大峰山

6月1日の朝、神戸の大峯講の行事に参加して、洞川より大峰山、山上ヶ岳
(1719M)に登拝してきました。
平成14年以来、7年ぶり4回目の大峰山になりましたが、新客さん達と
一緒にゆっくり登って行きましたので,メタボ体形に変身している現在でも
それほど疲れも無く登れました。

大峰山は役行者さんが1300年以前に修行された聖地として、今も
女人禁制が守られ、女性の行者さん達は稲村ヶ岳や蛇之倉など
で行をされています。

女人結界門
画像


途中「行者さんのおたすけ水」を過ぎ、洞辻茶屋で吉野からの道と合流
画像


洞辻茶屋、陀羅助茶屋をすぎて木の階段を登っていくといよいよ
表の行場がでてきます。

最初の鐘掛岩を過ぎ、等覚門をくぐると空気感のようなものが変化するのを
感じました。
等覚門
画像


表行場・・・・鐘掛 「鐘掛と問うて尋ねて来てみれば 九穴の蔵王
            下にこそ見れ」
        鐘掛岩と呼ばれる、6~7Mの切り立った岩を、先達の指示で
        手足の置き場を教えてもらいながら登ります。

       お亀石 「お亀石踏むな叩くな杖つくな 避けて通れよ
             旅の新客」

       西の覗き「ありがたや西の覗きに懺悔して 弥陀の浄土に
             入るぞ嬉しき」
       西の覗きは有名な行場で、切り立った絶壁から身を乗り出して
       「親孝行するか!」などと脅され、落とされそうになる場面を
       TVなどでも見たことがある人も多いですね。
       度胸のある人は、身をいっぱいに乗り出して、絶壁の窪みに
       祀られた仏像(不動?)を見るそうです。
       上半身を支えるところがなく怖~い。

画像

行場付近の山
画像


西の覗きの行を済ませて山上ヶ岳の大峯山寺の手前から裏行場に
いきます。
裏行場は大岩が複雑に入り組んだところで、背割岩、押し分け岩、護摩窟
胎内くぐりなどの名前がついています。好天の日でしたが、日陰になり薄暗い
場所で、5月3日の戸開け頃は背丈ほども雪が残っていたそうです。

裏行場の岩場は先達さんの指示がないと身動きができなくなるような処が
多いのですが、特に平等岩では、足元の下は何もない絶壁で、岩にしがみつく
ようにしてぐるりと廻るのに、左足の置き場、右足の動かし方などを教えて
もらってやっと済ますことができました。フ~!ホッ!ヤレヤレ!
裏行場では東の覗き岩の場所もありましたが、現在は危険な為に行って
いないとのことでした。

山上の大峯寺にお参りを済ませたあと、特別に秘仏を参拝することが
できました。 本堂に上がり、裏手横にその秘仏が祀られています。
役僧とともに、心経をあげたあと、説明をしていただきましたが、役行者さんの
鏡の像といわれ、役行者さん自身が池の水面に映った姿を刻んだ像といわれ、
錫杖を持つ手が通常と反対の左手になっていました。

この役行者さんの鏡の像は、素晴らしい迫力があり、今までみた行者さんの
像の中では一番強い印象が残りました。

往復6時間ほどの行程でしたが、好天気で暑い位の陽気でした。

翌日は洞川の龍泉寺にて早朝5時の水行。6時からの護摩行。
という大峯山参拝で楽しんだ2日間でした。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック