外出自粛中の連休ですが、絶好の天気の中、片道1時間ほどの一人ドライブを 楽しんできました。 車の窓を開け放し、山々の新緑と、暖かい日差しを感じながら、以前から気に なっていた神社へ向かいました。 田舎道を走っていると、鯉のぼりを高く掲げた家も多く、都会では見なくなった 光景なども楽しめました。 途中、2~3人でツーリングしている単車グループと何組かすれ違いましたが、 単車には最高の季節ですね。 三木市吉川町前田にあります天津神社は、三木市の資料には、以下のように紹介 されています 【天津神社前のバス停】 【天津神社】 天津神社(三木市)概要:  天津神社の創建は垂仁天皇25年(紀元前5年)に勧請されたのが始まりと伝え  られています。  朝廷からも崇敬され寛文3年(1663)には藤原資廉が勅使となり宜旨を奉納。  案内板によると「 天津神社縁起には、延徳4年(1492)室町時代中期に  郷民が協力し、造営したと伝えられている。  本殿の蟇股、手狭、欄間など、当時代を代表する秀作といえ、木鼻に見られる  S字形の線彫は、この地方特有の意匠である。  細部の彫刻及び彩色のあとなど保存状況も良く、華やかな印象を与える。                             三木市教育委員会 」  天津神社本殿は入母屋造、檜皮葺、桁行2間、梁間2間、正面1間向拝付、妻入、  真壁造り、外…

続きを読む

ソウル・マインド・ボディヒーリング

つい最近、ソウル・マインド・ボディヒーリングという考え方に出会いました。 今まで、病気や体の不調に対して、肉体にアプローチしていくという考えで、 西洋医学、東洋医学を問わず体の不調は体に対して、投薬、手術、手技 などで不調和を取り除く手法が主体ですね。 中に、心の持ち方が体に影響していると考えて、心にアプローチすること で、体の不調和を癒すことに目を向けている心理療法もあるのですが、この ソウル・マインド・ボディヒーリングはもう少し、人間を深く捉えているように思い、 今、興味を持っています。 ただ、このヒーリングで云うソウル(魂)は、少し概念が違うかもしれません。 というのも、説明に拠ると、魂は体の内部の臓器はもちろん、体の各部にもあり、 外部では動物、海、山、川、木、花、建物、地球、惑星、太陽、月、星星。。。などなど あらゆるものに存在する概念ということです。 こういった、魂に呼びかけたり、それらのパワーを使うヒーリングだそうです。 これだけなら、古代のアニミズムの様な概念かと思いますが、具体的な手法は 私自身かなり納得できる方法だと感じました。 色々な手法の中で基本になる『呼びかけヒーリング』では   1.自分の内なる魂に『こんにちは』と呼びかける。   2.その魂に愛を与えます。   3.断言します。   4.指令を与える。   5.感謝の念を表現します。   『親愛なる、私の(    )のソウル・…

続きを読む

未来療法という考え方

間もなくゴールデンウイークなのですが、自粛要請が増々必要な状態に なっています。 全然先が見えないのが残念ですが、仕事、生活に未来が見えない 状況に追い込まれることが、生活する上で一番ストレスが掛かってくるのでは ないでしょうか。 一刻でも早く元の生活を取り戻せるようになって欲しいと 祈るだけです! 今回も10年程前の記事ですが、何かの参考になれば幸いです! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  少しオカルト的な話に聞こえますが、より良い未来、なりたい姿をイメージし続ける ことで、心身の病を改善することが出来るということが、医療の中でも注目されてきている ようです! 心身相関的なメカニズムを利用して病を改善したり完治させたりすることは宗教の分野では 古代から活用されてきたものであり奇跡的な治癒現象なども沢山あるようです。 現代では、積極思想などで自己啓発のテクニックとして多くの書籍が西洋からの翻訳本 という形で入って来ていました。 『心の力の秘密』やマーフィさんの『眠りながら〇〇する』という本など今も多くの人に 読まれているように思います。 その手法を医療に生かしている療法が『未来療法』という概念で紹介されている記事が ありましたので以下に記してあります。 (参考) 未来療法では、絶望的な精神患者さん、現代医学では不可能な難病の患者さんなど、 多くの患者さんが奇跡…

続きを読む

不思議(奇跡)のメダイ

コロナ自粛の折、毎度、過去記事より、何か参考になる記事がないかと探していますが、 今回は、キリスト教のお話です! ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ キリスト教では色々な聖遺物や奇跡譚などが多いですね。 イエス・キリストにまつわる聖遺物から聖母マリアが関わる予言や奇跡譚。 それに聖人にまつわる話など本当に沢山あるように思います。 仏教的なものでは仏舎利がその代表的なものでしょうが、神道ではなにか あるのでしょうか? 三種の神器のようなものがほんの少しばかり神話のなかででてきますが かなり趣が違うように思います。 私はキリスト教関連のことは全くの門外漢なので知らないないことのほうが 多いのですが、少し興味深い話として 「不思議のメダイ」とか「奇跡のメダイ」とよばれているものがあるのを 教えていただきました。 この話は1830年11月27日にカタリーヌ・ラブレーという一人の修道女に聖母が あらわれて    「この姿の通りにメダイを作ってもらいなさい。 このメダイを身につける人は、      特に首に掛ける人は、残らず大きなお恵みを受けるでしょう。        深い信頼を持ってそれを身につける者は、また特別に豊かな恵みに       満ちあふれるでしょう。」 と告げたということで、現在、このことから”不思議のメダイ教会”があり、そこには 1877年…

続きを読む

不安・ストレスを減らすエクササイズ

今、世界中で新型コロナの見えない不安に振り回されている状況です! 国や都道府県の対応策に不満も沢山ありますが、個人個人が出来ることを 守り、行っていくことが大事だと思っています。 今日の記事も、今から8年程前の記事になるのですが、不安を減らす心理的な 操作として少しは役立ちそうに思いましたので、再掲させて頂きます。 ************************************ NHKの「ためしてガッテン」で、「夢の!脳エクササイズ。  不眠ストレス緊張撃退!  一日15分の簡単トレーニング」という内容の番組があり ました。 不安感、緊張、動悸や不眠などの悩みを感じておられる人も大変多いと思いますが、 そのような自律神経の不調に大変、効果的な「脳のトレーニング法」が紹介されていました! 詳しい番組の内容はNHKのHPを見ていただくとして http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20120111.html 次のようなイメージトレーニングが効果的だそうです  ◎=1日15分!脳の簡単トレニング=◎  まずは楽な姿勢をとります。  いすに座っていても、寝た状態でもかまいません。 そして軽く目を閉じます。  次に、小川が流れている情景を思い浮かべます。  どんな川でも結構です。  小川のほとりに座って、ゆったりと流れる川面を見つめている  イメージです。 …

続きを読む

ランクル夫人の健康・美容法

今は外出を控えているため、昔の記事を見直しています。 そして、今の気分に合うものを再掲させていただいています。 何かの参考になり、皆様の参考になればと思います。 コロナ対策にもなるかも知れません!? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 今日はいつもと趣向を変えて、若返り法について書いています。 数年前からチベット体操が若返り法として注目を集めていますが、まだ 知られてからの歴史が新しいので、実際の若返り効果の程の実例に 乏しいように思いますが・・・どうなのでしょう!? 今回のランクル夫人(二ノン・ド・ランクル 1620~1706)は 70歳にして30歳にしか見えなかったといわれる美魔女! その若さから、当時のルイ14世からは『わが国の奇跡』と賛嘆された そうです。 .・・・・(お断り・・掲載した画像の真偽は不明です・・・) そのランクル夫人の若さと美貌の秘密は、毎日のフェイスマッサージ・・・ ・・・・甲状腺マッサージ・・にあったということです・・・・ 興味のあるかたは、”ランクル夫人の美容法”で検索されますと、その 具体的な方法が紹介されていますが、簡単なものから、やや複雑なもの まで、現代の美容手法も含めて沢山紹介されています。 その根本は、 両手を20回ほどこすり合わせて暖かくなった手を使って 首筋・顔面・後頭部などをなでさするこ…

続きを読む

弘法大師空海のお手版

以下の記事は昨年の4月に記したものの再掲になりますが、今の疫病不安に 改めてお大師さんの霊験にすがるのも良いかと思います! 先日、知人が、弘法大師「空海」さんの御手判というものを渡してくれました。 以前、書写山円教寺でお大師さんの手形?と言うのを見たことが有りますが、 それとも違うものでした。 https://singon1koumyou.at.webry.info/201108/article_1.html さらに「御手判」がラミネートパックされてあり、それで体の不調個所を 撫でさすると良いということでした。 この 弘法大師「空海」御手判の由来 と書かれた説明書きを、一緒に頂き ましたので、以下に書いておきます。   [ 弘法大師「空海」御手判の由来 ]  屏風浦海岸寺  御存知の通り、海岸寺はお大師様御誕生の産屋でした。 ・・・略・・・畿内におのぼりになられるにあたり、ふるさと白潟に立ち寄られ、 産屋跡を道場とし、病気で悩む方にはじめて真言の秘宝をもって加持された。   そして、お立ちになるにあたって独特の方を伝授されました。 こうしたことで、弘法大師御出化初因縁霊蹟・日東初縁場・大日本真言根本霊蹟と 名称され、また、病気を封ずることを含めて、屏風浦と申されていることです。 そして、お大師様の身代わりとしてお残し下さったのが、この御手判です。 お大師さま、お手ずからお加持して下さ…

続きを読む

新型コロナ疫病除けお守り!

新型コロナウイルスも、外出禁止で人と人との接触を、極力避ける処置を 取っているイタリアやスペインの感染者が減少し始めたということです。 それに比べて、日本の生ぬるい対策と、楽感的な予測を期待する政府。 こんなことで大丈夫かなという思いが強くしています。 ところで、巷では今、ある妖怪が注目されているそうです。 西宮の広田神社でも、その妖怪の護符が配られたとかいう話もあり、興味 を覚え、調べてみました。 それは、日刊スポーツ誌の記事に出ていたそうですが、以下に引用してみます。 妖怪パワーでコロナ退治!?  西宮市にある広田神社で、疫病よけの効果があるとされている妖怪「アマビエ」 の護符が人気を呼んでいる。 3月19日から参拝者に無料で護符を配布しており、この日までに1000枚以上も 配ったという。 妖怪「アマビエ」とは江戸時代に疫病などを予言し、 「自分の姿を描いて人に見せれば疫病が収まる」と伝えた伝説がある。 広田神社の広田和成さんは「神社として、アマビエを模してコロナにかからない ようにしてもらいたいとの思いで、無料で護符の配布を行っています」と話した。 妖怪「アマビエ」 弘化三年(1846)と書かれた、江戸時代の瓦版によると  ★肥後の海中に毎夜のように光るものが出没する。   役人が調べたところ、それは「アマビエ」と名乗る怪物で、六年間の豊作を   予言し、   病気が流行したら自分の…

続きを読む

コロナ対策と手洗い

今日、私の住んでいる県下にも緊急事態宣言が出されました。 そこで、ウイルス対策の基本に立ち返り、手洗いについて書かれた記事を 転記させていただきたいと思います。 ・・ウイルス感染予防の第一線は、石けんでの手洗い。 石けんと水が病原体を洗い流してくれるのだと思っていたら、もっと分子レベルで 興味深いことが起こっているようです。 石けんの効果とウイルスに打ち勝つ仕組み ニューヨーク・タイムズ紙で、シドニーにあるニューサウスウェールズ大学の化学教授、 超分子化学とナノ粒子が専門のソーダーソンさんが石けんの効果について説明していました。 ソーダーソン教授はまた、Twitterで25回にわたりこのトピックについて解説しています。 石けんは、分子がたくさんあるとミセルという分子の集合体を作ります。 それがウイルスに触れるとウイルスを取り込んで皮膚から剥がし、ウイルスのRNAを 守っている外膜(エンベロープ)を壊し、ウイルスが不活性可するというプロセスなのだ そうです。 だから、石けんには、新型コロナウイルスをはじめ一定の構造を持つウイルスに対しての 感染予防効果が高いのです。 教授によると、石けんの効果は液体でも固形でも変わらず、アルコール系除菌剤でも同じ ような効果があるそうです。 これで、石けんを泡だてて、徹底的に手洗いする理由にも納得がいきました。 ただし、洗いすぎて皮膚を傷めないようにしたいです。 手洗いで推奨されてい…

続きを読む