薬仙寺と萱の御所

兵庫区の真光寺、清盛塚から兵庫運河を越えたところに
あります、御崎八幡神社、薬仙寺、和田岬神社、三石神社
と、回って来ました。

真光寺、清盛塚、和田岬神社、三石神社は以前に記事に
していますので、今回は御崎八幡神社と薬仙寺について
書いてみます。


新川運河の先にお寺(今出在家町方面から見た所)後ろ姿
画像

画像

画像

画像

画像


【医王山薬仙寺の寺歴】

薬仙寺の創建は天平18年(746)、行基菩薩によって
開かれたのが始まりと伝えられています。

行基が日本で最初の施餓鬼会供養を行ったとも伝えられ
ています。
画像


☆ 「施餓鬼」は「餓鬼に施す」という意味で、施餓鬼会は
六道輪廻の餓鬼道に堕ちた衆生のために食物を施し、その
霊を供養する法会です。
境内には「大施餓鬼会日本最初之道場」と陰刻された
巨大な碑が立っています。


平安時代には千憎寺塔頭の1つとして、千人の僧を招いての
千僧供養が行われていたとされ、政争で敗れた第65代花山
天皇も当寺に滞留した際

  有馬富士ふもとの霧は海に似て 
               波かと聞けば小野の松風 

の歌を残したと伝えられています。
画像

画像


当初は天台宗の寺院でしたが承元元年(1207)法然上人
が当寺を訪れた際、浄土宗に改宗

さらに延文年中(1356~60)に霊山国阿が再興した際、
時宗に改宗、現在に至っています。

境内には、平清盛が後白河法皇を幽閉した【萱の御所】跡碑
がありますが、萱の御所の場所については諸説あるようです。
画像

画像

萱の御所

【牢(楼)の御所」ともいい、平清盛が後白河法皇を幽閉した
建物で、三間四方の粗末な造りであったという(平家物語)

伊豆国に流された際に源頼朝と出会った文覚(もんがく)上人は、
後にこの御所に忍び入り平家追討の院宣(上皇及び法皇を奉じ
て出す文書)を賜ったと伝えられている。

ここより北東方向約百米の地点にあったが、昭和二十九年の
新川運河拡張工事によって水中に没するため、当寺院内に
移設した。】


薬師出現古跡湧水

又、南北朝時代、隠岐に流された後醍醐天皇が脱出し京の都
に戻る途中重病に伏し、福厳寺で滞留していた際、当寺の境内
から湧き出る霊水を薬と共に服用したところ、見事平癒した事
から「薬仙寺」の寺号を賜った云われています。
画像

画像

時宗関係では「詠歌踊り念仏連名」の石碑が残っています。
画像

画像

《詠歌 踊り念仏連名》
 右萬延元年碑(1860)
 左嘉永5年碑(1858)

 時宗開祖の一遍上人は踊り念仏とお札くばりを(南無阿弥陀仏
のお札をくばって歩く)布教の中心として全国を遊行した。

そして正応2年(1289)この兵庫の地で没した。

この関係で兵庫津では踊り念仏がさかんであった。また江戸時代
から福原西国巡礼も盛んとなり、御詠歌と踊り念仏をミックスした
娯楽的な兵庫の庶民的芸能が生まれた。

この連名には兵庫津の有力町人や夫人たちの名が記され踊りが
さかんであった様子がうかがわれる。

民間芸能研究の貴重な資料の一つとされる。


文久元年(1861)には神戸港の開港に先立ちオールコック
(英国初代行使)が宿所として利用したそうです。
画像


この様に多くの逸話が残る古刹で、元々は広い寺域を持って
いましたが、移転や運河の為や戦災などで、寺域が狭められて
います。

昭和20年(1945)3月17日の神戸大空襲により消失。

戦災の碑

画像

画像

画像


六地蔵
画像



この様に、古い歴史のある寺院ですが、戦災の為に古刹の
面影が無くなっており、今は訪れる人も少ない様に思いました。

兵庫七福神の寿老人を祀っています

画像

画像


薬仙寺の向かいに鎮座されます御崎八幡神社は次回に。


萱の御所////////////////////////////////////

『萱の御所』と聞くと、何やら風情のあるような響きがありますが、
私は、茅屋という言葉を思い出しました。

実際、当時の人々も、萱の御所と言わずに、『牢の御所』とか
噂しています。

清盛は四方に端板をはりめぐらし、一所にだけ入口を開けた中に、
三間(約5,4m)の小屋を作って後白河院を閉じ込め、
守護の武士には、平氏家人の原田大夫種直を仕えさせました。

容易に人が出入りできそうになかったので、童たちは「牢の御所」
と呼びました。
聞くだに忌まわしく、腹立たしいことです。『平家物語・都遷の事』


この萱の御所の場所については

夢野の平教盛邸にあったとする説が有力視されています。

夢野の氷室神社
https://singon1koumyou.at.webry.info/201808/article_3.html

夢野は兵庫の北の山裾で、中世の鵯越の道筋が通っていますが、
こちらは正反対の海側で、付近には清盛の別荘があったと言われ
ています。


☆彡『摂津名所図会』には次のようにあります。

 萱御所旧蹟  清盛塔の南、田の中に石標あり。

 むかしこの辺すべて平相国別荘の地なり。ここに方三間の萱葺
の御所をしつらひ、後白河法皇を押籠め奉る。

また楼御所(ろうのごしょ)ともいふ。

相伝ふ、治承四年七月十四日、文覚法師忍んで伊豆国の配所
より登り、この所にて院宣を申しうけて、源頼朝公に平家追討を
進めしとぞ。

・・・・・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 115

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • ミクミティ

    この薬仙寺は創建以来、数々の歴史の舞台となり逸話が残る名刹なのですね。そんな逸話を想像し思いを馳せるのは楽しいと思います。おそらくかつての規模とは比較にならないのでしょうが、その史跡があるのがいいですね。
    萱の御所についても興味深いです。どこかにあったはず、ロマンがありますね。
    2019年01月26日 12:29
  • ポジティブオーラ

    ミクミティさん
    有難うございます。
    古い歴史のあるお寺ですが、神戸
    大空襲で付近一帯と共に焼失したと
    いう事です。
    色々な伝説的な話もあるようですが、
    現在の姿からはイメージを膨らますのも
    難しいですね。
    萱の御所も諸説言われていますが、
    夢野神社付近が有力なようです。
    神戸は平家ゆかりのところが多い
    のですが、少しづつ巡って行こうと
    考えています。
    ありがとうございました。
    2019年01月26日 13:06
  • tor

    神戸は名刹が多いので神社仏閣巡りも発見が多くて羨ましいですね。空襲で焼失してしまったのが惜しいです。
    六地蔵ですが、こちらには紹介されている地蔵菩薩を六体の並べたタイプの他に、六角石柱の側面に六体の地蔵像が彫られている六地蔵塔が多く有りますよ。
    2019年01月26日 18:48
  • ポジティブオーラ

    torさん
    いつもありがとうございます。
    残念ですが神戸は戦災の他、自然災害
    などでも随分被害を受けています。
    歴史的な事は石碑などで偲んでいます。
    この薬仙寺は長谷試みの十一面観音の
    話もあるのですが、よく分かりません
    でした。
    六地蔵さんは、背面に回りましたが
    年号などが分かりませんでした。
    六地蔵塔の様式は見たことが有り
    ませんが、石像文化の色濃い九州では
    色々な様式があるのだと思いました。
    ありがとうございました。
    2019年01月26日 20:41

この記事へのトラックバック