当尾の里 石仏巡り 岩船寺付近

夏空の暑い日差しの中、岩船寺から浄瑠璃寺周辺の石仏を楽しみながら
のハイキングを満喫しました。

当日は日曜日でしたが、暑さのためか歩いている人は少なく、グループで
サイクリングをしている人が多かったですね。

JR加茂駅からコミュニティバスで岩船寺まで乗車。 岩船寺から浄瑠璃寺
まで個性的な石仏を見ながら歩きましたが、この岩船寺、浄瑠璃寺までは
夏の日差しの中でも疲れずに楽に歩けるぐらいの距離だと思います。


岩船寺

  岩船寺は729年(天平元年)聖武天皇の勅願で行基が建立したのが
  始まりとされ、806年(大同元年)弘法大師の甥(姉の子)の智泉大徳
  が報恩院を建立。

  813年(弘仁四年)嵯峨天皇が皇子誕生を感謝し、堂塔伽藍が整備され
岩船寺となりました。
  真言律宗。
  本尊は阿弥陀如来坐像。

最盛期には39の坊舎をもつ大寺院だったそうです。

しかし1221年(承久三年)承久の変により大半が焼失し、 それ以後、
 再興された堂塔も再度の兵火により次第に衰え、現在は本堂と三重の塔
 のみとなっています。


本堂は江戸時代のものが老朽化し、1988年(昭和六十三年)に、再建
  されたものが、現在にも至っています。

三重の塔は834~847(承和年間)仁明天皇が智泉大徳を偲んで、宝塔を
  建立。
  現存する塔には嘉吉2年(1442年)の刻銘があるので、その時の建立と
  思われる。

画像

画像


岩船寺石室不動明王立像(応長2年(1312))
 
  眼病に霊験があるそうです。

画像

画像


地蔵石仏(鎌倉期)

画像


三重塔横手の山を登ると貝吹岩という見晴らしの良いところに出ます。

多くの坊舎があったころに、一山の僧を集めるために法螺貝を吹き鳴らした
岩。 ここからは南山城一帯が一望できる。

画像

画像

画像

画像


白山神社
画像



岩船寺を出て浄瑠璃寺目指して歩いて行く途中、少し下ったところに
岩に彫られた不動明王の立像があり、一願不動と言われています。
弘安10年(1287年)於岩船寺僧という記銘があるそうです。

一つの願いを一心に願えば、その願いを叶えて下さるということです。

一願不動(弘安10年(1287))
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック