カタカムナの遠隔治療

カタカムナでは遠隔治療についても示されてあります。

遠く離れた病人を治療する遠隔治療は、その効果の有無について
暗示的な効果と考えられることが多いように思いますが、気功の
エネルギー療法などが良く知られるようになってからは遠隔治療に
否定的な意識のブロックがはずれてきているように思います。

古くは密教の加持祈祷なども遠隔治療と言えますし、レイキなど
は(本者是正念)という呪文を使うと遠隔治療が出来るとしています。

カタカムナのウタヒでは

    カムナガラ  トウツノネヤミ
    イヤシフセ  アマノタナムケ
    ヤチマタニ  タケシタシミチ
    ハグミナリ

意味は

  遠くにいる寝た病人を治癒させるには、施術する者が
  四方の空に両手を伸ばして、両の手のひらを向けてやる
  のが良い。

このようにカタカムナでは、ただ遠近にこだわらずに両手の掌を
向けてやるという単純な方法を示していますが、これは、病気の
主な原因を孤独感にあるとして、人々の接触が絶たれている
ことでカムミの交流が少なくなっていることが病の原因と考えている
ので、遠くにいて出かけることが困難でも、病人の快復を願い、
両掌をむけることで、病人の孤独感を癒し、さらに病人のアマ不足
を充足することができると考えているのです。

病人が自分のことを気に掛けて、病気の快復を願ってくれている
人がいるという思いが良い結果につながるのかなと思います。

病気の治癒に働く原因は様々あると思いますが、人の交流と
思いが大きいとカタカムナ人が感じていたということですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック