崇神天皇の宮址

山の辺道、金屋から大神神社に向かう途中に、第十代崇神天皇の
磯城端籬宮址があり、今は木立に囲まれたさほど広くない境内の、古いお社が
あります。
画像


崇神天皇はミマキイリヒコイニエノ命とかハツクニシラススメラミコトと
呼ばれています。私が学校で習ったころは神武から第九代の天皇までは
神話のなかの創作として、この崇神がその御肇国(ハツクニシラス)天皇
という事から、初代の天皇ではなかったかと教わったように思いますが、
今は、この崇神や垂仁天皇なども実在しなかったと考える人が多いそうです。

ともあれ、この天皇のミマキイリヒコイニエノ命という名前は意味深です。
江上波夫氏の「騎馬民族征服説」では
3世紀末、高句麗の騎馬民族が南下し南朝鮮を支配。その後4世紀には
北九州に上陸、支配。このとき朝鮮からやってきて、九州王朝の開祖に
なった者が、後に「崇神天皇」と呼ばれる。・・・第一回の建国
この崇神天皇の渡来がニニギノ命の高千穂への天孫降臨神話で、ミマキイリヒコ
のミマキ(御間城)とは任那のことではないかと考える。

この九州王朝がやがて「応神天皇」を戴いて、大和地方の征服をはたした。
この北九州から近畿地方への遠征が「神武天皇の東征」として神話に書かれ
ている。・・・第ニ回の建国
応神天皇は九州の出身という事は「記紀」に載っているそうです。
応神天皇は神功皇后が神がかり(実は不倫?とも)して身ごもった子供で
その実在性が確実視されている天皇です。

騎馬民族征服説は面白いのですが、神話と古代氏族。天津神、国津神と云う
存在の解釈は一筋縄ではいかないですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • シーター

    >ミマキ(御間城)とは任那のことではないかと・・
    崇神が扶余国王依羅とする渡来王朝とは実に面白いですね。今、柞木田龍善著“超古代史の謎に挑む”を読みかけです。竹内古代史のような巨石や磐座がかかわるトンデモ超古代史も存在するとしたら。日本の謎は深まるばかり!
    山の辺道は古代の官道と初めて聞いたので調べましたら、びっくり仰天でした。藤原京から平城京まで小型ジェット機が離着できる滑走路にも匹敵する直線道路だそうですね。大ロマンです!
    2009年07月27日 01:56
  • ポジティブオーラ

    三輪のこの辺りの雰囲気はいいですね。
    竹内文書のようなものもあれば、岩に
    印された古代文字などもあるようですが
    どうなんでしょう?
    古代の土木・建築技術は凄いですよね!
    エジプト・メソポタミアなどの大昔の
    建造物も驚きです。
    2009年07月28日 18:12

この記事へのトラックバック