再度山大龍寺ハイキング(1)

秋晴れの暖かい日に恵まれ、テクテクと神戸の背山歩きを
して来ました。

最近は膝の痛みがひどくなるばかりで、長距離や上り下りに
難儀することばかりなので、出来るだけ歩きやすいコースを
選んでいますが、それでも痛みだけはどうしようもありません。
今日も帰宅後は、膝の疼きと腰のだるさを感じています。


今日歩いたコースは

JR元町駅から諏訪山西筋の大師道を歩いて大龍寺へ。

大龍寺の奥の院から再度山の山頂

再度山の山頂から下り、弘法大師修法の地から修法が池。

和気清麻呂公の伝説がある蛇が谷から市ケ原へ。

市ケ原から布引の滝を見て新神戸駅。 というコースでした。


今迄にも何度かブログ記事にしていますので、重複する
様な事になるかも知りませんが記録的に書いています。


大師道

画像

大師道の町石(丁石)は20町(丁)から始まっていました
画像

画像

画像


大龍寺
画像

画像

画像


大龍寺略縁起

神護景雲二年、称徳天皇の勅をうけた和気清磨呂公が、
摂津の国に寺塔建立の霊地を求めて当地の山中まで
来られたときのことであります。
公を暗殺しようとしてつけ狙っていた僧道鏡の刺客は、
忽然と現われた一匹の大蛇に驚いて一目散に逃げ
帰ってしまいました。
危ないところを助けられた清磨呂公があたりを見まわして
みると、大蛇が消えた跡に「聖如意輪観世音菩薩」が
立っておられたのであります。
霊験を感じられた公は、早速この地に伽藍を建立され
寺名を「大龍寺」と名付けられました。
観世音がご出現になった場所は「蛇ケ谷」と称し
「龍ケ滝」と共に霊蹟として現存しております。

又延歴ニ十三年、入唐される弘法大師は、旅の所願成就
を御本尊に祈願されました。
その甲斐があって唐の長安で青龍寺の恵果和尚より秘密
の大法を授けられ、大同元年に無事帰国されたのであります。
そして、帰朝報告奏上のため上京の途中、ふたたび当山に
参籠され本尊に報恩謝徳のため七日間秘法を勤修されました。
弘法大師が再び登山されたというので「再度山」と呼ばれる
ようになり、修法された場所を「修法ケ原行場」と呼ぶように
なりました。

従って当山には奇瑞霊験の伝説が多く、なかでも天授元年、
後円融上皇が中風(脳梗塞)にかゝられた折、善妙上人が
本尊に七日間の祈願をされますと霊験たちまち現われ、
さしもの重い病いもご平癒になったので、宸翰、宝器を
当寺に賜り本尊に深く帰依されたのであります。
このことが広く世間に伝わり「中風除け加持ご祈祷の寺」
「病気平癒の寺」として有名となり、以来、代々の住職が
この秘法を受け継いでおります。

鎌倉時代、度重なる戦火によって伽藍を失ないましたが、
観応ニ年、摂津国司赤松円心は善妙上人を山主として
中興し旧観をとりもどしたのであります。
しかし戦乱の世が続いたためその後再び荒廃していたのを
唐招提寺の実祐上人が、寛文年間、尼崎城主光録居士の
協力を受けて「弘法大師八十八ケ所」の霊場を勧請される
など再興に努力され、上人没後は資賢上人が遺志を継いで
現在の規模のものを復興されたものであります。
又、延宝七年臨済宗の名僧高泉禅師が書かれたと伝えら
れている「大龍寺の記」は寺宝として今も大切に保存されて
おります。

ご朱印
画像



寺務所前の大理石の獅子
画像

画像

寺務所内の反弾琵琶像
画像


大龍寺護摩堂と本堂
画像

画像

大龍寺本堂の如意輪観音菩薩は昔から【中風除け】の効験
があるという事でお参りされる善男善女が多かったそう
ですが、最近は【ボケ封じ】でお参りされる方が増えて
いるようです。  私もお参りが必要です

毘沙門堂
画像

画像


境内の石像等
画像

画像

画像


奥の院へ

諸天堂
画像

画像

奥の院への道
画像

奥の院
画像


再度山の山頂へ

画像

亀石
画像

画像

天狗塚
画像

大師自作と言われる亀像
画像


再度山(摩尼山)山頂 470M
画像

画像


山頂から見る神戸港方面
画像

画像

画像

ハーブ園遠景
画像


山頂を下り弘法大師修法の霊跡へ向かいます!・・次回へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 93

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • y&m

    ポジティブオーラさん 凄い、お元気ですね。私なんかこの高度まではとても歩けませんよ。大龍寺の御朱印、ナイスですね。(^^♪
    2018年11月04日 22:24
  • ポジテイブオーラ

    ありがとうございます。
    若い頃は六甲縦走も何度かしましたが、
    十年ほど前に膝を痛めてから放置
    していましたら、坂道にエライ苦労
    するようになりました。
    その上、日頃は原付移動ばかりで、
    たまに歩くと膝と腰の痛みで音を
    あげています。
    それでお付き合いハイクも楽な
    コースを考えますが、それでも
    ゼエゼエハアハア、イタイイタイ
    と泣き言ばかりです
    でも、無理してでも歩こうと
    思っています!
    ありがとうございました。
    2018年11月05日 07:47
  • tor

    仁王像も反弾琵琶像も良いですね。この獅子の感じは私も出会ったような既視感が…。山頂からの眺めも最高で私も行きたくなりました。
    2018年11月05日 19:47
  • ポジテイブオーラ

    torさん
    有難うございます。
    寺務所の玄関前に大理石の
    獅子像がありましたが、どういうものか
    聞かなかったのですが、それぞれ
    左足、右足を上げている違いに
    意味があるみたいに思いました。
    中国風の感じがありますのでtorさんの
    既視感はそういう方面から来ている
    のかも知れないですね!
    再度山の山頂に上がるコースを
    取るハイカーは少ないようです。
    この日も多くのハイカー参拝者が
    いましたが、山頂には私達だけ
    でした。
    ありがとうございました。
    2018年11月05日 21:00

この記事へのトラックバック