極楽山浄土寺 小野市

仏師 快慶による国宝の阿弥陀三尊像参拝のため
小野市の淨谷町まで車を走らせました。

この浄土寺阿弥陀堂(国宝)の堂内真ん中に、高さが
5,3メートル(総丈8、3メートル)の阿弥陀如来と、
高さが3,7メートルの観音菩薩・勢至菩薩が脇侍として
立っておられます。

画像

画像


(堂内写真撮影禁止ですので、パンフレット等の写真です)


この阿弥陀三尊は、背面となる西側が蔀戸になっており、
夕方になると西陽が差し込み堂内が荘厳な光景を現出
するそうです。
画像


さらにこの西陽は床面に反射して屋根裏に当たり、その光が
御本尊に降り注ぎ赤く染めます。

また、直接入った光は、足元の雲座部分を霞ませて、巨大な
阿弥陀三尊が来迎する姿を光で演出する仕組みが造られて
いるということです。

季節により、光の印象も異なるそうで、一度見てみたいですね!


阿弥陀堂(国宝)
(北側)
画像

 (正面東側)
画像

 (南側)
画像


画像


水向石
画像

画像

画像


画像


画像

画像



八幡神社
画像

画像

拝殿
画像

画像


拝殿内から本堂(薬師堂)を見る
画像


拝殿内から阿弥陀堂を見る
画像


拝殿内に掲げられていた相撲番付
 横綱 羽後 照国   越後 羽黒山 の名前が!
画像


本殿
 
画像

画像


画像

画像


鐘楼
画像


経蔵
画像


開山堂(重源上人)(左手が本堂の薬師堂)
画像



画像


本堂(薬師堂)
  本堂は阿弥陀堂(西側)に正対して(東側)薬師
  瑠璃光如来の世界です
画像


本堂と不動堂
画像

(雲の姿が羽衣を広げた天女の様!?)
画像

画像



慈母観音?
画像

画像


八十八霊場石仏巡り
画像

画像

画像

画像

画像

画像

ちよっとふっくらした、優しそうな役行者です
画像


御朱印です
画像

御朱印は本堂の薬師堂(瑠璃光殿)です

このお寺の宗旨の変遷は、私には分かりませんが、現在の
真言宗になるまで、何か変化はなかったのでしょうか?
八十八石仏霊場は別にして、境内から真言宗の空気は
感じられないように思いました。

この記事へのコメント

  • y&m

    このお寺、大きいですね。それに広い敷地に、私の大好きな石物いっぱいで。(^^♪ 玉を抱えているのは狛犬ですか? こんなの初めて見ましたよ。鐘楼堂が大きいのにも驚きました。地図で確認しましたが、随分と長閑な場所ですね。
    2019年05月14日 17:07
  • ポジティブオーラ

    y&mさん
    有難うございます。
    昔のままの大きさが残って
    いるようですね。
    周囲にも高い建物もなく、西日が
    堂内に入り込むのに申し分のない
    状態が維持されています。
    これからもこの環境が続いて欲しい
    と思いました。
    玉を抑えているのは狛犬の様ですが
    よく分かりませんでした。
    表情が大変ユニークでした。
    ありがとうございました。
    2019年05月14日 17:40
  • tor

    阿弥陀三尊像さすが快慶作ですね。
    建物も光の入りを計算した構造。
    西日に赤く染まる阿弥陀三尊像
    私も見てみたいです。
    2019年05月14日 19:19
  • ポジティブオーラ

    torさん
    有難うございます。
    阿弥陀三尊は直ぐま近くから
    仰ぎ見ることができますが、
    古さを全く感じません。
    広い堂内に、この阿弥陀三尊だけ
    というのも面白く、計算された
    光が西方浄土を印象付ける
    素晴らしい演出が見られるようですね!
    大変珍しいと思いました。
    ありがとうございました。
    2019年05月14日 20:04
  • アルクノ

    浄土寺へアジサイを見に行ったり、ひまわりの丘公園から浄土寺へ歩いたり、過去何度も浄土寺周辺は歩きました。
    国宝の阿弥陀三尊像参拝を一度経験しましたが、撮影禁止と言う事で、投稿していませんでした。
    この様にパンフレットを題材にすれば良かったわけです。
    その現象がみられるのは、黄色いラインで日光が強く差し込む時なので、天候、季節、時刻が関係しますね。
    でもそれが撮影できないので、参拝は一度きりでした。
    最近フラッシュ無しでの撮影が許される仏像が増えてきています。
    この様な撮影禁止は時代遅れのような気もします。
    2019年05月18日 07:51
  • ポジティブオーラ

    アルクノさん
    有難うございます。
    浄土寺の周囲はのどかなところ
    ですね。
    歩くのには良いところだと
    思います。
    浄土寺の八十八ヵ所石仏の山中は
    アジサイの名所なんですね。
    阿弥陀三尊の演出は、雲に乗った
    三尊に西方浄土の光の演出が凄い
    です。
    堂内の自然光の明暗がコントロール
    出来れば良いのにと思いました。
    撮影ができないのは残念ですが、
    三尊の前に坐ると、見上げる形で
    より敬虔な気持ちにさせられました。
    ありがとうございました。
    2019年05月18日 12:48

この記事へのトラックバック