月見山界隈

大手の権現さんと言われる證誠神社を過ぎ、西国街道
に戻り少し進むと現在の須磨警察署の前で妙法寺川
を渡ります。  さらに西に進み天井川を渡れば東須磨
に入ります。

聖霊権現
画像


現在の天井川
画像

上に高速道路

現在の街道 天井川の交差点付近
画像


昔の絵図では高い堤と松並木があり、旅人は堤を越え、
川を渡っていた。 大正時代にはトンネルが出来ていたそうですが、
今は何の面影もありません。

江戸時代の文化元年(1804)にここを旅した蜀山人は『天井川と
いふところを渡れば水なくして砂石のみなり、人家ありこれ
東須磨なり・・・ここに名物根元松風味噌仕込所・・・立よりて
見るに、曲物に麦糀のあまき味噌をいれたり、また、村雨漬と
いへるは同じ味噌に茄子大根などつけたるなり、また、
須磨浦古跡記といふものをひさぐ・・・』と記している。

この東須磨村は、当時ではこの付近一帯では一番大きい村
だったようで、板宿村の二倍、白川村の四倍の石高があった
そうです。

また付近には浄徳寺と妙興寺というお寺があります。


月見山浄徳寺(真言宗高野山派)

旧西国街道に面するところに寺を示す石柱が有ります
画像

画像

画像

画像

画像


平安末期から続く浄徳寺の創建当時の諸仏諸菩薩は
本尊である十一面千手観世音菩薩を除き戦火に包まれ
灰となったが、平成五年までに伽藍、仏像などが復興した。

しかし平成七年の阪神大震災で堂宇が倒壊の憂き目に。
不幸中の幸いで諸仏諸菩薩に損壊はなかったそう。

境内の梵鐘は毎朝五時四六分に、震災で亡くなられた方々の
御霊に響く。早朝にもかかわらずクレームはなく、毎朝と
いうのは神戸でもこの寺だけという。

元々は、今よりも山の方にあったが、明治二十年に村中に
移り、そして大正の頃に現在地に移転してきたという。


稲葉薬師(火除けの薬師)の話

 戦国時代の数々の戦火にも焼けず村を守ったことから
このように言われていた。
 ところが昭和20年6月5日の空襲で、村に焼夷弾が降り
数軒が炎上したが、この火は稲葉薬師に燃え移り、村の
延焼を最小限にくいとめた。
「身代わりになって下さった」と、今は二代目の薬師さんが
信仰を集めている・・・そうです。

(残念ながら、どこにお祀りされているのか分かりません
でした!)


月見山妙興寺(本門流法華宗)

浄徳寺から街道を西へ少し歩くと、今度は妙興寺参道と言う
石柱が出てきます
画像

画像


妙興寺は本門流の本能寺と本興寺の末派だそうです
画像

画像

妙興寺は天文5年(1536年)創建という事です

画像

画像


現在の山陽電鉄月見山駅に続く街道沿いに、厄除八幡神社
と彫られた明治時代の石の道標が見られます

昔は、ここから右に入り多井畑峠を越えて多井畑厄神さんへ
多くの善男善女がお参りしたようですね
画像

画像

画像


この後、松風村雨堂を越えると、西須摩村に入ることに
なります

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 119

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • アルクノ

    ほんと、街道筋のイメージが消滅していますね。
    街道筋が消えても、寺社は、潰れても焼失しても復興して残っているのが不思議です。
    逞しいというか力があるというか、残そうという気持ちが強いというか、そんな風に感じます。
    現在の住居は新興住宅地で寺社が無いですが、山裾に行けばそれが残っています。
    妙興寺や石の道標に当時の面影が残っていますね。
    寺社を辿って昔を想像するのも良い事だと思います。
    多井畑厄神さんは有名で、母も生前良くお参りしていました。
    ご利益はあまり無かったようですが、お参りするのが当然みたいにして行動していました。
    2019年02月21日 18:54
  • ポジティブオーラ

    アルクノさん
    読んで頂き有難うございます。
    本当に街道のイメージを偲ばせる
    ものは全く無いですね!
    震災以前では、月見山から須磨寺に
    掛けての商店筋の雰囲気が良かった
    のですが、それもすっかり消えて
    しまいました。
    都会よりか山裾には懐かしい風情が
    見つけやすいかも知れないですね!
    古い名所図会を見ると、街道の
    松並木、藁ぶきの民家、田畑、池、
    川、社寺の森だけと言うシンプルな
    ものですが、田畑や池・川が全て
    住宅地や車道になっています。
    昔は自然が豊かでしたが、また
    自然の驚異も今以上だったことだと
    思います。寺院なども水害で
    かなり被害を受けて移動して
    いるようですね。
    有難うございました。
    2019年02月21日 19:55

この記事へのトラックバック