網干散策

クリスマスの25日、12月とは思えない快晴無風の好天気です。

寒さもなく快適なお散歩日和を味わいつつ、姫路の網干のまちなか
歩きを楽しんで来ました。

『網干』(あぼし)の名の起こりは、魚吹八幡神社の由来により、養老
4年(720)放生会の式日、殺生を禁じ、氏子の漁師は網を干して社参
したので網干祭と言い、近郷を網干と称したことによるそうです。

記録では、鎌倉時代の文治2年(1186)源頼朝書状に「播磨国網干渡」
とあるのが初見といわれます。

古くは縄文・弥生の遺跡や条里遺構など、古くから開発の進んだ地で、
江戸時代には姫路藩領から龍野藩領、さらに丸亀・龍野・幕府領に
分かれるなど複雑な様相を示した。

古社・古寺も多く文化財に富み、網干メロン・トマトの栽培、海苔・牡蠣
の養殖など農水産業も盛んなところです。


実際歩いてみると、古い民家や広い境内地を持つ大きな寺院など、街の
栄えた名残の様子が感じられますが、その一方では、所々で見かけた
商店街では、そのほとんどの店のシャッターが降り、人の姿もあまり
見かけませんでした。

どこの町を歩いても、人通りが多くて賑やかな商店街というところはまれで
多くは、アーケードの屋根もボロボロに、店はシャッターが降り、人影も
見られないようなところが本当に多いです!
大店法、規制緩和で一部の大資本が栄えて、古くからの小さな商店は
どことも悲惨な状況に見舞われて閉店の嵐に見舞われた姿が見て取れます!

では、網干のスナップ写真です!

山陽電鉄網干駅
画像

画像

画像


揖保川沿いにある、あぼしまち交流館で街歩き地図を手に入れました
画像


舟渡八幡神社
画像

画像

画像

画像

神社の屋根瓦は重厚な作りです
画像

この神社の周りは昔の武家屋敷があった様です。 その武士たちも
力比べをしたのでしょうか?、力石や土俵などが境内にあります。
画像


揖保川を越えて盤珪国師で良く知られた”龍門寺”へ向かいました。

画像

画像


龍門寺の広い境内は立派な白塀で囲まれています
画像

画像

一願不動尊
画像

画像

画像


網干カトリック教会で!
画像


揖保川沿いから播磨灘を望むと、工業地帯の息吹が少し感じられます
画像

画像


田捨女句碑と丸亀藩の陣屋跡
画像

画像

画像

画像

画像


一番街商店街
画像


もっと沢山見所がある街ですが、余りあてもなくぶらぶらと歩いたため、見落
としているところがたくさん残りました。
また日を改めて再訪したいところです!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 79

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック