月見山の弓場八幡神社

今日は、三か月ぶりに電車に乗り病院へ定期検診に行ってきました。

電車の車内は、そこそこの込み具合で、周りの乗客の様子を確認しながら
やや緊張しつつ、吊革を持っ手も気になりつつ我慢しながら目的の病院へ。

病院では、玄関で止められて、手の消毒と頭をカメラに移しての検温があり、
それを済まして待合室に入ると、二人掛けの椅子は一人使用になり、隣との
間にはビニールの仕切り幕が作られていました。

病院の待合所が一番感染リスクが高いと思われるので、病院側の工夫で対策を
取って頂いていると少しは安心ですね!

それでも、血液検査や検診で一時間半程の時間がかかり疲れて帰ってきました。

途中、月見山にあります【弓場八幡】さんにお参りです。
 
今までにも記事にしていますが、今回は特にコロナ退散を意識して八幡大神様へ
お詣りです!

【弓場八幡】

IMG_4309.JPG
IMG_4311.JPG
IMG_4312.JPG


  御祭神  誉田別尊 五十猛尊  菅原道真公

  御由緒

   一説に永延年間(987~989)第66代一條天皇の御代に創建されたと伝えられるが、
   その年月日は不詳である。

   誉田別尊を主祭神として奉斎し、明治中期頃より権現社・天満宮を境内末社と
   して奉斎したが、昭和29年(1954)の本殿建替えを機に、その御祭神五十猛尊・
   菅原道真公を合祀し、東須磨村一円の氏神としての崇敬はもとより、近郷の
   信仰をも集め、厄除開運の神社として広く崇敬されている。

  『武庫郡誌』によると、境内に33間の射場を有し、明治になるまでは陰暦の2月1日
   に「御弓の当」という儀式が行われたと記されている。

  かつて、東須磨村は徳川幕府の直轄地であったが、明治になってこの儀式が突然
  途絶えたことは、武士社会からの世相変化によると思われるが、現在その資料も
  散失しているのは残念なことである。

  通称弓場八幡と呼ばれているのは、勿論「御弓の当」に由来している。

IMG_4310.JPG

  先の阪神淡路大震災で社務所が全壊したにも関わらず、収納されていた「みこし」
  は奇跡的に被害を免れた。


今現在は住宅街の中で、30M四方ほどの狭い境内ですが、江戸時代には33間(約60M)
の射場があったという雰囲気は皆無です。

弓瀧稲荷大明神(境内社)

IMG_4313.JPG

なかよし地蔵

IMG_4314.JPG

IMG_4292.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 149

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • tor

    こちらも電車の乗客増えてきました。
    3月まで郊外へマイカー通勤でしたが
    異動となり4月からは中心部へ電車通勤です。
    吊り輪には触らないで踏ん張って立っているので
    足腰が強くなりそうです(笑)
    病院へも行きたくないですよね。

    先日神社へ行ったら手水舎の柄杓が片付けられてました。
    参拝の作法も変わるかもしれませんね。

    三十三間の弓場
    京都の三十三間堂が思い浮かびました。
    コロナも落ち着いてきたようですが
    まだまだ油断禁物ですね。
    2020年06月23日 19:39
  • ポジティブオーラ

    torさん
     いつもありがとうございます。
     この時期の電車通勤への変更は気になりますね。
     マスクと手洗いを忘れないようにして下さい。
     神社の柄杓を置いていないところが増えました。
     まだ水があれば、手・口を漱ぐことも出来ますが
     水がない時は乾浴の作法をしています。
     三十三間の弓場の名残も無いのが残念です。
     まだまだコロナに注意が必要ですね!
     ありがとうございました。
    2020年06月23日 20:21
  • yoppy702

    三ヶ月ぶりの電車やったら緊張して、色々と気になったでしょうね。(^^)
    病院も、そこまでの対策をやってくれてたら安心ですね。
    でも、一時間半はしんどいなぁ…(^^ゞ
    お疲れ様でした。

    大阪もそうですが、兵庫も、長い事、コロナを忘れるような状況が続いてます。
    ポジティブオーラさんが記事ににしてくれていた、神社仏閣のコロナ退散祈願が功を奏してるのかも。(^^)
    2020年06月24日 00:33
  • ポジティブオーラ

    yoppy702さん
     いつもありがとうございます。
     電車に乗るのも久し振りで、周囲に気を
     配りながら乗っていました。
     病院も大変な気苦労があることと思い、
     医療従事者の皆さんには感謝して協力
     しなければという思いがしました。
     今のところ、何とはなしに沈静化している
     ように思いますが、新型コロナウイルス
     鎮静祈願の祈りも続けて欲しいですね!
     ありがとうございました。
    2020年06月24日 06:56
  • トトパパ

    こんにちは

    電車はまだまだ気を使いますね。
    手すりとか、なるべくなにも触らないようにしてます。
    定期検診ですか。
    それはお疲れ様です。
    弓場八幡神社ですか。
    月見山になるんですね。
    良い感じのところですね。
    2020年06月24日 09:10
  • ポジティブオーラ

    トトパパさん
     いつもありがとうございます。
     久し振りの電車に乗るのには少し緊張
     しました。手すりを握るのも注意して、
     電車から降りると、直ぐに手洗いです。
     月見山の弓場八幡は、旧西国街道の少し
     南にありますが、昔は街道から良く見えて
     いたものと思いますが33間の弓場が
     無くなっているのは残念に思います。
     ありがとうございました。
    2020年06月24日 12:51
  • yasuhiko

    今は病院での集団感染が怖いから、
    私たちも気を遣いますね。病院の方の場合は、
    なおさらでしょう。少しくらいの事なら、
    お世話にならないよう、注意したいものです。
    月見山の弓場八幡神社さんですか。
    八幡神社は昔から武士の尊崇篤い神社ですから、
    コロナ退治の闘いにはちょうどいいですね。
    2020年06月24日 16:40
  • ポジティブオーラ

    yasuhikoさん
     いつもありがとうございます。
     病院もコロナで収益にも影響が出ている
     ようですが、その上に院内感染などを
     起こすと大変ですから真剣に対策をされて
     いるようですね。毎日仕事で関わっている方は
     本当に気が休まらずに大変だと思いました。
     八幡さんは、源氏の守り神ですし、厄除けでも
     活躍される神様ですね。コロナでも働いて
     いただけるものと思っています。
     ありがとうございました。
    2020年06月24日 17:15
  • てくてく

    電車、混んでましたか。チョツト、ひきますねぇ。

    月見山に、こんな由緒のあるお宮さんがあるんですね。
    33間もの馬場があったなんて・・・今は、住宅街ですか。
    時代の流れなんですね。
    2020年06月24日 19:20
  • ポジティブオーラ

    てくてくさん
     いつもありがとうございます。
     電車は8時半頃のJR電車でしたが
     押し合いではないながら、そこそこ混んで
     いました。まだまだ気が休まらないですね!
     月見山の旧西国街道の南側にある神社ですが、
     江戸時代には33間の矢場があったという
     のには驚きです。 今は残念ながら
     全く面影もありません。
     ありがとうございました。
     
    2020年06月24日 19:30
  • winga

    こんにちは。
    弓。美しいですね。
    しきたりがあって、弓を引く人もお衣装が綺麗。
    作法にのっとりゆっくりの集中。
    でももう見れないんですね。

    八幡様と聞くと、どうも拝みたくなる衝動にかられます。
    なんなのか不明ですが、パワーがいただけそうな気がしてならないんです。
    気持ち込めて手を合わせるのはいいことだと思うんで、八幡様パワーで元気に生きていきたいものです。
    2020年06月26日 16:42
  • ポジティブオーラ

    wingaさん
     いつもありがとうございます。
     この弓場八幡さんでの儀式も明治に入ると
     やらなくなったようで、いつのまにか境内も
     狭くなってしまっています。
     八幡さんをお祀りしている神社は大変多い
     ですね。源氏の守り神として、また厄除けの
     神様として全国ネットで日本を守って
     おられるようです。 パワーに溢れ、気力を
     与えて頂けると思います。
     ありがとうございました。
    2020年06月26日 17:10
  • y&m

    私も久しぶりに定期検診に行ったら全く同じでした。
    入口で検温されて、院内のソファは一つ飛びです。
    が、その割に立っている人が少ないので、皆さんまだ
    様子を見ているのかと思いました。電車はコロナ騒ぎ
    から一度も乗っていません。最初は不気味でしょうね。
    二度目、三度目と徐々に慣れて行くのでしょうが、
    それで必ず安全だという事も無しですからね。
    神社の弓場の土地は、既に処分されてしまったのかも
    知れませんね。60mは広いですよ。ただ資料が無い
    のは残念ですね。
    2020年06月26日 23:00
  • ポジティブオーラ

    y&mさん
     いつもありがとうございます。
     病院へ行く患者も、病院で働いている人も
     まだまだ安心しきれないものがありますね。
     コロナ恐怖症の感覚が身についてしまった
     ようです。 この感覚が抜けるまではまだまだ
     慣れが必要ですね。 電車も乗りなれていかないと
     行動が制限されてしまうのが気になります。
     弓場八幡さんは全く面影が残っていないのが
     残念です。
     ありがとうございました。
    2020年06月27日 07:35
  • ミクミティ

    久しぶりの電車でしたか。だいぶ人も増えてきましたから心配ではありますよね。
    弓場八幡神社、という名前から武士の崇敬を集め、弓の儀式や競技が行われていたのだろうと思われますね。その資料が残っていれば、そういった儀式を復活しようという動きも起こったでしょう。その点は、残念ですね。
    ただ、今でも地元の方に愛される由緒ある神社であることには変わりませんね。
    2020年06月28日 18:13
  • ポジティブオーラ

    ミクミティさん
     いつもありがとうございます。
     混雑した電車はたの乗客の様子が気に
     なります。 東京ではまだまだ収まらない
     だけに心配です。
     弓場八幡の昔の様子を見ようと、摂津名所図会
     を調べましたが、よく分かりませんでした。
     この西須磨辺りは、江戸時代には尼崎藩が
     この辺りも領有していたそうで、その武士
     たちが「御弓の当」という儀式に、どの程度
     かかわっていたのかも分からないのが残念
     です。 1000年もの由緒があるのが信じ
     られないような現状です。
     ありがとうございました。
     
    2020年06月28日 19:56
  • ゆらり人

    小さな神社にも大きな歴史が有るのですね。
    昔に33間もあったのに何故そんなに狭くなるのでしょう。
    末永く維持するのも大変でしょうしね。
    私も医者に行き入り口から入って「お!今日はよう空いているな、早く終わるぞ」と思ったら飛び石席で開けているだけで、変わらず診察迄1~2時間待たされて辟易しています。
     最近は小さな病院でもネット予約で、行くと何時も2~4人しかいなので騙されますよ。
    予約も結構に入力することが多く推定待ち時間は「番号に6分を掛けてその頃に来てくっださい」と言う。
    という事は一人の診察時間は実質4、5分くらい・・・・ちゃんと見てくれているのでしょうかね。(笑)
    2020年06月29日 09:43
  • ポジティブオーラ

    ゆらり人さん
     いつもありがとうございます。
     病院も神経質になっていますが、その方が
     患者としては少し安心ですね。
     予約制になったところは、少しは待ち時間が
     ましになりましたが、都合で一日早く診察
     に行くと、受付でも、医師からも嫌味を
     言われます。 
     弓場八幡さんは長い歴史があるようなのですが、
     その面影は全くありません。昔の摂津名所図会
     等を見てもよく分かりませんでした。
     神社を守る古くからの氏子さんなどがいたら
     何か分かるでしょうが、新しい住民ばかりでは
     分からないですね。
     ありがとうございました。
    2020年06月29日 12:46