水野の森・天皇の池・飛松天神・板宿八幡

今、教師のいじめ問題で巷を騒がせている、東須磨小がある 山陽電鉄東須磨駅から歩いて来ました。 歩いたコースは、東須磨駅~水野の森~天皇の池~須磨名水 ~<また戻って>高尾台住宅地~祐康病院前~飛松中前~板宿八幡 というコースです。 今から20年以上前、水野の森辺りは良く歩き、ここから須磨アルプス の六甲縦走コースへ出る道は、出会う人も殆ど無くて、静かな良い コースを楽しんでいました。 ただ、一度水野の森から東山へ登るコースを歩いた時には、数匹の野犬の群れ に出会い、威嚇されたことは今でも恐ろしかったことを覚えています。 そして、この水野の森は、夏には家族連れで飯盒炊飯やバーベキューを 楽しむ人達も多かったのですが、最近はどうなっているのか気になる ところです。 そして、20数年経った現在の状況は、以前あった小さなお寺も無くなり、 ハイキングコースの道も歩く人が少なくなっているのか、雑草で荒れて いるという印象がありました。 特に、以前には修行のための”お滝場”も有ったのですが、今はすっかり 無くなっていました。 お寺があったあたり お滝場跡 天皇の池付近 天皇の池とは  大正3年に造営された須磨(武庫)離宮の為に、綺麗な水を確保する  必要があり水源地として離宮の傍の天井川上流に堰堤を造り貯水池を築造したもの。  池の上下には大…

続きを読む